シミを予防するために摂るもの

シミを予防するために摂るもの

スポンサーリンク

シミを予防するために摂るもの

シミを予防するために摂るもの

シミをなくしたいと思っている人にとっては、そのためなら何でもしたいくらいの気持ちでしょう。

 

でも、シミをなくすのはかなり難しいといわれています。

 

すぐできるのは、これからシミを作らないと決めること。

 

お化粧品以外でシミをできにくくするためにできること、それはビタミンCを摂ることです。

 

ビタミン剤がシミ予防になるのはよく知られていますから、まずはビタミン剤をとるところからスタートするのが賢い女性のとる道?・・・いえいえ野菜や果物から十分とれますよ。

スポンサーリンク


 

シミをこれから作らないために摂る

 

「いったんできてしまったシミは、ビタミンCを摂取すると消すことができる」といわれていますが、ほとんど効果のほどはないようです。

 

お試しになった方は実感としてどうなのでしょう。

 

ビタミンCの働きには、メラニン色素が作られる時に働くチロシナーゼ酵素の働きを、邪魔する働きがあるので、その意味ではシミの生成を阻止することができるといえます。

 

ですが、ビタミンCは、口から摂取した後、体中をめぐる間にいたるところで必要とされる栄養素です。

シミを予防するために摂るもの

 

そのため皮膚で働くときには、量が不足してしまっていることがあります。

 

またチロシナーゼ酵素の働きを邪魔するにあたって、作られようとしているメラニン色素のすべてを邪魔できるほど、体の仕組みに反する作用は働かないとも言われています。

 

そんな中、最も注目すべきビタミンCの働きは、抗酸化力でしょう。

 

紫外線によって発生した活性酸素を、ビタミンCが取り除き、皮膚を守る働きをするので、これからできるシミを予防するには効果的といえるのです。

 

実験データとしては、海や山に行く2週間前くらいから、ビタミンCを摂取するとシミ予防に効果があるというものもあります。

 

 

メラニンができるのは有害物質から体を守るため

 

メラニン色素はシミになるので、できてほしくないというのが女性の願いですが、メラニン色素はシミを作るために存在するわけではないのです。

 

メラニン色素は真皮の奥で紫外線を吸収する役割を持っています。

 

紫外線をそれ以上奥に送り込まにように、そこから下にカーテンを敷くような役割です。

 

紫外線が真皮の下に到達すると、細胞のDNAを傷つけ、がんを発生させるきっかけにもなるので、体にとっては有害な存在です。

 

そんな紫外線という有害物質から体を守る役目がメラニン色素にはあるので、メラニン色素を作らなくさせる作用の物質を、いつも受け入れてばかりもいられない、メラニンの気持ちになるとそんな複雑な心境なのかもしれません。

 

 

ビタミンCの摂り方

 

これからシミを作らないために、ビタミンCをできるだけ取り入れる生活習慣を持ちたいものです。

 

サプリメントでとる方法もありますが、体への吸収率はよいとはいえません。

 

尿が黄色くなって排出されるのを見ると、あまり吸収されていないと専門家は言います。

 

その代り野菜を摂るようにしてみると、尿の色は変化なく、皮膚の状態は改善されていくといいます。

 

シミを予防するために摂るもの

やはりビタミンCを多く含む食べ物で、体を改善していく方がよいような気がします。

 

ビタミンCを多く含む食べ物に、レモンがありますが、レモンに含まれる「ソラレン」という物質が紫外線に敏感になる作用があり、シミができやすくなるので要注意です!

 

そのためビタミンC摂取のためにレモンを食べるのは、ちょっと待ってください。

 

ソラレンはシミを作りやすくしてしまうのですが、数時間で代謝されてしまうため、朝や昼に食べるのはよくないですが、夜とるのなら問題はありません

 

同じくソラレンを含む食品に、パセリやクロレラがあります。

 

レモンと同じに夜の摂取はOKです。

 

 

ビタミンCを多く含む野菜には、赤ピーマン、菜の花、ブロッコリー、カリフラワー、キャベツなど。

 

果物では、イチゴ、柿、キウイ、グレープフルーツなどがあります。

 

水洗いや熱で消滅するとされていますので、長時間ゆでる調理は避けた方がよいでしょう。

 

 

ビタミンCを多く含むお茶に、ローズヒップティーがあります。

 

ノンカフェインのハーブティーですから、これなら寝る前などでも飲むことができます。

 

 

シミを予防するために摂るもの・まとめ

 

発生した活性酸素を、ビタミンCが取り除き、皮膚を守る働きをするので、これからできるシミを予防するにはビタミンCは効果的。

 

ビタミンCをたくさん摂っても、できたシミが消えることはまずないようです。

 

メラニン色素は体を守るために働くので、メラニン色素が活発に働かないよう紫外線を避けるようにする。

 

ビタミンCはサプリメントではあまり意味がないようなので、野菜や果物から摂取するのが理想。

 

レモンはビタミンC目的なら、夜のみにする。

 

 


スポンサーリンク






  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

●エステ顔負けの全身「美」痩せ術

  1. リンパを使ったダイエットを使うので、老廃物がしっかり流れる。
  2. 余分な水分・脂質・老廃物などが、排泄され易い体質になる。
  3. 代謝がアップ。
  4. 無理をしなくても身体がやせていく。
●大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」体験談

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 基礎化粧選び方 スキンケア基本 シミ・しわ・たるみ プラセンタ 脚を細くする方法 化粧品口コミ