おさぼり足指とは?歩き方のここに気をつけるだけでキレイな姿勢に

おさぼり足指とは?歩き方のここに気をつけるだけでキレイな姿勢に

スポンサーリンク

おさぼり足指とは?歩き方のここに気をつけるだけでキレイな姿勢に

おさぼり足指

おさぼり足指とは?歩き方のここに気をつけるだけでキレイな姿勢に

 

おさぼり足!!??

 

『おさぼり足』のことを初めて聞いて、そんなのあるんだぁって前のめりになってニュースみていました。

 

『おさぼり足』がなくなると、疲れにくくキレイな姿勢で早く歩けるようになるそうですよ。

 

さっさと歩けるので、歩いている見た目が、大きく変わって、脚やせのストレッチにもつながるというのです!!

 

おさぼり足指とは

 

じゃあ、何、その「おさぼり足って何?」

 

『おさぼり足』というのは、足の指を使わずに歩くため、足指が遊んでいる足という意味だそうです。

 

『おさぼり足』の人は、特に姿勢が悪くなる、肩こりや腰痛を起こしやすくなるのが特徴。

 

気になっちゃいますねぇ。

 

姿勢が悪くなることで、体の余分なところに力が入るので、肩こりをや腰痛を引き起こす原因になってしまっているそうなのです(*_*;

 

だから歩き方というか足指をちゃんと使って歩いているかどうかは、すごく重要なことなんですねぇ。

 

 

そうとわかったら、足指を使う良い歩き方をしていかないといけないですね。

 

 

『おさぼり足』になってしまう人は、ハイヒールをよく履く女性に多いそうですから要注意。

 

素敵に歩いているように見えるハイヒールに、落とし穴があるようです。

 

確かに先が細くなっているので、指先まで力を入れて歩くと、窮屈で痛みがでたりしますよね。

 

 

男性の場合『おさぼり足』が少ないのは、靴を履いていても足指まで力が入ったあとで、地面から足を離しているからなんだそう。

 

 

整形外科医の中村格子先生のお話だったんですが、中村格子先生のは超実践的というか、ご自身で全部やり方を見せてくれて、説明もあるのですっごくわかりやすいんです。

 

それにスタイル抜群で素敵な先生。

 

先生によると、現代の人は『おさぼり足』の人が多いそうですよ、それで体のトラブルをかかえているらしいのです。

 

 

おさぼり足の見分け方

 

そこで、一番よい歩き方は、中村先生が見本を見せてくれましたが、背筋がスーッと伸びて足のかかとから指先へと、力がきちんと移動している、それも足の指全部に力がのっている歩き方!

 

「足指を使って地面をつかんで押すように歩くのがよい」とのことでした!

 

 

歩く=足の重心移動ということが重要で、かかとから親指の付け根、そして親指へと力が移動(体重が移動)するのがよいんです。

 

親指へ力が移動したときに、ほとんど同時に他の四本の指にも力がかかっている、そして地面から指が離れるという歩き方。

 

中村先生は見やすいように、そのとき裸足で実演されてました。

 

そうはいっても私は『おさぼり足』なのかどうか、分かりにくですよね、どんな人が『おさぼり足』なのかというと、

 

「つま先立ちするとふらつく人」や「足の裏が疲れやすい人」です。

 

冷え性で足首やつま先が冷えやすい人に多いかもしれないです。

 

 

おさぼり足の予防方法

 

でですね、『おさぼり足』を卒業するには、足指をほぐしたり、足の筋力をつけるのがいいということで、実際にやってみせてくれました。

 

結構簡単なことでしたよ。

 

足指をほぐすには・・・座った状態で片足をもう一方の膝の上にのせて、のせた方の足と反対の手で握手をする。

 

足指の股にしっかり手の指の股を差し込んで、軽く握って、手首をきかせてぐるぐると回す。

 

こうすると足指の付け根が動かされて、血行がとてもよくなります。

 

この足指と手指の握手ができなければ、足の指先をもって、足指の付け根を回転させてもOK。

 

私はいつもお風呂に入った時に、ときどき足の甲の方から手指を差し込んでまわしたりしてますが、それより効果がありそうですよね。

 

もう一つ足指をほぐす方法も。

 

裸足になって、足指を「グー」「チョキ」「パー」と開く。

 

靴下をいつもはいているので、素足になってやってみたら、いつもくっついている足指が解放されて気持ちがいいです。

 

こうして足指をほぐしたら、筋力をつけるのも大切ということで、タオルを開いて床に置き、椅子に座ったまま、足指でタオルを端からたぐり寄せる。

 

このとき指だけでなく、アーチのところも力を入れて行うと筋力が付きやすいそうですよ。

 

足指をほぐすと、「とにかく血行がよくなる」のを中村先生は強調されていました!

 

指先の末端から甲のあたりを流れて、足首へそして上へと血の巡りがとてもよくなっていくのがわかります。

 

足の指の先からこうして血液がちゃんと戻るようになれば、冷えの解消にもなるはずだし、老廃物も出しやすくなるということになるんじゃないかな?

 

足の指が強くなって、『おさぼり足』を卒業できると、肩こりや腰痛を予防できて、姿勢をきれいにすることができると、中村先生がおっしゃってました。

 

 

足の指とか足の筋肉とか、普段意識していないところでしたが、改めて自分で眺めてみて、握手モミモミとかもしてみたら、少しあったかくなってきました。

 

足の指にも気をくばってあげないといけないですね!

 

おさぼり足指のお話でした。

 

美容健康ピピッとびっくりCOMスタッフ:レモン


スポンサーリンク






  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

●エステ顔負けの全身「美」痩せ術

  1. リンパを使ったダイエットを使うので、老廃物がしっかり流れる。
  2. 余分な水分・脂質・老廃物などが、排泄され易い体質になる。
  3. 代謝がアップ。
  4. 無理をしなくても身体がやせていく。
●大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」体験談

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 基礎化粧選び方 スキンケア基本 シミ・しわ・たるみ プラセンタ 脚を細くする方法 化粧品口コミ