血液とリンパ液の重要な役割とその違い

血液とリンパ液の重要な役割とその違い

スポンサーリンク

血液とリンパ液の重要な役割とその違い

リンパマッサージ

 

血液とリンパ液は、同じように全身に張り巡らされた管を通って、身体を循環しています。

 

一定方向に流れていくのも同じです。

 

身体の末端にいくにしたがって、それぞれの管は細くなり、中心部に向かって太く大きくなっていきます。

 

では血液とリンパ液は、何が違うのでしょう。

 

静脈と同じ働きのようにいわれることもありますが、それぞれの役割には大きな相違点があります。

 

これからリンパマッサージにとりくんでいくあなたは、ぜひそのことを知っておくと役立つはずです。

 

 

血液という川の流れと役割

 

血液とリンパ液は、体内を流れる川にたとえることができます。

 

身体の中には二つの川が流れていて、どちらも最終的には心臓に向かって流れています。

 

まず血液という川の流れを見てみましょう。

 

血液は心臓から動脈にはいり、毛細血管まで行きつくと、今度は静脈に入り心臓へと戻ります。

 

血液の主な役割は、動脈を通して身体に必要な酸素や栄養素を、各細胞に届け、静脈を通して身体の各部で発生した、老廃物や二酸化炭素を運びます。

 

血液は心臓の拍動(ポンプ機能)によって、身体を巡っています。

 

 

リンパ液という川の流れと役割

 

一方リンパ液という川の流れは、末端からはじまって静脈に合流します。

 

血管からしみだした組織液の中にある、タンパク質などの栄養素を心臓に運ぶ役目と、老廃物や組織液を回収しながらリンパ節でろ過し、静脈に運ぶ役目があります。

 

またよく知られるように異物の侵入を防ぐ役目も持っています。

 

血液は循環しますが、リンパ液の流れは一方通行です。

 

リンパ液の流れるリンパ管には、心臓のような強いポンプ機能はなく、自発的に収縮する機能しかありません。

 

その機能によってリンパ液は、とてもゆるやかに流れています。

 

 

滞りやすいリンパの流れ

 

リンパ液の流れは、起きて活動しているときは、重力の関係で、ゆるやかな流れがさらに遅くなります。

 

心臓の位置が高いので、自発的な収縮だけでは、リンパ液がながれにくくなります。

リンパマッサージ

 

 

リンパ液の流れが悪いと、むくみとして特にふくらはぎに変化が出てきます。

 

夕方になると、ふくらがパンパンに膨れるとか、靴下を脱いでもあとが残ってとれないとか、靴が窮屈になってしまうなどで、むくみを自覚することになります。

 

むくみは本来リンパ管に回収するはずの組織液が回収されず、残っている状態です。

 

むくみを解消するには、身体をマメに動かして筋肉を収縮させたり、外からリンパ管に圧力を加えて、滞ったリンパ液の流れをよくしてあげることで、解消します。

 

リンパ液の流れがよくなると、タンパク質などの栄養素が細胞にいきわたり、臓器の働きが改善され、新陳代謝もよくなります。

 

ストレッチやリンパマッサージは、自分だけでリンパ液の流れを改善できるので、健康増進、美容の面からもやっていきたい施術です。

 

 

血液とリンパ液の役割と相違点<のまとめ

 

血液とリンパ液は身体の中を流れる二つの川。

 

血液は心臓のポンプ機能によって、全身を循環していますが、リンパ液は末端から心臓へと向かう一方通行です。

 

リンパ液は自発収縮するものの力は弱く、リンパ液のながれはとても緩やかです。

 

周りの筋肉の収縮に助けられると、リンパ液の流れはよくなりますが、滞るとむくみとなって不快な状態になります。

 

リンパ液の流れがよくなると、臓器の働きの改善、新陳代謝の改善がみられるので、健康美容の面から、自分でもできるリンパマッサージやストレッチを行うのがよいです。

 

全身「美痩せ」・リンパマッサージで痩せやすい体になった「ボディスタイリングダイエット」


スポンサーリンク






  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

●エステ顔負けの全身「美」痩せ術

  1. リンパを使ったダイエットを使うので、老廃物がしっかり流れる。
  2. 余分な水分・脂質・老廃物などが、排泄され易い体質になる。
  3. 代謝がアップ。
  4. 無理をしなくても身体がやせていく。
●大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」体験談

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 基礎化粧選び方 スキンケア基本 シミ・しわ・たるみ プラセンタ 脚を細くする方法 化粧品口コミ