エイジングに逆らうために毎日行いたいスキンケア

エイジングに逆らうために毎日行いたいスキンケア

スポンサーリンク

エイジングに逆らうために毎日行いたいスキンケア

紫外線対策

お肌は放置しておくと、年齢とともに老化が進んでしまいます。

 

肌老化は、生きている限り避けられない生理的なものもありますが、外からの老化原因はある程度避けることができます。

 

まずは自分の肌を守るという視点から、紫外線対策を行いましょう。

スポンサーリンク


 

毎日行う紫外線対策

 

紫外線は肌にシミをつくり、深いシワをつくる原因になります。

 

そこで紫外線対策を日々怠らないようにすることで、肌老化の進みを遅らせることができます。

 

紫外線は曇っていても降り注いでいますし、冬でも降り注いでいるので、一年中を通して対策が必要です。

 

一日中家にいるとしても、パウダーファンデーションか粉おしろいだけは塗るようにします。

 

どちらも顔料の粉が紫外線を反射させるので、肌への侵入を最少限にとどめることができます。

 

ガラスを通して紫外線は部屋の中にはいってくるので、部屋の中でも紫外線を浴びているのです。

 

余裕があれば家にいるときも、日焼け止め化粧品をつけているのが理想的です。

 

外出する際は、SPF20程度の日焼け止め化粧品をつけておくようにします。

 

そして化粧水はビタミンC誘導体配合のものにすると、シミ、シワ、毛穴などの加齢減少を予防することができます

 

ビタミンC誘導体は、活性酸素の発生を抑える働きがあり、シミの予防に適している成分です。

 

水に配合された方が安定するので、化粧水に配合すると効果的で、近年ではビタミンC誘導体配合の化粧水が販売されていますので大いに利用しましょう。

 

 

積極的なシミ対策を毎日

紫外線対策

さらに積極的にシミの対策をしておく方法があります。

 

それは美白美容液を毎日お手入れに取り入れるようにするのです。

 

ビタミンC誘導体配合の化粧水をつけたあと、美白美容液を肌につけます。

 

美白美容液には種類がいろいろとありますが、シミの発生をどの段階で抑制する効果があるか、また天然成分由来で肌によいかを総合して考えると、甘草や、カモミラエキス配合のものがよいと思います。

 

美白美容液は顔全体になじませて塗ります。

 

さらにシワ予防の美容液を目元に塗っておくと、皮脂の少ない目元の老化を予防することができます。

 

 

その他の毎日できる紫外線対策

 

パウダーファンデーションをつけ、ビタミンC誘導体配合の化粧水、美白美容液を塗って、さらに毎日できる紫外線対策法、できればやっておきたいことです。

 

洗濯ものを干す、しまうの際、UVカットの帽子をかぶる、近くへ買い物に出るにも帽子をかぶったり、紫外線を遮る目の詰まった木綿やポリエステル繊維の服を着る。

紫外線対策

 

活性酸素を除去する(抗酸化作用のある)食べ物を、積極的にいただく

 

抗酸化作用のある食べ物は、ビタミンやポリフェノールといった成分を多く含むものです。

 

代表的なのは、緑黄色野菜、玄米、大豆、オリーブオイル、緑茶、ゴマなどです。

 

体が活性酸素を作るのは避けられませんが、それを除去することは食べ物でもある程度できるのです。

 

積極的に毎日の食卓に、抗酸化作用のある食品をのせていくようにしましょう。

 

 

毎日行いたいスキンケア・まとめ

 

エイジングに逆らうために毎日行いたいことは、なんといっても紫外線対策です。

 

外出予定のない日でも、パウダーファンデーションか粉おしろいをつける。

 

外出の際は、SPF20程度の日焼け止め化粧品をつける。

 

化粧水はビタミンC誘導体配合のものがシミ予防になる。

 

美白美容液を毎日のお手入れに取り入れる。

 

帽子、衣服で紫外線を極力浴びないようにする。

 

抗酸化作用のある食べ物を、毎日積極的にいただく。


スポンサーリンク






  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

●エステ顔負けの全身「美」痩せ術

  1. リンパを使ったダイエットを使うので、老廃物がしっかり流れる。
  2. 余分な水分・脂質・老廃物などが、排泄され易い体質になる。
  3. 代謝がアップ。
  4. 無理をしなくても身体がやせていく。
●大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」体験談

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 基礎化粧選び方 スキンケア基本 シミ・しわ・たるみ プラセンタ 脚を細くする方法 化粧品口コミ