シミが消える?美白成分の働きでできること

シミが消える?美白成分の働きでできること

スポンサーリンク

シミが消える?美白成分の働きでできること

美白成分の働きでできること

シミを消したい!シミを薄くしたい!

 

お顔のあちこちにあるシミに悩む女性は多いですよね。

 

美白化粧品ならそれができるかのように宣伝されていますが、どうなのでしょう。

 

美白成分の働きを知って、シミが薄くなるまたはなくなるという効果を実感してみたいものですね。

 

シミのできる仕組みと、それを阻止する美白成分とは。

スポンサーリンク


 

美白成分とは何か

 

美白成分は、シミの元であるメラニン色素が肌の中で作られる際におこる反応のうち、それをどこかで抑える働きをするものです。

 

メラニンの生成が抑制されるので、シミができにくくなるわけです。

 

美白成分がきちんと配合されているかどうかを、美白化粧品を購入するときには、必ずチェックしなくては意味がありません。

 

宣伝では、♪ホワイトなんとか・・・というあたかも白い肌がすぐよみがえるようなふれこみのものがありますが、パッケージやビンについている成分表でよく確認しないと、案外「美白のような働きがある・・・」というあたりのあいまいな効果しかないものだたったりすることがあります。

 

美白成分の働きがどこで働くかによって、分類してみました。

 

表を参考にしてください。

美白成分の働きでできること

 

<表の見方>

 

紫外線が表皮細胞にあたると、表皮細胞からエンドセリンという情報伝達物質が分泌される。

 

エンドセリンがメラノサイトに伝達されて、メラノサイトの中でメラニン色素が作られる。

 

このときチロシナーゼという酵素が働く。

 

メラニン色素がメラノサイトから分泌される。

 

分泌されたメラニン色素は、表皮細胞に取り込まれる。

 

 

・・・美白成分のうち、最も多用されているものが、「チロシナーゼ酵素を阻害するもの」です。

 

(表皮の奥でメラニンが作りだすメラノサイトに働く酵素を邪魔するものです。)

 

・・紫外線が表皮にあたると出る、エンドリンという情報伝達物質を邪魔するもの。

 

・・メラニン色素の生成にかかわっている表皮の伝達物質のひとつのプロスタグランジンを抑制するもの。

 

・・メラニン色素を作る際に働くDNAに働きかけ、その働きを阻害するもの。

 

・・チロシナーゼ酵素そのものが作られるのを防ぐもの。

 

など、シミができる仕組みの、いろいろな働きのうちのどれかを、阻害したり抑制する働きをするのが、美白成分です。

 

美白成分には、メラニンを分解する作用はありません。

 

そのため、すでにできてしまったシミを消すものではなく、これからできるシミを予防するものです。

 

 

厚生労働省が美白成分の効果を認めたもの(2005年10月現在9種類)

 

美白化粧品には、現在9種類の美白成分が認められています。

 

このどれかが入っているものは、医薬部外品となっています

 

名称は覚えられなくても、聞いたことがあるなという程度に知っているといいですね。

 

・・・チロシナーゼ抑制効果のある美白成分⇒アルブチン、エラグ酸、ルシノール、ビタミンC誘導体、プラセンタエキス、トラネキサム酸、

 

・・チシロナーゼの量を減らす効果のある美白成分⇒リノール酸

 

・・エンドセリン伝達阻害効果のある美白成分⇒カモミラET

 

・・プロスタグランジン抑制効果のある美白成分⇒Tーシクロアミノ酸誘導体

 

 

美白の効能がうたえるのは、以上の9つの成分のみです。

 

化粧品の効能としては「紫外線によるシミ・ソバカスを防ぐ」という表現だけです。

 

 

以上のほかにも各化粧品メーカーによって、多くの美白成分が開発されていて、その数は無数といっていいほどです。

 

その中でも、ハイドロキノン、油溶性甘草エキスは、よく聞くようになった成分です。

 

これらはチロシナーゼ抑制効果があります。

 

 

自分に合う美白成分かどうかは試すしかない

美白成分の働きでできること

厚生労働省が認めた美白成分と、それ以外の多く存在する美白成分を、何種類も混ぜ合わせたものが、現在販売されている美白化粧品です。

 

配合量もさまざま、効果のほどは人によってさまざまなので、誰にでも美白効果が得られるというものではありません。

 

肌に合うかどうかも含めて、試してみるしかないというのが現状です。

 

美白成分はこれからできるシミを抑制するだけのものなので、今あるシミを薄くするために使うことはできません。

 

またメラニン抑制の働きなので、皮膚の赤みや黄みを取り除いたり、ニキビのあとの赤みを消すものではありません。

 

 

無数にある美白成分のうち、美容皮膚科でよく使われるものは、ビタミンC誘導体、カモミラET、油溶性甘草エキスだそうです

 

 

美白成分の働きでできること・まとめ

 

美白成分は、これから発生するメラニン色素を抑制する働き。

 

今あるシミを消す働きはないけれど、これからのシミの元は作らない。

 

美白化粧品を求めるときは、美白成分がちゃんと入っているのを確かめる。

 

美白成分の有効性が認められているものもあるが、その他の美白をうたう成分と複雑に配合されている化粧品がほとんど、そのため美白効果が誰にでも同じように出るとはいえない。

 

肌老化を遅らせるのに、美白成分入りの化粧品を大いに利用したいものです。

 

 

 


スポンサーリンク






  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

●エステ顔負けの全身「美」痩せ術

  1. リンパを使ったダイエットを使うので、老廃物がしっかり流れる。
  2. 余分な水分・脂質・老廃物などが、排泄され易い体質になる。
  3. 代謝がアップ。
  4. 無理をしなくても身体がやせていく。
●大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」体験談

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 基礎化粧選び方 スキンケア基本 シミ・しわ・たるみ プラセンタ 脚を細くする方法 化粧品口コミ