コラーゲン不足は肌老化だけでなく骨や血管にも悪影響

コラーゲン不足は肌老化だけでなく骨や血管にも悪影響

スポンサーリンク

コラーゲン不足は肌老化だけでなく骨や血管にも悪影響

コラーゲン不足は肌老化だけでなく骨や血管にも悪影響

コラーゲンは、体の隅々に存在して、身体の機能を活かす働きをしています。

 

しかしながら年齢が上がると、誰でもコラーゲンの生産力は減ってしまいます。

 

体の各部で働いているコラーゲンが減っていくと、どんな影響を受けるのかをみていきます。

 

コラーゲン製品が求められる理由もきっとわかってくでしょう。

スポンサーリンク


 

コラーゲン不足が見た目の老化を招く

 

「アンチエイジグ」の美肌のためには何がいいかといえば、たいてい「コラーゲン」と答えがかえってくるでしょう。

 

それだけコラーゲンの話題は、あちこちでされています。

 

お肌によいと評判のコラーゲンですが、どのようにお肌に影響するのでしょう。

 

 

まずコラーゲンは、皮膚や関節に主に存在しています。

 

そして体のあらゆるところにあって、細胞と細胞を繋ぎ合わせる働きをしています。

 

例えば肌には、水分とそれ以外の組織がありますが、水分を取り除いた約7割がコラーゲンとも言われるのです。

 

それほどに重要な部分をしめていて、身体に無くてはならないものなのです。

 

肌のハリは、細胞同士をつなぎ合わせるコラーゲンが支えている、コラーゲンによってハリのある肌が保てるといって過言ではありません。

 

またコラーゲンには水分保持力があるので、コラーゲン内に蓄えた水分で、いっそう肌に弾力を持たせているのです。

 

そんな肌にとって大切なコラーゲンですが、若いころは新陳代謝によって新しいコラーゲンが順調に作り出されているのですが、年齢を重ねると徐々に新陳代謝が悪くなります。

 

ゆっくりとコラーゲンの生成力も悪くなり、コラーゲンの量が減ると肌全体の細胞の支えが衰え、ゆるんだハリのない皮膚へと変化していきます。

 

コラーゲンの量が減ると、総量としての水分保持量も減り、弾力のなさそうな肌へと変化してしまうのです。

 

外見として、老けた印象の顔になってくるのは、そうしたコラーゲンの減少が大きくかかわって今っす。

 

こうした老化現象を食い止めるために、コラーゲンを摂取してくのがアンチエイジング対策になるわけです。

 

 

骨折や循環器の病気にも招くコラーゲンの不足

 

肌以外の場所でも、コラーゲンは大きな働きをしています。

 

コラーゲンは内臓等の臓器も作っている成分です。

 

そのため不足すると、内臓の機能の低下をもたらします。

 

コラーゲン不足は肌老化だけでなく骨や血管にも悪影響

また毛の細胞にもコラーゲンは必要不可欠で、不足すると髪の毛が細くなってしまったり、パサパサに乾燥ぎみの髪になってしまいます。

 

その他、骨の形成にもコラーゲンは関与しています。

 

足りなくなると骨粗しょう症になりやすく、軟骨の部分のコラーゲンが不足すると、骨や膝が変形してしまったりするなど、変形とともに傷み、骨折といった症状をもたらします。

 

その上コラーゲンは、血管にとっても重要な成分です。

 

血管はご存じのとおり、体の隅々に酸素や栄養を運んだり、不要な物を体外に排出してくれたりする大切なものですが、この血管そのものを丈夫ににしているのもコラーゲンです。

 

内部を流れる物質によって、血管壁が傷つけられても、コラーゲンがその傷を治しているのです。

 

血管の修復は絶えず行われていて、コラーゲンが不足すると、その修復作業ができず、もろく弱い血管になってしまいます。

 

そうなると傷ついた血管はさらに傷つきやすくなり、体への悪影響も出てくるようになってしまいます。

 

このように、コラーゲンが不足すると、見た目の衰えだけでなく、骨折や循環器の病気にも発展しかねません。

 

美容のためにコラーゲンをというだけでなく、体の健康維持のためにも、必要不可欠な存在だといえます。

 

 

加齢によるコラーゲン生成力の衰え

コラーゲン不足は肌老化だけでなく骨や血管にも悪影響

コラーゲンは、身体の中でも皮膚の中により多く含まれています。

 

コラーゲンの量の変化は、紫外線や環境によっても変化しているといいますが、一番大きな変化を見せるのは、加齢による変化です。

 

年齢を重ねると、コラーゲン自体の生成力が衰えてきてきます。

 

そしてある時点からは、コラーゲンの生成よりコラーゲンを分解していく量の方が多くなってきてしまうことで、コラーゲンが足りなくなり、肌の老化現象が引き起こされてくるのです。

 

老化現象の主なものは、シミ、シワ、たるみといた現象です。

 

40代の半ばともなると、いずれかの悩みを持つ女性が増えてきます。

 

コラーゲンの生成力は20代の半ばから衰えてくるようです。

 

不規則な生活を続けると、コラーゲン再生力はいっそう衰えを加速するようです。

 

不足してくるコラーゲンを、なんとか補いたいという願いが女性の中にはあります。

 

コラーゲンが体の中に十分不足なく存在することで、健康な体の維持に貢献しているので、一般人だけでなく、モデルやスポーツ選手にも人気があります。

 

コラーゲンは飲むだけでなく、直接肌に塗り込む事で、皮膚の水分保持力を保ったり、外部からの肌刺激を緩和させたりすることもできます。

 

コラーゲンを利用していると、活力がみなぎってきた、目覚めが良くなった、便秘解消になったという体調の変化を感じることもあるようです。

 

また冷え症が治った、生理不順が緩和された、あるいは二日酔いが無くなったといった声もでています。

 

もちろん髪の毛や肌にツヤと張りが出てきたといった美容面の効果もあるといわれています。

 

いろんな効果が期待できるのがコラーゲンです。

 

年齢が上がって、肌の衰え、髪の衰え、体調不良などの改善に、また健康増進を目的として、これからも大いに利用が進んでいくと思います。

 

 

コラーゲン不足は肌老化だけでなく骨や血管にも悪影響・まとめ

 

コラーゲンの生成力が悪くなると、コラーゲンの量が減り肌全体の細胞の支えが衰えます。

 

そのためゆるんだハリのない皮膚へと変化していきます。

 

骨の形成、血管の形成にもコラーゲンは関与しています。

 

コラーゲンの不足は、骨折や循環器の病気を招くことにもなります。

 

加齢によってコラーゲンの量は誰もが減少します。

 

外部から内部から補うことで、髪・肌・便秘解消、体力増進などにいい影響があるとされています。

 


スポンサーリンク






  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

●エステ顔負けの全身「美」痩せ術

  1. リンパを使ったダイエットを使うので、老廃物がしっかり流れる。
  2. 余分な水分・脂質・老廃物などが、排泄され易い体質になる。
  3. 代謝がアップ。
  4. 無理をしなくても身体がやせていく。
●大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」体験談

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 基礎化粧選び方 スキンケア基本 シミ・しわ・たるみ プラセンタ 脚を細くする方法 化粧品口コミ