紫外線A波とB波によるダメージ

紫外線A波とB波によるダメージ

スポンサーリンク

紫外線A波とB波によるダメージ

紫外線A波とB波によるダメージ

人によって肌の質やタイプも違うので、紫外線対策は何をどれだけやったらいいのか迷いますよね。

 

日焼け止め化粧品をつけるにしても、どれくらい必要なのかしら?予防として何が正解なのかしら?

 

そんなぼんやりとした疑問を解いていきたいと思います。

 

そのためにまずはシミの元になる紫外線のことを詳しく知っておきたいですね。

スポンサーリンク


 

紫外線を正しく知る

 

紫外線にはA波とB波があるのですが、肌へどんな影響を及ぼすのか知っていますか?

 

また太陽光線の強いときは紫外線が強いと感じますが、それは正しいといえますか?

 

日焼けしないように、紫外線を遮るようにと、UVケア化粧品などを使っていますが、案外紫外線のことやちゃんとした対策のこと、はっきり答えられないものですね。

 

そこで、紫外線のことをもう少し知って、少しでも浴びないようにと考えていけば、自分にあった対策がわかってくると思います。

 

 

身近にいつも降りそそいでいる紫外線、その正体は・・・

 

太陽の光の構成は、可視光線が約50%、紫外線が5%、約残り45%が赤外線です。

 

太陽は直接見ることができないほどに、まぶしい光、そしてその光は暑いと感じます。

 

まぶしい光は可視光線で、暑いと感じるものは赤外線によるものなんです。

 

シミの元をつくる紫外線は、暑くもまぶしくもないので、紫外線を実感することはできません

 

 

実際に紫外線対策しなきゃっと日焼け止めクリームなどを塗るのは、暑いと感じたり、日光が強そうと感じるときだけ・・・になっていたりします。

 

それでは、本当の意味で紫外線対策にはなっていないのですが、ここがうっかり知らない間に日焼けしてしまっている人のパターンです。

 

 

紫外線の種類と影響

紫外線A波とB波によるダメージ

「紫外線は暑くもなくまぶしくもない」ということをまず押さえて、次に紫外線の種類をみていきます。

 

紫外線には、A波とB波C波があります。

 

C波は有害なのですが、現状では地上にほとんど届いていないとされています。

 

(オゾン層の破壊で少し地上に届くようになっていますが、オゾン層は地球の生態系を守ってくれるものなので、オゾン層の破壊がすすまないよう対策が進んでいます)

 

地上に届くのはA波とB波。

 

まずA波からその特徴をみていきます。

 

A波は、エネルギーとしてはB波より弱いものの、光の量としては数十倍多いといわれています。

 

皮膚へじわじわと浸透して、皮膚を黒くさせていきます(何日もとかけて黒くさせていくゆっくり変化を与えていく)。

 

またコラーゲンの老化や光発ガン(皮膚細胞のDNAを傷つけてガンを誘発する)などを引き起こします。

 

雲を通過するので、曇っていても紫外線A波の量はほとんどかわりません

 

日焼けサロンではA波を光源にしているところが多いそうです。

 

紫外線A波はUVAと表します。

 

PA値はUVAをカットする力を表し、+、++、+++ の三段階で表します

 

320〜400ナノメートルの波長で、長波紫外線といわれています。

 

 

B波は、エネルギーが強く、やけどのような強い日焼けを起こすので、昔から弊害が知られていました。

 

このB波を防ぐために日焼け止め化粧品が開発され、長く使われてきましたが、近年はA波の弊害も知られるようになったので、両方を予防するための化粧品がほとんどになっています。

 

皮膚を赤くしひりひりとした痛み(サンバーン)を引き起こします。

 

A波と同じく、コラーゲンの老化や光発ガンなどを引き起こします。

 

また雲やガラスなどで、一定量はさえぎられます

 

