日焼け止め化粧品のSPFとPA・知って使分け

日焼け止め化粧品のSPFとPA・知って使分け

スポンサーリンク

日焼け止め化粧品のSPFとPA・知って使い分け

日焼け止め化粧品のSPFとPA

日焼け止め化粧品には、SPFとPAという表示があります。

 

それぞれの意味を理解して、今日一日の生活スタイルに合わせて使いこなしてください。

 

またリゾート地に出かけるときの日焼け止め対策についても。

スポンサーリンク


 

UVB紫外線B波をカットする「SPF値」を知る

 

シミを作らないようにするには、まず紫外線対策を行う必要があります。

 

そのために手軽にできるのが、紫外線をカットできる日焼け止め化粧品の利用です。

 

日焼け止め化粧品には、SPF値の表示とPA値の表示があります。

 

まずSPF値ですが、これは紫外線B波をカットする力を表すもので、20とか30とか50という数値がかかれています。

日焼け止め化粧品のSPFとPA

 

紫外線防御数値という意味で、表示は2〜50までで表示するようになっていて、50以上のものは50+と表示されています。

 

この数値は、平均的な人がサンバーン(肌が赤くなってヒリヒリとなること)を起こすのを、何倍伸ばせるかという数値です。

 

平均的な人はサンバーンを起こすのに約20分かかるそうです(夏の日差しのもとで)が、20という数値だと、20倍遅くに引き延ばせるということです。

 

つまりSPF値20のものを塗っておくと、20分×20=400分=6時間40分 たってからサンバーンが起こるということになる数値です。

 

ここで気になるのは、サンバーンを(肌が赤くなる)起こすのがそんなに遅くなるなら、シミはできないかな?ということですね。

 

塗っているとサンバーンは起こさないかもしれませんが、塗り忘れた日があるかもしれないですし、洗濯ものを干したちょっとした時間など、紫外線を浴びる機会が重なっていくと、シミの元になる皮膚の奥の細胞に変化を及ぼしていくことになります。

 

その結果シミとしていつか表れる可能性があります。

 

 

UVA紫外線A波をカットする「PA」を知る

 

PA値は紫外線A波をカットする力を表しています。

 

三段階で表し、小さい方から+(やや効果がある)++(効果がある)+++(非常に効果がある)となっています。

 

UVB紫外線B波をカットする「SPF値」のように数値がはっきりしていないのは、紫外線A波の影響を測定するのがむつかしいからです。

 

紫外線A波は皮膚を黒くするのですが、それが起こるのに数日間かかるためで、人体で測定してもあいまいな数値しか求められないことによります。

 

そこで三段階だけでの効果を表示すればよいことになっています。

 

 

日常使いの日焼け止め化粧品

日焼け止め化粧品のSPFとPA

家庭の主婦として、日常に使う程度なら、どの日焼け止め化粧品を選ぶとよいでしょうか。

 

平均的な主婦の方は、外出時間が一日で1時間程度ということです。

 

そうであれば、SPF値が3で、60分後にサンバーンがおこるという数値であれば、一応いいことになりそうです。

 

でもできれば、60分以上たってもサンバーンは起こってほしくないですよね。

 

それならSPF値が3ではダメで、もっと数値の大きいものにしなければならないし、商品としては20、30といったものがざらにありますから、それくらいあっていいかなと思います。

 

値段が同じなら、最高の50+でもかまわないですよね。

 

悪者である紫外線は、極力避けたいのですから、数値が大きい方がシミ的にもいいかも?と思えてきます。

 

皮膚が丈夫な人は、SPF値が高くてもあまり問題ないようですが、やはり皮膚にのせる以上、全く皮膚への負担がないとはえいないそうです。

 

そこで皮膚科学会では「日常使いであればSPF値20程度」のものを推奨しているそうです。

 

サッカー観戦やデイキャンプなど、もっと外出が長いなら、それよりも大きい数値のものを使うのが、安心度が高まります。

 

 

PA値については、日常使いには++のものを皮膚科の先生は推奨されています。

 

紫外線A波は皮膚の奥まで達するので、+だけより++の表示の方が安心できます。

 

 

海や山リゾートに出かけるときの日焼け止め化粧品

日焼け止め化粧品のSPFとPA

 

さて、日常使いの日焼け止め化粧品の目安がわかったところで、次は海や山に出かけるときです。

 

日焼けを極力さけるには、SPF値50か50+のもので、PA値+++のものが、最も日焼け予防になります。

 

海や山は紫外線が強いので、絶対に塗っておかないとひどい目にあいます。

 

乳液かクリームタイプのものが塗りやすくムラなくつけられます

 

 

肌が弱い方だと、SPF値50という化粧品が負担になることもあるようです。

 

肌が荒れてしまうという場合は、SPF値30くらいまでの、ノンケミカルタイプ(紫外線吸収剤が入っていないタイプ)のものを使うと、荒れが防げることがあります。

 

重ね塗りをして、それからお化粧をする、パウダーファンデーションを仕上げに塗るようにすると、日焼けをしないで済みます。

 

 

日焼け止め化粧品の塗り方

日焼け止め化粧品のSPFとPA

 

日焼け止め化粧品は、500円玉ほどの大きさの量を、顔全体にまんべんなく塗ります

 

首や手の甲にも合わせて塗っておくとさらによいです。

 

そしてパウダーファンデーションをつけておくと、紫外線を散乱させる効果があるので重ねるのをおすすめします。

 

 

日焼け止め化粧品は、お化粧前に一度塗ったらもうOKというのは、日常使いのことです。

 

もし海や山へ行くのなら、厚塗りをしてまずは出かけてください。

 

塗る量に比例して効果があがるので、海や山へいって、ぬれたり汗をかいたりしたら、水分をふきとってもう一度塗り直します。

 

肌の露出しているところにはすべて塗りなおすようにすると、日焼けの効果はあがります。

 

特に海岸で一日過ごすような場合は、マメに塗り直し、一日で一本使い切るくらいの量を塗るのが、日焼けを避けシミの元をつくらないコツといわれています。

 

見えない紫外線ですが、それくらい肌にはいつもいつも降りそそいでいるのを忘れてはいけないですね。

 

 

日焼け止め化粧品のSPFとPA・まとめ

 

日焼け止め化粧品のSPF値とPA値を理解して、日常使いと外出用に適したものを使い分けるようにする。

 

日常使いであれば、SPF値20程度、PA値++が目安。

 

海や山なら、SPF値50か50+のもので、PA値+++が目安。

 

汗や水でとれたら、まめに塗りなおすことで日焼けを完全に予防できる。

 

お化粧の最後にパウダーファンデーションをつけると紫外線錯乱効果でなお効果的。

 

 

 


スポンサーリンク






  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

●エステ顔負けの全身「美」痩せ術

  1. リンパを使ったダイエットを使うので、老廃物がしっかり流れる。
  2. 余分な水分・脂質・老廃物などが、排泄され易い体質になる。
  3. 代謝がアップ。
  4. 無理をしなくても身体がやせていく。
●大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」体験談

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 基礎化粧選び方 スキンケア基本 シミ・しわ・たるみ プラセンタ 脚を細くする方法 化粧品口コミ