関節・目にはコラーゲンが大きく関与している

関節・目にはコラーゲンが大きく関与している

スポンサーリンク

関節・目にはコラーゲンが大きく関与している

関節・目にはコラーゲンが大きく関与している

コラーゲンは身体のあらゆる場所に存在する大切な成分です。

 

若いころにはたくさん生産されますが、年齢を重ねると減少していきます。

 

そのため肌の老化現象、関節のきしみ、目の充血や傷を引き起こします。

 

コラーゲンの主な働きをみながら、特に関節、目との関係をみていきます。

スポンサーリンク


 

 

コラーゲンの主な働き

 

コラーゲンはタンパク質の1つで、身体の中に常に存在しています。

 

その割合は、タンパク質の2〜3割程にもなり、かなりの量といえます。

 

そしてコラーゲンの量の全体の半分が皮膚に、2割程が骨や軟骨等に含まれているそうです。

 

肌には上から表皮・真皮・皮下組織と3つに分かれていて、コラーゲンは真皮の部分に存在します。

 

関節・目にはコラーゲンが大きく関与している

 

肌の最も重要な部分が真皮といってよいと思いますが、真皮の7割がコラーゲンで支えられています。

 

コラーゲンが皮膚にあるという事は、コラーゲンの量や働きを活性化すれば、肌の調子もよくなるといえます。

 

コラーゲンは皮膚だけでなく、体内にある細胞と細胞をつなげたり、細胞の生成を促したりし、細胞の代謝に深くかかわっています。

 

コラーゲンの量がそもそも減ってしまうと、表面を支える力が減り、肌自体の調子が悪くなってきたり、保湿効果が弱まるようになります。

 

年齢が上がってコラーゲンが不足しだすと、乾燥したり、ハリがなくなってきたりと、肌トラブルが出やすくなってしまいます。

 

肌の中のコラーゲンの量は40代になると20代の半分しかなくなるそうです。

 

またコラーゲンは肌だけに働く訳ではなく、骨、血管、目でも働いています。

 

そのためコラーゲンが足りなくなってしまうと骨粗しょう症、関節炎、高血圧、白内障など様々な病気を引き起こすきっかけにもなります。

 

私たちの体に不可欠のコラーゲンは、補充することができる成分ですから、美容面だけでなく健康面も考えて、摂取していくのが理想です。

 

 

関節痛にはコラーゲンが効果的

 

コラーゲンは皮膚のほかに、関節にも多く含まれているといいました。

 

そしてコラーゲンは加齢とともに生産されにくくなるといいました。

 

そのため、50代60代となると、関節の痛みを訴える人が増えます。

 

コラーゲンの不足だけが問題ではないにしても、大きく関与しているのは確かです。

 

そのため、関節痛の緩和に効果ありということで、コラーゲンを摂取するとよいとされています。

関節・目にはコラーゲンが大きく関与している

 

関節の軟骨の成分の約半分はコラーゲンといわれている程です。

 

軟骨がコラーゲン不足ですり減ると、軟骨が滑らかに動かなくなるため、周囲に炎症を起こたり、骨同士がこすれるなどで痛みが生じます。

 

ですからコラーゲンの不足が引き起こす関節炎には、やはりコラーゲンを補うのがよい方法でしょう。

 

放置しておくと、骨が擦れているので削れてしまい、変形していくようになってしまいます。

 

関節痛の痛みは、立ち座りも、歩行も困難にしてしまいます。

 

悪化すれば、変形性関節症の症状が出て、大変な痛みと苦痛に悩まされる事になってしまいます。

 

高齢の方で変形性関節症になった方を何人も拝見しましたが、痛みどめだけで済むものではなくなり、人工関節を入れる手術をしなくてはならなくなります。

 

関節の痛みは放置せずに、早く受信して、軟骨の減少を食い止めなくてはなりません。

 

治療そのものはどこまで進歩していくか、期待がもてるのですが、痛くなって歩くのが苦痛になってしまってからより、予防できることはやっておきたいものです。

 

減少する軟骨の量を、いくらかでも減らせる、または増強できるということで、コラーゲンを摂りいれる人は増えています。

 

関節痛、関節炎の予防や対策に、コラーゲンが歓迎されています。

 

 

コラーゲンと目の関係

 

コラーゲンの減少は角膜炎や白内障の危険がある。

 

こういうと、恐怖感さえ感じますね。

 

実はコラーゲンは、肌や関節だけでなく、眼球を覆っている角膜の中に、たっぷりと含まれているのです。

 

角膜の中のコラーゲンも、加齢によって減少していくのがわかっています。

 

関節・目にはコラーゲンが大きく関与している

 

高齢になると、目のハリが衰え、くぼんでくるようになりますが、コラーゲンが減ったのが大きく関係しています。

 

角膜は、外から入ってくる光を屈折させて眼球の底に届けます。

 

眼球の底と神経がつながっているので、屈折する率が変わると、見える映像がかわってきます。

 

もちろん角膜がないと、ものが見えません。

 

この角膜に、コラーゲンがたくさん含まれているのですが、コラーゲンがあるおかげで細菌やウイルスといった外敵から、目を守ってくれているのです。

 

コラーゲンの不足で角膜がうまく機能しなくなると、角膜の表面部分に傷ができる、白く濁ってくるようになる、結膜炎の様に赤く充血するなど、トラブルがおこります。

 

ひどくなると、視力も悪くなり、角膜炎という病気にもなりかねません。

 

病気の原因のはじめに、コラーゲンの不足があげられている事実は、これから年齢を重ねていくものが、知っておきたいことです。

 

歳だからいろいろ体にトラブルが起こるのはしかたないのですが、未然に防げたり、老化現象を遅らせることができるのであれば、コラーゲンの摂取は意味があるといえます。

 

コラーゲンは目にも大きく関係しているのです。

 

 

関節・目にはコラーゲンが大きく関与している・まとめ

 

コラーゲンはタンパク質の1つで、身体の中に常に存在している。

 

その割合はタンパク質の2〜3割程、コラーゲンの量の全体の半分が皮膚に、2割程が骨や軟骨等に含まれている。

 

関節の軟骨成分の約半分はコラーゲンといわれており、コラーゲン不足は年齢とともに起こる。

 

コラーゲン不足が関節炎の原因の一部なので、症状の悪化を防ぐためにコラーゲンを利用する人は増えている。

 

角膜もコラーゲン成分が多いが、加齢でコラーゲンが減少していく。

 

コラーゲンの不足の角膜は、表面部分に傷ができる、白く濁るなどトラブルのもとになる。

 

関節・目を健康に維持するために、コラーゲンの利用はすすんでいるようです。


スポンサーリンク






  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

●エステ顔負けの全身「美」痩せ術

  1. リンパを使ったダイエットを使うので、老廃物がしっかり流れる。
  2. 余分な水分・脂質・老廃物などが、排泄され易い体質になる。
  3. 代謝がアップ。
  4. 無理をしなくても身体がやせていく。
●大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」体験談

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 基礎化粧選び方 スキンケア基本 シミ・しわ・たるみ プラセンタ 脚を細くする方法 化粧品口コミ