コラーゲン副作用なしだけど注意点はあります

コラーゲン副作用なしだけど注意点はあります

スポンサーリンク

コラーゲン副作用なしだけど注意点はあります

コラーゲンの注意点

サプリメントや美容成分で、摂りすぎが体に悪影響があるなど話題になった成分がありましたから、コラーゲンはどうかしら?と気になる方もあるかもしれません。

 

特に美容にいい、老化が防止できるとなると、できるだけたくさん摂取しておこうと考えるかもしれません。

 

美容にいいはずのものが、逆に働くことになっては大変です。

 

まして健康被害などになっては元も子もありませんので、心配は残りますね。

スポンサーリンク


 

コラーゲンの一日の摂取量は

 

そこで結論的には、常識的な範囲なら「コラーゲン」を摂り過ぎることで問題が生じることはありません。

 

あまりにも大量に摂取しすぎると腎臓に負荷がかかってしまいます。

 

こうしたことはあらゆる成分、あらゆる食品に関していえることであって、「コラーゲン」特有の副作用ではありません。

 

適量を上回る量を摂ったからといって、その分だけ肌がツルツルになって美容効果が上がるというものではありません

 

ですから、老化を早く防ぎたいからといって多量に飲んでも、あまり意味はありませんから、経済的にも無駄になるでしょう。

 

 

摂取量はあくまで適量がよいのです。

 

「コラーゲン」の摂取量として適切な量は、一日に5グラム程度です。

 

元々体内にある成分のコラーゲンは、1日あたり2グラム程損失するといわれており、5グラム摂取すれば補充は十分できることになります。

 

これから摂取しようという方は、「コラーゲン」の含有量をチェックし、一日に摂れる量を確認しておくと良いですね。

 

 

何を期待してコラーゲンを摂るか

コラーゲンの注意点

「コラーゲンの働きを全部体に効かせたい」と欲張って考えているのは私だけでしょうか。

 

動脈硬化予防や歯周病予防、美肌効果などがあると聞くと、どれも効果的に働いてほしいと考えてしまうのです。

 

でもコラーゲンだけでは、その働きができないのです、残念ながら。

 

そこでコラーゲンが有効に働いてくれるために、合わせて摂らなくてはならない成分が出てきます。

 

例えば、健康面を重視するなら、ビタミンCと一緒に摂取するのが得策です。

 

なぜなら「コラーゲン」はタンパク質なので、タンパク質を体内で吸収しやすくするためには、ビタミンCを一緒に摂取するのが一番よいといわれているのです。

 

ビタミンCには、「コラーゲン」の吸収を助けるだけでなく、体の調整作用をするのに欠かせないビタミンです。

 

抗酸化力のある、シミを作りにくくする成分でもあるビタミンCは、案外摂取しにくいといわれているので、効率的にとるためにも一緒に配合されているものがよいでしょう。

 

 

美容面を優先してコラーゲンを摂ろうとするなら、コエンザイムQ10と同時に摂取するのがおすすめです。

 

なぜなら、「コラーゲン」は、コエンザイムQ10があってはじめて効果的になる成分だからです。

 

コエンザイムQ10は細胞にエネルギーを与える補助成分なので、「コラーゲン」を細胞に届けるために必要になるものだからです。

 

いくらコラーゲンが優れた成分だからといって、単独で体内で働くことはできないというわけです。

 

一日の摂取量が5グラムくらいが適量とされるコラーゲンですが、健康食品やコラーゲンドリンクなどの中には、含有量のかなり多いものもあります。

 

摂り過ぎに害はないとはいえ、体内に不要物等になって残ることはありません。

 

不必要な分は、対外へ排出されるようになっているので、その点はあまり神経質にならなくてもよい成分です。

 

 

コラーゲンの注意点・まとめ

 

コラーゲンの一日の必要量は5グラムで十分な量、それを目安に。

 

美容面か健康面かのどちらを重視するか、利用目的をしぼることで他の含有成分を見極める必要がある。

 

過剰摂取しても特に問題はない。

 

 

 


スポンサーリンク






  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

●エステ顔負けの全身「美」痩せ術

  1. リンパを使ったダイエットを使うので、老廃物がしっかり流れる。
  2. 余分な水分・脂質・老廃物などが、排泄され易い体質になる。
  3. 代謝がアップ。
  4. 無理をしなくても身体がやせていく。
●大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」体験談

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 基礎化粧選び方 スキンケア基本 シミ・しわ・たるみ プラセンタ 脚を細くする方法 化粧品口コミ