角質のバリア機能を決めるのはセラミドだった

角質のバリア機能を決めるのはセラミドだった

スポンサーリンク

角質のバリア機能を決めるのはセラミドだった

皮膚の表面

皮膚の最も外側にある角質層。

 

日本人ならいわゆる肌色をして、すべての臓器や細胞を、外からの侵入物から守ってくれる大切な働きをしてくれます。

 

また体の水分を蒸発して逃がさないようにして、快適に体を維持する大切な働きが角質層にはあります。

 

これらの働きは「角質のバリア機能」として知られていますが、そこにはセラミドが大きく関与していたのです。

スポンサーリンク


 

セラミドこそがバリア機能を高める

 

「角質のバリア機能」が弱いと、うるおいのない乾燥した肌になって、ちょっとした刺激にもかゆみや痛みを引き起こしてしましますから、角質層を健康に保つのは、とても大切なことです。

 

そこで「角質のバリア機能」の働き健康なまま維持するにはどうしたらいいかですが、そこには「セラミド」が深くかかわっています。

 

「セラミド」というのは、角質の細胞をつなぎとめている、脂質のひとつです。

 

角質の細胞は積み立てたレンガのように並んでいますが、細胞のレンガひとつひとつをセメントのような働きでつなぎとめているのがセラミドです。

 

そのため細胞間脂質と呼ばれています。

 

セラミドは細胞間脂質の40%を占め、量が多いほど角質のバリア機能が有効に働きます。

 

 

セラミド以外は水分保持

 

セラミド以外の脂質も60%あまりありますが、同じ脂質といっても水と結合して、肌の水分を守り、外界から刺激から肌を守る役目をしていますので、セラミドとは別の働きをします。

 

肌の水分を守る細胞間脂質は、スフィンゴ脂質・遊離脂肪酸などの脂質ですが、セラミド同様、コレステロールのようなものを原料にして表皮で作られています。

 

角質層は丈夫なレンガの塀のように積み立てられて出来上がっていますが、セラミドが不足すると、角質細胞をつなぎとめる力が弱まり、レンガである角質細胞がぐらついてきます。

 

そうなると肌の内側からの水分が放出されやすくなり、角質細胞間の水分保持も危うくなってきます。

 

するとやがて角質細胞の一部がはがれるようになります。

 

 

角質のバリア機能が弱まると

 

角質細胞の一部がはがれてくると、肌を見たとき粉をふいたようなカサつきが見られるようになります。

 

こうなると角質層の表面が荒れているので、バリア機能も弱くなってしまうのです。

 

角質のバリア機能が弱くなると、強い風があたったり、髪が触れたりしただけでも、かゆみが起きる、また石鹸で洗っただけでしみたりするようになります。

 

お化粧もしにくくなるだけでなく、見た目の印象が悪くなりますから、女性にとっては絶対に起こってほしくない現象です。

 

とはいえ年齢があがると、セラミドの生産量は減少していきますので、徐々に乾燥しやすい肌へと移行していくのはやむをえません。

 

 

 

真皮の健康がセラミド減少を食い止める

 

健康な肌は角質のバリア機能が正常に働いているわけですが、その機能を支えている立役者はセラミドというわけです。

 

角質のバリア機能を弱めないためには、セラミドの量が十分に維持されなければなりません。

 

そのためにはセラミドのある真皮の健康が、とても大切になります。

 

年齢とともにセラミドを作る量が減っていきますが、真皮を健康に保つことでセラミドの減少も少なからず食い止めることができるようです。

 

 


スポンサーリンク






  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

●エステ顔負けの全身「美」痩せ術

  1. リンパを使ったダイエットを使うので、老廃物がしっかり流れる。
  2. 余分な水分・脂質・老廃物などが、排泄され易い体質になる。
  3. 代謝がアップ。
  4. 無理をしなくても身体がやせていく。
●大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」体験談

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 基礎化粧選び方 スキンケア基本 シミ・しわ・たるみ プラセンタ 脚を細くする方法 化粧品口コミ