良質な睡眠で美肌をよみがえらせるには

良質な睡眠で美肌をよみがえらせるには

スポンサーリンク

良質な睡眠で美肌をよみがえらせるには

睡眠で美肌

すべすべの肌を保つには、睡眠はとても大切です。

 

食事も大切ですが、肌が作られる時間の睡眠中は、どんな栄養をとるよりも大切といえます

 

夜更かしや、暴飲暴食で眠りが浅いなどは、肌を再生する時間を奪っているようなものです。

 

睡眠は疲れた体を休めるだけでなく、美肌をつくるとっておきの時間ですので、健康な肌作りのために、もう一度睡眠を見直してみましょう。

スポンサーリンク


 

週末寝だめでは肌再生はできない?

 

肌が荒れるか荒れないか、その境目が睡眠時間の長さにあるとしたら、それが何時間か知りたくなりませんか?

 

それは6時間睡眠です。

 

とはいっても一度6時間を切るだけで、肌が荒れるというのではなく、6時間を切る日が多いと、荒れることが多いのです。

 

これは肌の再生が起こり始めてから、約6時間で再生のリズムが終了するからです。

 

8時間眠った日、5時間しか眠れなかった日、いろいろあったけど1週間まとめたら平均6時間を切っていた、というなら、疲れもたまり週末に10何時間も眠っていたくなるのはしかたないですね。

 

そしてその週末の長い睡眠をたせば、平均7時間睡眠になったとしても、お肌の荒れやダメージは、あまり変化がありません。

 

週末の寝だめは、体の疲れはとれるかもしれませんが、お肌の再生力がよみがえるということはないのです。

 

それよりは、毎日コンスタントに6時間以上眠ることが、お肌の再生には最も効果的です。

 

それも毎日だいたい決まった時間に眠りにつくのが、ベストな睡眠のとり方です。

 

 

成長ホルモンが肌を再生する

 

お肌は寝ている間に生まれ変わりますが、そのためには成長ホルモンの働きが不可欠です。

 

成長ホルモンは子供のときだけでなく、大人になってからもずっと毎日出続けるホルモンです。

 

大人になると身長を伸ばすなどの直接的な成長を促すのでなく、肌の再生を行ったり、免疫機能をあげたり、傷を修復したりなどで働きます。

 

成長ホルモンは誰でもでるのですが、ストレスや過労などで、ホルモンの分泌量や質は変化します、とても敏感なのがホルモンです。

 

起きている間には肌は再生されず、ひたすら現状維持をしているだけ、眠りにつくと血液が体の各部に流れて、肌への栄養もいきわたります。

 

そして寝はじめの3時間だけに成長ホルモンは分泌され、その力を借りて肌の奥で細胞分裂がはじまります

 

寝はじめの3時間も、決まった時間であるほど順調に成長ホルモンがでるのがわかっています。

 

 

成長ホルモン分泌を促すのは規則正しい睡眠

睡眠で美肌

 

決まった時間に眠りにつくのがよいのは、体内時計を一定に保つことができるからです。

 

体内時計は、リズミカルに動けば、ホルモンも順調にはたらきます

 

夜12時ごろに寝る人は、その習慣を変えずにいれば、寝始めから出る成長ホルモンが、順調に質のよい成長ホルモンが出続けます。

 

しかし日によって就寝する時間がまちまちだと、成長ホルモンが順調に働かず、少ししかでなかったり、短い時間しかでないなど、影響を受けます。

 

睡眠時間がたとえ短くても、一定の時間に眠りにつくことが、成長ホルモンの順調な分泌を促すことは知られています

 

入眠が夜10時ならその時間で一定できるように、夜12時ならその時間で一定できるように、規則正しい生活をするのが成長ホルモンの正常な分泌には一番よいのです。

 

 

睡眠の最初の3時間を手厚く

 

そして寝はじめの3時間を、熟睡できるようにするのが最もお肌の再生力を高めます

 

なぜなら成長ホルモンは、睡眠の初めの3時間の間に分泌されるからです。

 

そのためこの3時間の質は最も大事です。

 

たいていは寝はじめは深い眠りに入るのですが、寝る直前までテレビやパソコンを見ていると、脳の奥が活性化されたままになり、深い眠りに入るのに時間がかかってしまします。

 

寝る前の一時間くらいは、周りを静かにし、部屋を暗くして睡眠の導入部にするようにすると、メラトニンというホルモンが分泌されて、入眠後すぐに深い眠りにつけるのがわかっています。

 

深い眠り=質の良い眠りは、成長ホルモンの分泌を促して、肌の奥での細胞分裂が盛んにおこなわれます。

 

その分裂のあとも約6時間かけて、再生の仕事を肌の奥で行っていますので、途中で目をさましたりすることなく、朝までぐっすり眠ることができれば、お肌はイキイキとしてきます。

 

睡眠はとっているはずなのに、お肌の調子がよくないという方は、最初の3時間の眠りが浅くなっていることも考えられます。

 

 

睡眠と美肌の関係のまとめ

 

以上をまとめてみると、肌の再生が行われる睡眠はとても大事な時間です。

 

特に寝はじめの3時間の睡眠の質がよいと、成長ホルモンが順調に働いて、肌の再生が活発に行われます。

 

入眠時間が一定しているほど、成長ホルモンが順調にでるので、毎日の生活を規則正しくすることが美肌を作ることになります。

 

またストレスをためず、暴飲暴食をさけて、熟睡できる環境作りも心がければ、健康な肌を維持できるようになります。

 


スポンサーリンク






  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

●エステ顔負けの全身「美」痩せ術

  1. リンパを使ったダイエットを使うので、老廃物がしっかり流れる。
  2. 余分な水分・脂質・老廃物などが、排泄され易い体質になる。
  3. 代謝がアップ。
  4. 無理をしなくても身体がやせていく。
●大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」体験談

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 基礎化粧選び方 スキンケア基本 シミ・しわ・たるみ プラセンタ 脚を細くする方法 化粧品口コミ