乳液とクリームの使い方

乳液とクリームの使い方

スポンサーリンク

乳液とクリームの使い方

乳液・クリームの使い方

「乳液は化粧水の後に必ずつけるもの」と昔から基礎化粧のイロハのように言われていて、化粧水のすぐ横で並べて販売されていました。

 

そのため化粧水で補った水分を乳液でふたをするというスキンケア法を続けている人が今も多くいるのは、なじんだ化粧法を手放せないということかもしれません。

 

今では肌の仕組みがもっと解明されてきたので、乳液やクリームを使う人は減っています。

 

では、今後は乳液やクリームはもう必要ないのでしょうか? これからはどんな化粧法がより肌によいのでしょう。

スポンサーリンク


 

乳液はもういらない?

 

肌の仕組みが今のように解明される前は、化粧水のあとに乳液をつけて肌の水分が外に出ていかないようにふたをするのが乳液の役目だと知らされてきました。

 

そのため化粧水と乳液は、セットで考えられてきて、容器やパッケージもセットでメーカーは販売していました。

 

今もまだ乳液の利用者は多く、化粧水の後、そして美容液の前にというステップで利用されているようです。

 

しかし、肌の水分を外からの油分でふたをしても、肌の水分保持には役立たないということで、肌の中で作られるセラミドの存在が注目されるようになっています。

 

すでに以前からある乳液そのものの存在は、あまり意味がないものになってしまっています。

 

それに代わって、セラミドなどの保湿成分をふんだんに含んだ美容液を利用するのが、最も肌の保湿力を高めるとわかってきました

 

そのため、乳液でなく美容液に切り替えている人の方が、多数となっています。

 

ただ、乳液に保湿成分を配合した新しい乳液が出てきていますので、依然からのものを利用するよりは、新しい乳液を利用する方が、少なくなっていく肌水分を補えることになります。

 

 

乳液をつけるとき注意すること

美容液選び方

 

乳液は水分と油分を同時に皮膚に補うことができるものですが、皮脂分泌の盛んな30代までは、使いすぎないようにした方がよいです。

 

ひたいや鼻の皮脂のでやすい場所には、乳液はつけない方がよいくらいです。

 

乳液のつけ方は、一度手のひらにとって軽く手のひらでのばし、顔全体になじませます。

 

それから中指と薬指のはらを使って、下から上、内側から外側へと向かってなじませます。

 

鼻だけは上から下へなじませます。

 

化粧水や美容液と同じように、指で押したり、パッティングしたりしないようにします。

 

 

クリームの利用法

 

基礎化粧品のうちクリームは、肌に油分を与えるものです。

 

ですから油分のあまり減らない30代までや、油性肌の人は必要のないものです。

 

30代といっても水分の量は減っていくので、肌の水分を保持するスキンケアは行った方がよいです。

 

肌の水分保持のためには、美容液を利用します。

 

ではクリームは必要ないかというと、皮脂の少ない目元、口元だけに使って油分を補うのがよい方法です。

 

目元口元は年齢を問わず皮脂腺が少ないことがわかっています。

 

この部分の乾燥が気になる人は、クリームで油分の補給をしていくとよいでしょう。

 

 

クリームの正しい使い方

乳液・クリームの使い方

まず洗顔します。

 

その後化粧水と美容液を顔全体にのばして、クリームを目元と口元になじませます。

 

薬指の先をつかって、トントンっとクリームをたたきこむようにしてつけます

 

こすったり押したりせずに、目元口元だけに限ってつければ十分です。

 

ジェルのようなタイプより、ちゃんとこってりとしたクリームの方が、油分は多いですしクリームを付けているという実感があるので効果的です。

 

 

鉱物油入り乳液・クリーム

 

乳液にもクリームにも、鉱物油がよく利用されています。

 

鉱物油は石油を精製してつくった油です(精製するとは不純物を取り除くという意味です)。

 

昔は粗悪品もあって、油やけするなどの不満もありましたが、今ではそういったトラブルはありません。

 

鉱物油が肌に悪いというイメージは、今ではありませんので、心配なく使えるようになっています。

 

 

乳液とクリームの使い方・まとめ

 

乳液を使うなら、保湿成分を配合した乳液を使って保湿を意識するのが、よりよい使い方です。

 

乳液も化粧水や美容液と同じように、指のはらで肌になじませるようにつけます。

 

クリームは、皮脂の少ない目元、口元だけに使用します。

 

クリームは、薬指の先をつかって、トントンと軽くたたきこむようにしてつけます。

 

配合されている鉱物油は、安心して使えます。

 

美容液に期待できる保湿・美白・アンチエイジングの効果⇒美容液の選び方と使い方

 


スポンサーリンク






  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

●エステ顔負けの全身「美」痩せ術

  1. リンパを使ったダイエットを使うので、老廃物がしっかり流れる。
  2. 余分な水分・脂質・老廃物などが、排泄され易い体質になる。
  3. 代謝がアップ。
  4. 無理をしなくても身体がやせていく。
●大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」体験談

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 基礎化粧選び方 スキンケア基本 シミ・しわ・たるみ プラセンタ 脚を細くする方法 化粧品口コミ