骨盤で走る・姿勢がよくなりより速く走れる方法

骨盤で走る・姿勢がよくなりより速く走れる方法

スポンサーリンク

骨盤で走る・姿勢がよくなりより速く走れる方法

骨盤走り

「骨盤で走る」ようにすると、歩幅が広くなって姿勢よく走れるだけでなく、より早く効率よく走れるというのです。

 

その骨盤走りを今指導しているのが、マラソンランナーの谷川真理さん。

 

市民ランナーからトップランナーになって走っているときは、そこまで考えて走っていなかったそうですが、指導者となって、走りの研究を重ねたところ、効率よく走れる方法にたどりついたそうです。

 

 

大腰筋の解放が先

 

私たちの体は長年の生活習慣で、歩き方が人それぞれ固まってしまっています。

 

その一定の歩き方に神経が支配されているのだそうです。

 

でも骨盤を動かすことで、神経の支配から卒業できるというのです。

 

・・・・・ということは新たな体の動きを手にいれることができる、わけです。

 

 

詳しくいうと、骨盤には背骨と足の付け根の骨を結ぶ大腰筋があります。

 

大腰筋があるからこそ、歩いて前に進める大事な筋肉です。

 

これが今までの習慣で一定の動きしかできなかった大腰筋を、解放し、より幅広く早く走れるように改造するということです。

 

 

そのためにはどうしたらいいか・・・

 

骨盤を柔軟にして、より走れるようにするには・・・

 

 

モデルウォーキングから始める骨盤走り

骨盤走り

モデルウォークを練習する

 

骨盤と一緒に足を踏み出すようにする。

 

背骨を伸ばしながら、みぞおちから足がつながっているつもりで。

 

それを意識して歩く練習をします。

 

 

お尻歩きを練習する

 

床に座り足を前方に出し、お尻で前に歩く。

 

できるだけ遠くに骨盤を出すようにし、後ろにも歩く。

 

骨盤周囲の筋肉を柔らかくできるとのこと。

 

 

骨盤走りのための骨盤歩き

 

骨盤を安定させつため、腕を組んで上半身を安定させて、骨盤から足を出すように歩く。

 

骨盤に意識を集中させて。

 

骨盤歩きがスムーズにできるようになったら、うでをほどいて骨盤を意識して走ってみる。

 

 

骨盤走りを習得するためには、骨盤歩きをまず習得してからだそうです!

 

 

指導してくれたマラソンランナーの谷川真理さんは、ほっそりした体でも、芯がしっかりとある頑丈そうなお体でした。

 

無駄な脂肪がなくて、あんな体になれたら、元気ではつらつとした毎日が過ごせそうです。

 

 

骨盤で走る・まとめ

 

骨盤で走れるようになると、歩幅が広がって姿勢がよくなる。

 

そしてより速く効率よく走れるようになります。

 

まず骨盤の動きを柔らかくするために、モデルウォークを練習し、お尻歩きも練習する。

 

骨盤走りができるように、骨盤歩きから始める。

 

 

 

ランニングを趣味にしている人にも、ウォーキングを趣味にしている人にもいいなと思ってまとめました。

 

4月22日の朝のNHK7時半ごろに、短い健康コーナーがあって、そこで取り上げられていました。

 

こんないい話、スタッフ仲間にも教えてあげよう!

 

 

美容健康ピピッとびっくりCOMスタッフ:レモン

 


スポンサーリンク






  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

●エステ顔負けの全身「美」痩せ術

  1. リンパを使ったダイエットを使うので、老廃物がしっかり流れる。
  2. 余分な水分・脂質・老廃物などが、排泄され易い体質になる。
  3. 代謝がアップ。
  4. 無理をしなくても身体がやせていく。
●大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」体験談

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 基礎化粧選び方 スキンケア基本 シミ・しわ・たるみ プラセンタ 脚を細くする方法 化粧品口コミ