コラーゲンとヒアルロン酸・ペプチド・ビタミンCとの深い関係

コラーゲンとヒアルロン酸・ペプチド・ビタミンCとの深い関係

スポンサーリンク

コラーゲンとヒアルロン酸・ペプチド・ビタミンCとの深い関係

コラーゲンとヒアルロン酸・ペプチド・ビタミンCとの深い関係

コラーゲンはヒアルロン酸・ペプチド・ビタミンCとも、深いかかわりをもっています。

 

この中でもビタミンCのことはよくご存じの方もあるでしょう。

 

コラーゲンとともに美肌効果があるという点で、女性にとっては欠かせないものです。

 

お肌を健康で美しく保つために、ヒアルロン酸・ペプチド・ビタミンCとコラーゲンの関係を、もっとよくみてみますね。

スポンサーリンク


 

コラーゲンとヒアルロン酸の関係

 

すでにヒアルロン酸の名前はご存じかもしれません。

 

化粧品やサプリメント等で近年、メディアでもよく登場しています。

 

このヒアルロン酸という成分は、表面の皮膚の下の真皮の中にあって、肌にとって大切な役割を持っている成分です。

 

そのことはコラーゲンと同じですね。

 

コラーゲンとヒアルロン酸・ペプチド・ビタミンCとの深い関係

ヒアルロン酸は保湿効果が高く、保水力のある成分で、これによってお肌に潤いとハリをもたらす効果が大きいのです。

 

そのヒアルロン酸ですが40歳を過ぎてくると、体内で生成する力が衰えて来るようになります。

 

そのため、今までのようなハリや潤いのあった肌が、衰えてくるようになります。

 

このシステムも、コラーゲンのシステムと一緒ですね。

 

ヒアルロン酸そのものは、とても保水力が優れている成分で、ヒアルロン酸1gに対して5〜6リットルもの水分が保持出来るほどの、強力な保水力があるのです!

 

コラーゲンにも水分保持力が有りますが、ヒアルロン酸はコラーゲンに絡みつくように存在するので、どちらが不足しても、肌のハリ艶に影響してきます

 

ヒアルロン酸は、その他栄養素の数々を、血管中に入って血液を身体中に運ぶ役割も持っています。

 

豊富な栄養を肌の隅々に届ける血液には、ヒアルロン酸が欠かせないのです。

 

肌の中の成分としても、栄養を届ける役目としても、ヒアルロン酸は欠かせません。

 

そのため、サプリメントでもヒアルロン酸とコラーゲンを同時に配合しているものが発売されています。

 

両方を一緒に摂取する事で、体調をよくし肌のはりや艶の効果を期待することができます。

 

 

コラーゲンとのペプチド関係

 

コラーゲンとのペプチドにはいったいどんな関係があるのでしょう。

 

先ずペプチドについてです。

 

コラーゲンとヒアルロン酸・ペプチド・ビタミンCとの深い関係

この成分は、タンパク質が最終的にアミノ酸になる、その直前の変化物質のことをペプチドと呼んでいます。

 

ペプチドはアミノ酸が何個も繋がっている状態だそうです。

 

ペプチドになった状態は、体内に吸収されやすいという特徴を持っています。

 

コラーゲンを分類すると、

 

・牛や豚、鶏、魚から抽出されたゼラチン

 

・コラーゲンを構成しているアミノ酸比率を同じくした、アミノ酸混合物

 

・ゼラチンとペプシンと呼ばれる酵素を使って分解させたコラーゲンペプチド

 

・ゼラチンとコラゲナーゼと呼ばれる酵素を使って分解させたトリペプチドコラーゲン

 

に分類されるといわれています。

 

このうち、「コラーゲンペプチド」は、体内にある全ての粘膜を保護する働きや、新陳代謝を活発化させる働き、さらに骨を丈夫にする働き、骨を作る働き、血圧を正常にする働きがあります。

 

そのうえ、肌の潤いや弾力を活性化させる働きもあるということです。

 

コラーゲンが分解されてペプチドに変化することもそうですが、コラーゲンペプチドの形で体によい影響をもたらしていることは、コラーゲンの体内での利用法を深く理解することにつながります。

 

このような働きをさらに期待して、健康食品として利用されたり、化粧品にも利用されています。

 

コラーゲンペプチドはゼリー状の様にプルプルした弾力はなく、冷却してもゼリー状になならないため、スープやドリンクとして飲むタイプのもので出回っています。

 

 

コラーゲンとビタミンCの関係

コラーゲンとヒアルロン酸・ペプチド・ビタミンCとの深い関係

ビタミンCといえば、シミ予防や美肌成分として知られています。

 

コラーゲンとの関係でみると、コラーゲンを生成する働きがビタミンCにはあるんです。

 

コラーゲンをが体内で生成されるとき、その途中でビタミンCが必要になります

 

そのためビタミンCが不足していると、コラーゲンの生成が順調にされないということになります。

 

ビタミンCには肌のシミやシワやソバカス、弛み等の美容に関わる部分に効果が有ると言われていますから、ビタミンC不足はそれだけでお肌の老化現象に直結しているといえます。

 

またビタミンC不足によて、コラーゲンの量が足りなくなってくると、歯の調子が悪くなる、関節に違和感がでる、病気に対する免疫機能が衰えたりするなど、体全体の機能の低下につながります。

 

ビタミンCは不足しがちな栄養素ですから、サプリメントでとるのもよい方法です。

 

調べたところ、ガムを噛むとビタミンCの吸収量が増えるともいわれているので、そんなところも意識するといいかもしれません。

 

健康と美容にコラーゲンをとりたいというなら、コラーゲンの生成を助けるビタミンCも必ず摂取した方が良いということです。

 

コラーゲンを摂取する際に加えられている成分は、しっかりチェックするようにしたいものです。

 

 

コラーゲンとヒアルロン酸・ペプチド・ビタミンC・まとめ

 

ヒアルロン酸は保水力が優れている、ヒアルロン酸1gに対して5〜6リットルもの水分が保持出来るほど。

 

ヒアルロン酸は、栄養素を血管中に入って血液を身体中に運ぶ役割も持っています。

 

コラーゲンがプチドになった状態は、体内に吸収されやすいという特徴を持っています。

 

「コラーゲンペプチド」は、粘膜を保護する働き、新陳代謝を活発化させる働き、骨を丈夫にする働き、血圧を正常にする働きがあるとされています。

 

コラーゲンの体内生成の際には、ビタミンCが必要になります。

 

コラーゲンを摂取して、健康や美肌をと願うなら、ヒアルロン酸やビタミンCなどの成分もあわせてとると効果アップです。

 

 


スポンサーリンク






  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

●エステ顔負けの全身「美」痩せ術

  1. リンパを使ったダイエットを使うので、老廃物がしっかり流れる。
  2. 余分な水分・脂質・老廃物などが、排泄され易い体質になる。
  3. 代謝がアップ。
  4. 無理をしなくても身体がやせていく。
●大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」体験談

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 基礎化粧選び方 スキンケア基本 シミ・しわ・たるみ プラセンタ 脚を細くする方法 化粧品口コミ