コラーゲンが美容と健康のここに効く

コラーゲンが美容と健康のここに効く

スポンサーリンク

コラーゲンが美容と健康のここに効く

コラーゲンの美容健康効果

1990年代以降、様々な美容関連商品が出てきましたが、その中でも「コラーゲン」に関係のあるものはかなり商品の種類が増えています。

 

飲み物としてよく利用されている「コラーゲン」ですが、数えきれないほどの種類の「コラーゲンドリンク」が開発、販売されています。

 

店頭にいくつも並んでいるのを目にしますね。

 

「コラーゲンドリンク」を飲む効果は、美容にも健康にもその良さを発揮しますが、効果は複数期待できるのです。

スポンサーリンク


 

美容面での「コラーゲン」効果

 

「コラーゲン」をとる理由の最大の理由は、たぶんキレイになれるというものでしょう。

 

美容効果を発揮する場所は、肌や皮膚、女性に人気が高いのはそのためです。

 

人の肌と呼ばれている部分は、見た目でわかるいわゆる「表皮」の部分です。

 

ただ、皮膚というのは、表皮だけで構成されているわけではありません。

 

その下にある「真皮」という組織があって、表皮を支えているからこそ、皮膚としてあり続けられるのです。

 

そして、この真皮の主成分のひとつが「コラーゲン」というわけです。

 

「コラーゲン」は弾力やハリの元になるので、これが少ないと真皮はしぼんでしまい、シワやたるみといった症状が出てくるのです。

 

すると見た目年齢は、上がってしまいます。

 

そのため、肌のツヤやハリをキープするためには、真皮を若いころと同じ状態に保てるというのが理想で、それに近づくのが、「コラーゲン」に期待する効果です。

 

真皮を肌の衰えさせずにキープする効果があるというので、「コラーゲン」摂取を積極的ぬするようになっているわけです。

 

美容面での「コラーゲン」の働きは、目に見えない部分で肌を支える真皮の状態を良好にし、肌にハリを持たせるから、このことをまず覚えておきましょう。

 

 

「コラーゲン」が健康に良いというわけ

 

コラーゲンが美容によいという話題は、雑誌やテレビの広告でもよくやっていますね。

 

一度で効果がでるようなものでもないので、継続して「コラーゲンドリンク」を飲んでいる人が多いと思います。

 

具体的にどんな風に健康に作用するかというと、ひとつは、アトピー性皮膚炎の軽減に効果が期待できるという一面があります。

 

アトピー性皮膚炎は、子供や思春期になりやすく、原因が複雑なので根本的な治療が難しいといわれています。

 

治療の難しさの中でも、特に免疫力の低下が関与している点です。

 

免疫力とは血液中の白血球が、体内に入った毒物や古い細胞等を消化する能力のことで、この力が衰えてしまうと皮下組織に毒物等の不要物が溜まって、各部位に炎症を起こすことになります。

 

そして、免疫力の衰えの原因が「コラーゲン」不足であるということが証明されているのです。

 

そのため「コラーゲン」の摂取は、アトピー性皮膚炎を防ぐことになり、注目度がたかいのです。

コラーゲンの美容健康効果

 

さらに「コラーゲン」の役割のひとつとして「関節痛の軽減」があげられます。

 

関節痛もやっかいな病気で、治療が長引き根治しにくいといわれています。

 

関節痛の原因のひとつに、コラーゲン不足があります。

 

「コラーゲン」は、軟骨における主成分のひとつで、不足してしまうと軟骨が磨り減りやすくなってしまいます。

 

骨と骨のクッションの役目の軟骨が減って、傷みを引き起こしてしまうのです。

 

まさに軟骨の主成分の不足を補う目的で、活用されいるのです。

 

 

そして「コラーゲン」は動脈硬化の予防も期待されています。

 

「コラーゲン」は血管を構成する物質のひとつでもあり、摂取することにって血管が強化されるとされます。

 

傷ついたり弱くなった血管を増強することができるため、動脈硬化を防ぐことにつながるのです。

 

 

コラーゲン不足で起こるその他の症状

コラーゲンの美容健康効果

「コラーゲン」は人の体内に、非常にたくさんの部位に存在しており、なくてはならない成分です。

 

年齢とともに減少し、弱くなっていく体内のコラーゲン、高齢になって不足が進むと、体に支障がでてきます。

 

美容面では、シワやたるみとして表れますが、年齢があがると関節の動きが悪くなり、腕や足が動かしにくくなったり痛みがでたり、ひどくなると歩行さえできなくなります

 

また歯周病の原因にもなっています。

 

これらは「コラーゲン」の不足によって引き起こされるもので、歯茎の中の組織のひとつ、関節の中の組織のひとつとして、働かなくなったことによるわけです。

 

 

歩くこと、食べることは、生きる上で最も根幹にかかわることですから、「コラーゲン」の不足は大問題といっていいでしょう。

 

40代ともなると減少傾向が大きくなるといわれているので、体の内側から補充できれば、老化として扱われていた病気にも、ならずに済むかもしれません。

 

もちろん歩行困難や歯周病には、「コラーゲン」以外の要素も関わっているので、これだけ摂取していれば安心というものではありません。

 

しかしながら、健康面での貢献度が高いために、利用してみたいと思う人は増えています。

 

色々な製品・商品が出てくる中、高品質なものを求めて、さらに開発がすすんでいます。

 

 

まとめてみると

 

「コラーゲン」はシミしわ予防に効果的。

 

アトピー性皮膚炎の軽減、関節痛の軽減に効果的。

 

歩行を支え、歯周病予防に効果的。

 

年齢とともに不足してくる必須の成分を、外から補充するためによりよい「コラーゲン」商品が求められ利用されている。


スポンサーリンク






  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

●エステ顔負けの全身「美」痩せ術

  1. リンパを使ったダイエットを使うので、老廃物がしっかり流れる。
  2. 余分な水分・脂質・老廃物などが、排泄され易い体質になる。
  3. 代謝がアップ。
  4. 無理をしなくても身体がやせていく。
●大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」体験談

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 基礎化粧選び方 スキンケア基本 シミ・しわ・たるみ プラセンタ 脚を細くする方法 化粧品口コミ