コラーゲンって何?特徴を知って利用するために

コラーゲンって何?特徴を知って利用するために

スポンサーリンク

コラーゲンって何?特徴を知って利用するために

尿トラブル改善

「コラーゲン」は美容に関係のある成分の中で知名度は定着してきていますね。

 

ローヤルゼリーもそうですが、ほとんど毎日聞くようになった成分です。

 

どうしてこんなにもてはやされているかというと、「コラーゲン」は人間の身体、特に女性の身体を美しくする上で、非常に大きな効果が期待できるからです。

 

ですから美容目的の商品だけではなく、健康食品など様々な食品にも含まれるようになりました。

 

とはいってもその特徴や働きを知っているかといわれたら、正確に答えられる人は少ないのではないでしょうか。

スポンサーリンク


 

コラーゲンの正体はタンパク質

 

そこで「コラーゲン」は美容に良いらしいその理由を、もっと納得して体に取り入れていきたくなりましたので、調べていったんです。

 

そもそも「コラーゲン」は、摂り方だけでもいろんな方法があるのです。

 

食事に時間をさけないという人向けに、コスト面で抑えたいという人向けに「コラーゲンドリンク」が開発され、利用する人も増えています。

 

「コラーゲンドリンク」は「飲むヨーグルト」と同じ発想で、「コラーゲン」を摂取することのできるドリンクです。

 

飲むだけという手軽さが受けています。

 

こういった商品が開発されることでより「コラーゲン」を意識している人が、若い人達だけでなく中高年の人達の間にも流行っているようなのです。

 

なんかいいらしい「コラーゲン」、その正体は?というと。

 

「タンパク質の一種」です。

 

タンパク質なのですから、人間に限らずほとんどの動物の中に「コラーゲン」は存在しています。

 

そして、体内の様々な箇所に「コラーゲン」は存在しているのです。

 

人の体でいうと、表皮の下にある真皮が最もわかりやすく割合的にも多いです。

 

他にも、骨や軟骨、靭帯、腱といった、人の身体を形成する上で非常に重要な部分に「コラーゲン」は存在しています。

 

そして「コラーゲン」は、タンパク質の中でも主要なタンパク質で、実に体内の全タンパク質の3割が「コラーゲン」なのです。

 

 

人間の身体にとって、「コラーゲン」はなくてはならないものなのですね。

 

そのため「コラーゲン」を摂取するということは、同時に身体の主成分を補うという意味にもなるわけです。

 

 

コラーゲンには危険性がない

 

それまでは外から摂りいれたことのないタンパク質を、体の中に補えるようになった、これは画期的なことで、コラーゲンの重要性はあまりにも大きいのです。

 

「コラーゲン」そのものには、身体に悪い成分やリスクがあるわけではありません。

 

そのため摂取すること自体に何ら問題はなく、その働きを知らないままに摂取し続けても危険が伴うということはありません。

 

でも、「コラーゲン」にどんな働きが期待できるのかということを知っておけば、自分にとっての必要量、より効率の良い摂取の仕方などがわかってきます。

 

そうすればコスト面でも、体調管理の面でも、自分の求める方法でコントロールできるようになるはずです。

 

 

コラーゲンの種類と働き

尿トラブル改善

体に必要なタンパク質のひとつであるコラーゲンは、数種類のコラーゲンに分類されます。

 

種類がちがえば働きも違います。

 

通常摂取できるコラーゲン、医薬品や健康食品、化粧品等に含まれる「コラーゲン」は、次の1〜4四種類の中のどれかに分類されます。

 

特徴をみてみると、

 

「1型コラーゲン」は、「線維性コラーゲン」の一種という分類です。

 

この「線維性コラーゲン」が人間の体内の「コラーゲン」の中でも最も多く存在しているので、コラーゲンといえばコラーゲン線維と同義語のように言われることもあります。

 

「1型コラーゲン」は、骨に対して弾力性を持たせ、皮膚を強くするなどの働きがあります。

 

「2型コラーゲン」も「線維性コラーゲン」の一種で、こちらは関節痛を和らげる働きがあります。

 

「3型コラーゲン」は細胞の足場となる「コラーゲン」で、「1型コラーゲン」と共存していることの多い「コラーゲン」です。

 

「4型コラーゲン」は四種類の中で唯一の非線維性「コラーゲン」で、上皮細胞の足場となる働きがあります。

 

人の身体の中のタンパク質中、実に30%を占める「コラーゲン」は、年齢とともに減少していくのがわかっていますので、それを補おうとして、医薬品等として利用されているわけです。

 

その中でもドリンクという形状であれば、一番摂取しやすいというわけで、若々しさを維持したい人に人気の商品になっています。

 

 

コラーゲンの特徴を知る・まとめ

 

体内のタンパク質の3割がコラーゲン。

 

摂りいれている四種類のコラーゲンは、主に骨や関節、皮膚を強くする働きがある。

 

体内への危険性がないので、食品や化粧品などに多く利用されている。

 

老化で減少するコラーゲンを補うので、健康と美容によいと人気の高い成分。


スポンサーリンク






  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

●エステ顔負けの全身「美」痩せ術

  1. リンパを使ったダイエットを使うので、老廃物がしっかり流れる。
  2. 余分な水分・脂質・老廃物などが、排泄され易い体質になる。
  3. 代謝がアップ。
  4. 無理をしなくても身体がやせていく。
●大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」体験談

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 基礎化粧選び方 スキンケア基本 シミ・しわ・たるみ プラセンタ 脚を細くする方法 化粧品口コミ