肌に優しいファンデーションの選び方

肌に優しいファンデーションの選び方

スポンサーリンク

肌に優しいファンデーションの選び方

肌に優しいファンデーションの選び方

ファンデーションを使いこなせていないと思っていませんか?

 

「乾燥肌だからクリームタイプを使っている」、「敏感肌なのでリキッドファンデーションを使っている」など、ご自分の経験や考えをお持ちになっていることでしょう。

 

でも調子のいいときと悪いとき、どんな風に使い分けたらいいのかわからないまま、ずっと同じタイプのものを使っていませんか?

 

お肌の状態は季節や年齢によっても変わってきますので、今の自分にあったファンデーションは何なのかを、もう一度おさらいしてみましょう。

 

肌への負担の一番少ないファンデーションのことも。

スポンサーリンク


 

ファンデーションの種類と特徴

 

わかっているようでよく知らないファンデーションの特徴からみてみます。

 

◆クリームファンデーションの特徴(リキッドタイプファンデーション、ゲル状ファンデーションも同様)

 

クリームファンデーションは乳液のようなものの中に、色のついた粉(顔料)を混ぜ合わせたもので、分離しやすことから乳化剤を配合して状態を安定させています。

 

乳化剤は界面活性剤のことで、これが肌への刺激物になる可能性があります。

 

また液状なので当然水分を含んでいます。

 

そのため防腐剤はクリームファンデーションに欠かせません。(腐ってしまうのを防がなくてはならないからです)

 

もしクリームファンデーションを使っていて、肌に何らかの刺激があるとしたら、乳化剤か防腐剤のしわざと考えられます。

 

 

◆練り状のファンデーションの特徴

肌に優しいファンデーションの選び方

 

練り状のファンデーションは、色のついた粉(顔料)に油分が加えられて固さを安定させてあるものです。

 

パウダーと同じケース入りのものやスティック状のものがあります。

 

これは水分を含まないので、乳化剤や防腐剤をほとんど使っていません

 

そのため肌への刺激は少なく、しっとり仕上がりカバー力があるのが特徴です。

 

ただ油分が多いのでニキビができやすい人は、注意しながら使うようにしたいファンデーションです。

 

 

◆パウダーファンデーションの特徴

 

パウダーファンデーションは水分を含まないため、乳化剤や防腐剤が入っていません。

 

そのためファンデーションの中で、一番肌への刺激が少ないので敏感肌の人や乾燥肌の人に向いています

 

カバー力は劣りますが、ナチュラルなメイクには欠かせないお肌に優しいファンデーションです。

 

 

お肌のためにはパウダーファンデーションですが

 

お肌の状態が健康なら、どのファンデーションを選んでも、お好みで使い分けていけばよいのですが、お肌への刺激だけを考えると、一番刺激の少ないパウダーファンデーションを使用するのが、なによりよいといえます。

 

とはいえ、「パウダーファンデーションは粉浮きするので嫌だ」と感じている人が多いのも事実です。

 

そこでお肌の一日の変化を念頭にいれてメイクをすると、パウダーファンデーションでも粉浮きせずにすむので、そこを確認してみますね。

肌に優しいファンデーションの選び方

 

いつものように洗顔をして、そのあと化粧水をつけ、保湿成分を多く含む美容液を多めにつけます。

 

美容液が化粧下地の役目になるので健康な肌の人はこれでパウダーファンデーションをつければよいです。

 

粉浮きが気になる人は、美容液の後にもうひとステップ、保湿成分配合の乳液か保湿クリームを少な目に重ねます。

 

その後10分間、自分の皮脂と混ざり合うのを待ちます。

 

それからパウダーファンデーションを塗ってみてください。

 

最初は粉っぽく感じるかもしれませんが、1時間ほどすると、自分の皮脂となじんでいい具合になってきます。

 

 

朝のスキンケア後には水分が減っていきますが、時間が経過するにしたがって皮脂はどんどん分泌されていきます。

 

そんなお肌の特徴を知って、朝のメイク前のスキンケアには保湿をしっかりする、でも油分は少な目にするというメイクにした方が、時間がたったときにお肌への馴染みがよくなり、きれいな仕上がりが続きます。

 

人によっては、粉おしろい(ルースパウダー)の方が、粉っぽくならない人もあるので、試してみてはどうでしょう。

 

 

肌に優しいファンデーション選び・まとめ

 

クリームファンデーション・リキッドタイプファンデーション・ゲル状ファンデーションには、乳化剤、防腐剤が入っているので、肌の弱い人は刺激となりやすい。

 

ファンデーションの中で一番刺激のすくないものが、パウダーファンデーション。

 

パウダーファンデーションの粉浮きを避けるには、美容液の後に保湿成分配合の乳液か保湿クリームを少な目に重ねて、しばらく待つとよい。

 

油分少な目に朝のメイクをする方が、何時間か後には肌とのなじみはよくなっている。

 

 

特に季節の変わり目など、肌への負担が重なるとき、肌トラブルを起こしやすいときは、パウダーファンデーションが最もおすすめです

 

美容液に期待できる保湿・美白・アンチエイジングの効果⇒美容液の選び方と使い方


スポンサーリンク






  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

●エステ顔負けの全身「美」痩せ術

  1. リンパを使ったダイエットを使うので、老廃物がしっかり流れる。
  2. 余分な水分・脂質・老廃物などが、排泄され易い体質になる。
  3. 代謝がアップ。
  4. 無理をしなくても身体がやせていく。
●大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」体験談

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 基礎化粧選び方 スキンケア基本 シミ・しわ・たるみ プラセンタ 脚を細くする方法 化粧品口コミ