洗顔料・自分にあった選び方

洗顔料・自分にあった選び方

スポンサーリンク

洗顔料・自分にあった選び方

洗顔料選び方

毎日使う洗顔料、あなたはどんな選び方をして使っていますか?

 

その洗顔料にした理由はいったいなんだったでしょうか?

 

最近では汚れを落とす目的以外にも、有効成分の含まれている洗顔料が販売されていますので、肌にもっとよいものになっているような気もしますね。

 

洗顔料の大切な役目は、肌の汚れをしっかりと落とすこと、これが最大の洗顔料を使う理由です。

 

色々なタイプの洗顔料がありますので、洗浄力や配合成分を見極めながら選んいきますが、実はとってもシンプルなんです。

スポンサーリンク


 

洗顔料に含まれる成分について

 

洗顔料に含まれる成分ですが、洗顔料には美白になる成分、うるおいを残す成分など美肌に近づけるような成分が配合されています。

 

しかしながらこれらの成分はすすぎのときに洗い流されてしまうので、配合されていてもあまり意味のないものです。

 

洗顔時に何かを期待する気持ちはあると思いますが、洗顔は汚れを落とすだけに徹するのが、一番よいです。

 

肌がしっとりするなどの理由で配合されている油分は肌に残ると、肌を老化させる原因になるからです。

 

 

洗顔料に含まれる油分だけで比べる、昔からある白い固形石鹸は油分が5%、

 

洗顔石鹸は油分が10%〜20%、

 

そしてしっとりタイプの洗顔フォームだと約30%の油分が配合されています。

 

石けんは体を洗うもので、顔は洗顔石鹸と決めていませんか。

 

石けんを使って顔を洗ってもいいんですよ。

 

白い固形石鹸は一番汚れが落ちやすいですしね。

 

それに比べ、洗顔石鹸は洗浄力が弱く、洗顔フォームはもっと洗浄力は弱まります。

 

そのため顔を白い石鹸で洗うと、強い洗浄力のため突っ張ったりする方は、やめてもよいのですが、肌の汚れを落とすには、固形石鹸が最もよく落ちるのは間違いありません。

 

洗い終わったあと指でこすってみて、キュっときしむくらいの洗い上がりが汚れ落ちがよいのです。

 

 

タイプ別による洗浄力の違い

洗顔料選び方

 

クリームタイプや液状の洗顔料は、洗浄力は弱いです。

 

そして保湿成分のある洗顔料は、肌に優しいというイメージがありますが、肌の表面にうすく油でふたをした状態になり、その油が酸化して肌の老化の引き金になりかねません。

 

肌の水分は、表面の油分で膜をつくって逃がさないようにされいるのではなく、セラミドなどと結合することによって維持されているので、油分で薄い膜をするのは水分保持には意味のないことです。

 

保湿そのものは、汚れがきれいさっぱりと落ちた後に別にする方がよいのです。

 

洗顔料の中で、泡やパウダー状になっているタイプのものは、洗浄力がとても弱いです。

 

泡がたたないものは最も洗浄力が弱く、非常に敏感な肌か、アトピー性皮膚炎の肌用です、一般の人には向きません。

 

 

洗顔料は弱酸性がよい?

 

肌は弱酸性です。

 

そのため洗顔料も弱酸性がよいといわれますが、洗顔料は洗い流すものなので、肌を弱酸性に保つものではありません。

 

水道水は中性なので、洗い流した後は、肌は中性です

 

そのため洗顔料は弱酸性でなくても、なんら問題はありません。

 

洗顔後につける化粧水を、弱酸性のものにすればよいだけで、最近の化粧水はほとんどのものが弱酸性になっています。

 

 

洗顔料の選び方のまとめ

 

洗顔料は顔の汚れを落とすだけと考え、洗浄力がよく洗い上がりの肌をこすると、キュっと指がとまるくらいのものがベストです。

 

油分の多いものは、肌の表面に薄いまくをはるようなものなので、避ける方が無難です。

 

汚れをしっかり落とした後は、弱酸性の化粧で肌を弱酸性に保つようにすればよいです。

 

肌をいためないクレンジングと洗顔の仕方はここ

 

 

 

 

 


スポンサーリンク






  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

●エステ顔負けの全身「美」痩せ術

  1. リンパを使ったダイエットを使うので、老廃物がしっかり流れる。
  2. 余分な水分・脂質・老廃物などが、排泄され易い体質になる。
  3. 代謝がアップ。
  4. 無理をしなくても身体がやせていく。
●大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」体験談

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 基礎化粧選び方 スキンケア基本 シミ・しわ・たるみ プラセンタ 脚を細くする方法 化粧品口コミ