ドライフルーツの作り方

ドライフルーツの作り方

スポンサーリンク

ドライフルーツの作り方

ドライフルーツダイエット5

お店で買うと大して厳しいドライフルーツ。

 

いくらダイエットに望ましいとは言え、費用的に厳しいと続きませんよね。

 

ダイエットの為にドライフルーツを召し上がるのであれば、一層の事ご自宅で作ってみてはいかがでしょうか。

 

簡単に出来るドライフルーツの作り方をここでは挙げてみたいと思います。

 

 

【オーブンで定める(オレンジ)】

  1. オレンジを皮ごとよく洗い流し、水分をキッチンペーパーでしっかりと取ります。
  2. 厚さ5mm程の輪切りにします。ヘタ等はまず落としておきましょう。
  3. 輪切りにしたオレンジをオーブンシートに並べ、オーブンに入れます。
  4. 110度に設定して先ずは1時間焼きます。
  5. 1度抜き出し、オレンジを裏返しにして先程と同じ様に110度に設定して更に1時間焼き上げます。
  6. 乾燥度合いが足りない場合は110度設定で10分ずつ時間を早くして何度か焼いて下さい。

 

【電子レンジで仕掛ける(マンゴー)】

  1. 皮を剥いて少なくスライスし、キッチンペーパーを使って表面の水分を取ります。
  2. スライスしたマンゴーをキッチンペーパーの上に重ならない様に並べます。
  3. 5分チンした後、1度レンジから盗み出し、表面上の水分を取り去ります。
  4. 裏返してさらに5分チンし、また表面上の水分を取り去ります。
  5. この工程を水分が使い切るまで繰り返します。

ただし最初の2回は5分、それ以降は1分でチンして赴き、乾燥度合いを見ていきましょう。

 

 

どちらも出来上がった後は風通しが良い所に置いて熱を冷まします。

 

保存する際には乾燥材を入れてジップロック等の密閉袋や容器で保存ください。

 

ここではオレンジとマンゴーを例として挙げましたが、おスキなフルーツを使て作ってみてはいかがでしょうか。

 

 

ドライフルーツの作り方【天日干し】

 

手軽にフルーツを食べられて、しかもおししくてダイエットにも効果が期待出来るというドライフルーツ。

 

ダイエットならば毎日食しよ所ですが、ほんとに値段が高くて毎日貰うのは難しいと思っている人は多いと思います。

 

ただしドライフルーツは幾らか手間をかけて吊り上げると自分で取る事が出来るのです。

 

ここでご紹介するのは「天日干し」で創るドライフルーツです。

 

その他にもオーブンや電子レンジ、ドライフルーツ専用機等なんだかんだ有りますが、太陽の光を浴びて設ける天日干しは甘さも増してとても美味しいと思います。

 

 

【作り方】

  1. お好みの果ものを用意します。
  2. よく洗って、皮を剥くものは剥き、種や芯は省き、3〜5mm程と低くスライスしておきます。(手緩いドライフルーツが好みであれば、事前に砂糖で煮詰めておきましょう。)
  3. 表面に見て取れる水分をキッチンペーパーを利用して取り除きます。
  4. 平らなザル、或いは天日干し専用のネット等を用意し、その上にスライスしたフルーツを重ならない様に並べていきます。
  5. 丸々直射日光が触れる外に置きます。(この時虫よけのネット等があれば上に被せておくと安心です。)
  6. 日が落ちたら家の中に送ります。
  7. この作業を2週間程繰り返します。たまに裏返して天日干しをください。
  8. 触ってみて、お好みの硬さになったらドライフルーツの完成です。

 

相当時間はかかりますが、簡単に出来るドライフルーツの作り方となります。

 

また湿度が多い梅雨の時期は乾燥しにくいですので避けた方が良いかもしれません。

 

しっかり乾燥させる事で1年は保存可能ですので、時間が見て取れる時に作ってみてはいかがでしょうか。

 

 

フレッシュフルーツとドライフルーツの違い

 

生のフレッシュフルーツとドライフルーツはどちらも食べ方次第でダイエット効果が有ると言われています。

 

勿論どちらも食べ過ぎてしまうと逆効果で太って仕舞う危険性が有ります。

 

自分がどこでフルーツを食べたいか、どういった目的で食べたいかという事でフレッシュとドライフルーツのどちらを選ぶか決めていくと良いと思います。

 

たとえばフレッシュフルーツの場合、ドライフルーツと比較して酵素がたくさん含まれている事、水分が数多く含まれている事が挙げられます。

 

その分1個食べると満腹感が相当持てるという点、酵素がたくさん摂取出来る為、身体の浄化作用が期待出来るという点、水分が手広く含まれている為、余分な老廃ものを押し流して受け取るという点が挙げられます。

 

しかしさりとて食べ過ぎは逆効果です。

 

フルーツの水分は身体を冷ます特性を携帯しています。

 

摂取し過ぎる事で身体が冷えてしまい、脂肪を溜め込む原因となってしまいます。

 

次にドライフルーツの場合、噛み応えが有る為に咀嚼回数が多くなるので少量で満腹感を得られ易いという点が有ります。

 

別途噛む事で身体の新陳代謝も引き上げる事ができ、脂肪が燃焼しやすい身体作りが叶い易くなります。

 

グングンドライフルーツの栄養素は大いに厳しい為、少量でも充分栄養を身体に加える事が出来ます。

 

またドライフルーツは持ち運びに便利な為、いつでも手軽にフルーツを採り入れる事が出来るというメリットも有ります。

 

しかし食べ過ぎてしまうと高カロリーになってしまう為、ダイエットとしては逆効果になってしまいます。

 

この様に上手に使い分けて、ダイエット効果を得るようにしてください。

 

 


スポンサーリンク






  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

●エステ顔負けの全身「美」痩せ術

  1. リンパを使ったダイエットを使うので、老廃物がしっかり流れる。
  2. 余分な水分・脂質・老廃物などが、排泄され易い体質になる。
  3. 代謝がアップ。
  4. 無理をしなくても身体がやせていく。
●大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」体験談

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 基礎化粧選び方 スキンケア基本 シミ・しわ・たるみ プラセンタ 脚を細くする方法 化粧品口コミ