B波をカットする数値はSPFで表わされます。数値が大きいほどサンバーンまでの時間を引き延ばせることになります。

 

280〜320ナノメートルの波長で、短波紫外線といわれています。

 

 

光老化

紫外線A波とB波によるダメージ

 

紫外線のA波とB波を浴びることで、皮膚を赤くしたり黒くしたり、傷をつけたりを繰り返します。

 

そしてコラーゲンの老化や光発ガンの原因を、皮膚に刺激として蓄積していくわけですね。

 

こうした紫外線の影響を肌が受けて、老化していく現象を光老化といっています。

 

畑仕事を長年してきた年配の方の肌が、シミができ深いシワが刻まれ、全体にくすんで弱い紙のような肌質になってしまうのも、光老化のためです。

 

反対に、紫外線対策を長年行っていると、年齢があがっても、シミ、シワが少なく、くすみのすくない弾力のある肌が続きます。

 

日照時間の短い地方、新潟や秋田などの女性の肌が、白くてシミなどが少ないのは、光老化をあまりしていないからということでしょう。

 

短期間では違いはわかりませんが、何年、何十年ののち、はっきりと見た目の違いが出てしまいます。

 

太陽の元で暮らすだけで、老化するとはショッキングな話ですが、紫外線が怖いのは肌が老化するだけでなく、皮膚細胞のDNAを傷つけてガンを誘発することがあるということです。

 

 

皮膚の強さでもダメージの程度が変わる

紫外線A波とB波によるダメージ

紫外線の影響は誰にでも及ぶのですが、それでも人によって皮膚の強弱、ダメージの受けやすさには違いがあります。

 

日本人だけに限ると、紫外線にたいする皮膚の強さを、三つに分類することができます。

 

1)一番皮膚の弱い人・・・紫外線にあたるとすぐ赤くなるが、以降黒くはならないタイプ。

 

2)中間皮膚の人・・・紫外線にあたると赤くなり、2〜3日後に黒くなるタイプ。

 

)皮膚の強い人・・・紫外線にあたっても赤くならず、黒くなるタイプ。

 

 

1)の人は、もともと色白のことが多く、メラノサイト(シミの元を作りだす細胞)の活動が盛んでない人です。

 

そのためシミそのものはできにくいタイプです。

 

しかし紫外線の影響は受けやすく、光老化を受けやすいタイプです。

 

シミも光老化のひとつなので、シミはできます。

 

 

3)の人は紫外線による抵抗力の強い人で、火ぶくれなどはまず起こしません。

 

でもメラノサイの働きはとても活発なので、シミはできます。

 

 

2)の人は、日本人の6割以上がこのタイプといわれています。(管理人もここですね)

 

1と2の人の中間ですが、結局紫外線を長期間受けることで、シミができるのは同じです。

 

 

肌のタイプによって、紫外線への抵抗力が大きい小さいの別はあっても、どのタイプの人がシミができにくいかとは、はっきり言えないようです。

 

 

紫外線・A波とB波によるダメージまとめ

 

紫外線はどちらも浴びないようにするのが、肌の老化を防げる。

 

紫外線は皮膚の表面を変化させるだけでなく、皮膚の奥のメラノサイトの活動を活発にするのでシミができやすくなる。

 

A波とB波の特徴をしって、それぞれの対策法を行っていきたもの。

 

皮膚の強い弱いにかかわらず、肌の老化を促進させないために、紫外線対策を怠らな方がよい。


スポンサーリンク






  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

●エステ顔負けの全身「美」痩せ術

  1. リンパを使ったダイエットを使うので、老廃物がしっかり流れる。
  2. 余分な水分・脂質・老廃物などが、排泄され易い体質になる。
  3. 代謝がアップ。
  4. 無理をしなくても身体がやせていく。
●大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」体験談

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 基礎化粧選び方 スキンケア基本 シミ・しわ・たるみ プラセンタ 脚を細くする方法 化粧品口コミ