進化した低分子コラーゲンとコラーゲン注射のこと

進化した低分子コラーゲンとコラーゲン注射のこと

スポンサーリンク

進化した低分子コラーゲンとコラーゲン注射のこと

低分子コラーゲンとコラーゲン注射

工夫を凝らした「コラーゲン」ペプチドと低分子コラーゲンの開発で、より効果が期待できる健康食品ができています。

 

研究が進むことで、コラーゲンの活用範囲は広まり、健康美容へ確実に貢献しています。

 

美容外科では「コラーゲン」注射の絶大な効果も認められ、シワやたるみの改善ができると利用が広まっています。

 

知っているようで知らないコラーゲンの裏事情をみてみます。

スポンサーリンク


 

「コラーゲン」ペプチドで吸収率アップ

 

海洋性のコラーゲンが知られるようになり、普及もすすんでいく中で、コラーゲンへの関心はいっそう高まりました。

 

研究もすすみ、より「コラーゲン」をより吸収しやすいようにと開発されたのが、「コラーゲン」ペプチドです。

 

 

「コラーゲンペプチド」は、「コラーゲンペプタイド」とも呼ばれていますが、その内容というのは、「コラーゲン」の分解、そして低分子化を行ったものです。

低分子コラーゲンとコラーゲン注射

 

平たくいえばコラーゲンを加工したものです。

 

こうした加工をするにいたった理由は、「コラーゲン」に構造上の欠点があったからです。

 

「コラーゲン」は、アミノ酸が鎖状になって螺旋状に巻きついた構造になっています。

 

このままの形状では体内に摂取する際に、小さいけれど問題があるという研究が発表されました。

 

そこでそれを改善するため、低分子化分子量を小さくし、吸収しやすく加工したわけです。

 

それが現代汎用されるようになった「コラーゲン」ペプチドなのです。

 

「コラーゲン」ペプチドのメリットは、第一に吸収率の高さです。

 

さらにそれだけではありません。

 

「コラーゲン」製品として、より多くの製品を生み出すきっかけにもなったのです。

 

じつは「コラーゲン」は冷却するとゲル化してしまうという性質があって、それが製品開発の妨げとなっていました。

 

ですが、「コラーゲン」ペプチドではゲル化の現象が起こらず、低温でも形を保持するので、商品加工という点で大きく可能性を広げることができました。

 

その恩恵によって誕生したのが、おなじみになった「コラーゲンドリンク」です。

 

「コラーゲンドリンク」は、従来の「コラーゲン」の性質では商品化できなかったのですが、「コラーゲン」ペプチドの誕生によってドリンク化(液状)に成功したというわけです。

 

あまり知られることのない低分子化ですが、その恩恵は新商品の数々へとつながっていきました。

 

 

低分子「コラーゲン」の効果

低分子コラーゲンとコラーゲン注射

「コラーゲン」ペプチドの誕生によって、「コラーゲンドリンク」が生まれるなど「コラーゲン」製品の幅はぐんとひろがりました。

 

「コラーゲンドリンク」の出現は、それまで健康食品としての「コラーゲン」に、とっつきにくさを感じていた多くの人が、摂取しやすい商品としてコラーゲンを意識できるようになりました。

 

気軽に「コラーゲン」をとることができるというのは、画期的です。

 

飲みやすさや価格、成分の面から見ても、あらゆる点で改良された「コラーゲン」製品は、近年最も多くの人が摂取している健康、美容食品ではないでしょうか。

 

そんな人気のある「コラーゲン」製品ですが、進化はよりいっそう進み、現在では低分子「コラーゲン」というものも誕生しています。

 

低分子「コラーゲン」は、「コラーゲン」ペプチドの誕生の過程で生まれたもので、よりコラーゲンを吸収しやすい状態にする方法でもあります。

 

低分子化をさらに強めて、分子量8,000以下に抑えたものを、主に低分子「コラーゲン」といっています。

 

つまり低分子「コラーゲン」というのは一定以上の分子量に抑えた「コラーゲン」という意味です。

 

この分子の一定量が設定されたことで、「コラーゲン」製品も変化することになります。

 

今までは、「コラーゲン」製品をよかれと思い購入していた人が、「コラーゲン」の加工工程に関しても関心を抱くようになったのです

 

結果的に低分子化の需要が伸び、さらに低分子化が進み、最適の吸収率を持った分子量の研究や配合がされるようにいます。

 

「コラーゲン」の分子は、あまり小さ過ぎてもいけないということがわかっているため、どこかに最適の分子量がある、ということが近年の研究によって判明しています。

 

今後もさらに改良され、加工も複雑になって、吸収のよい効果の高い商品になっていくことでしょう。

 

 

コラーゲン注射でシワたるみとりも

低分子コラーゲンとコラーゲン注射

コラーゲンというと、食べ物でとったりドリンクでとったりする方法が一般的です。

 

さらにコラーゲン摂取の方法には、食べるだけでなく、注射もあります。

 

そう、美容に明るい人にはわかると思いますが、「コラーゲン」注射が美容外科では行われています。

 

これは皮下組織に直接「コラーゲン」を注入するという方法で体に摂りいれます。

 

シワやたるみを外科手術で取り除くという美容整形のうち、特に「コラーゲン」注射は有名でしょう。

 

手軽にできる、時間がかからない、入院もいらないということで、近年ではシワたるみ手術では、これが主流になっているようです。

 

「コラーゲン」注射の効果はすぐに目に見えてわかります。

 

効果そのものが100%でる(くらいの効果と思われます)ことも、利用者が増えている理由でしょう。

 

肌にハリとつやが戻り、10歳は若返って見えるようになります。

 

でも、この「コラーゲン」注射、まったくのノーリスクではないようで、アレルギー反応を起こすころもあるようです。

 

「コラーゲン」を体内に直接注入することで、皮膚が赤く腫れあがる、かゆみがおこるなどの例もありますので、事前に医師と相談が必要です。

 

「コラーゲン」注射は、他の美容関連の注射であるヒアルロン酸注射などに比べると、比較的アレルギーが出にくいとはいわれていますが。

 

効果は絶大ですが、一定期間経過すると、もとの姿に戻るので、再度の施術が必要になってきます。

 

 

進化した低分子コラーゲンとコラーゲン注射・まとめ

 

コラーゲンを加工したコラーゲンペプチドは、吸収率を高め、さらにドリンク化に成功した。

 

低分子コラーゲンの誕生で、さらに人の体に最適な吸収率に、加工工程も変化しさらなる商品開発のきっかけになっている。

 

美容外科で行われているコラーゲン注射は、シワ、たるみとりに非常に効果があり、早く効くと評判です。

 

ただ皮膚に注射するため、アレルギー反応を起こすこともあり、リスクもある。


スポンサーリンク






  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

●エステ顔負けの全身「美」痩せ術

  1. リンパを使ったダイエットを使うので、老廃物がしっかり流れる。
  2. 余分な水分・脂質・老廃物などが、排泄され易い体質になる。
  3. 代謝がアップ。
  4. 無理をしなくても身体がやせていく。
●大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」体験談

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 基礎化粧選び方 スキンケア基本 シミ・しわ・たるみ プラセンタ 脚を細くする方法 化粧品口コミ