日焼けとシミの関係知ってますか?

日焼けとシミの関係知ってますか?

スポンサーリンク

日焼けとシミの関係知ってますか?

日焼けとシミの関係

海で日光浴をして真っ黒に日焼けしても、スキー場で肌が日焼けしても、シミがすぐにできるわけではありません。

 

ですから「ちょっと買い物に行くだけだから日焼け止めなんて必要ない」と思って素肌のままでいると、紫外線を皮膚の内側にしっかりとため込んでしまっている!のです。

 

そのため込んだ紫外線が、何年かたってシミとして突然見えてくるようになります。

スポンサーリンク


 

ため込まれた紫外線が突然出てくるのがシミ

 

日焼けしても皮膚の表面は入れ替わるので、見た目の変化は起こりません。

 

日焼け後すぐにはシミにならなくても、紫外線を浴びるたびに体の中にシミの元をため込むようにできているのですが、ためた紫外線の量が増えても痛くもかゆくもないため、紫外線がどれだけ皮膚にたまっているのかを知る方法はありません。

 

ですからちょっとした日焼けでも、何度も積み重なることがシミをつくっているということを知っておかないと、30代40代と年齢があがるにつれ、シミがどんどん表面化してくることになるのです。

 

日焼けとシミの関係

 

若いころは何年、何十年先のことなど考えたこともないかもしれませんが、「10代のころに浴びてしまった紫外線の量によって、シミのでき始める年齢に大きく差がでるといわれています。

 

たいていの人は10代のうちに一生に浴びる紫外線の約6割を浴びてしまっているといわれているのです。

 

肌がつやつやで元気いっぱいの10代に、すでに将来のシミの元をため込みはじめている、それも6割もため込んでしまっているという事実に、もっと早くから気づきたかった!というのが、管理人の心境です。

 

管理人の10代のころは、まだ海やプールで日焼けすれば、冬に風邪をひかない、なんていわれていて、一般人は誰も疑うことなく、若者はムラなくきれいに肌を焼くために、専用のオイルを塗っていたものです。

 

紫外線の影響がまだ知られていなかったとはいえ、取り返しのつかないことをしていたのです。(紫外線は皮膚がんの元にもなると解明されていない時代でした)

 

皮膚の奥にため込んだ紫外線は、真皮の奥底で眠ってシミとして存在感を表すまで、じっとその総量が大きくなるのを待っているというわけです。

 

シミはいったんできると簡単にとれないので、紫外線の蓄積を極力避けるしか、身近にできる予防策はありません。

 

 

紫外線はこんなところにもあったんです

日焼けとシミの関係

 

これからの紫外線対策として、日々気をつけたい行動を並べてみました。

 

「毎日浴びる紫外線が、すべて蓄積されてシミとなる」のですから、蓄積されないように、つまり紫外線を浴びないようにすることが、シミの表出を避ける方法になります。

 

もしこれから先、いっさい紫外線を浴びることがなければ、今のシミの数はかわらないということになりますからね。

 

日々気をつけたい行動は、こんな時も紫外線を浴びているんだと知ることからはじまります。

 

そこでこんなところにも紫外線があったんだ!とまずは気づくことが大切です。

 

 

曇っていても紫外線は雲を通過して肌に届きます(曇りでも晴れの65%もの紫外線が届ています)⇒曇っていても紫外線対策必要。

 

紫外線は3月から急増します。6〜7月をピークに11月ごろまでは紫外線がつよいです。⇒夏は必ず春、秋も紫外線対策必要。

 

標高の高いところほど紫外線が多いです。⇒山にいくときは必ず日焼け止め化粧品を。

 

部屋の中、車や電車の中でも紫外線はガラスを通過して肌に届きます。⇒室内にずっといるだけでも日焼けしてしまう。

 

日蔭にいても散乱光によって紫外線を浴びている(新雪の散乱光は非常に多く、砂浜や水面からの散乱光もあなどれません)⇒日蔭でも紫外線対策をするとよい。

 

・服装を通して紫外線が肌に到達する。⇒網目のあらい服でなく、目の詰まったポリエステル素材か綿素材の服、UVカット機能のついた服で紫外線対策が必要。

 

 

日焼けとシミの関係・まとめ

 

紫外線の蓄積によって、シミが表面化する。

 

紫外線は、10代ですでに生涯の6割も浴びているといわれている。

 

曇りでも、日蔭でも、紫外線は肌に届いている。

 

顔だけでなく、洋服にも配慮が必要。

 

夏はしっかりと、春秋も紫外線対策をおこたらない心構えが必要。

 

中年以降になってあわてて対策より、若いころからの紫外線対策の意識が大切。

 


スポンサーリンク






  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

●エステ顔負けの全身「美」痩せ術

  1. リンパを使ったダイエットを使うので、老廃物がしっかり流れる。
  2. 余分な水分・脂質・老廃物などが、排泄され易い体質になる。
  3. 代謝がアップ。
  4. 無理をしなくても身体がやせていく。
●大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」体験談

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 基礎化粧選び方 スキンケア基本 シミ・しわ・たるみ プラセンタ 脚を細くする方法 化粧品口コミ