脚を細くする方法

脚を細くする方法

脚を細くする方法記事一覧

足首を細くして魅力的な脚に

脚に魅力を感じる男性が多いようですが、なかでもきゅっとしまった足首が魅力的のようです。ですから足首だけを集中的にケアして細くすると、随分見た目が変わってきます。最初にとりくむのを足首にしてもいいかもしれませんね。膝が少し見えるくらいの丈のスカートをはいていても、ふくらはぎから足首にかけてが、ぎゅーっ...

≫続きを読む

 

脚やせとリバウンドについて

リバウンドは、何らかの方法で痩せる努力をして、いったん痩せたあと、その体重が維持できずに、もとの体重にもどってしまうこと。あるいはそれ以上に体重が増えてしまうことをいいますが、ダイエットを試みても、リバウンドしてしまうことはよくあることです。何度もリバウンドを繰り返した経験のある方も、あるのでは?リ...

≫続きを読む

 

入浴で下半身の脂肪を落とす

入浴で新陳代謝を高めることは、消費カロリーを増やし、血行をよくするので、脂肪を燃やしやすい体作りになります。シャワーだけですますより、しっかりと湯船につかって、全身を温める方がいいのはそのためです。入浴の際は唐辛子が配合されたカプサイシン入り入浴剤を用いるなどして、より体が温まりやすいようにすれば、...

≫続きを読む

 

セルライトケア

セルライトをなくすには、マッサージを行うのが効果的です。素肌をマッサージするには、摩擦で皮膚を傷めないために、マッサージクリームやジェルを用いましょう。セルライトをなくすのに、「つぶす」と表現されることがありますが、大きくなった皮下の脂肪細胞は、ときにかたくなっていて、ぶつぶつとしたかたまりになって...

≫続きを読む

 

セルライトとは

セルライトとは、見た目がでこぼことした皮膚で、主におなかやお尻や太ももにできる、脂肪のかたまりです。「Cellule(細胞)+ ite(鉱物)」の合成語としてフランスで生まれたと言われています。医学用語ではなく、美容業界や健康食品業界で主に使われている言葉です。日本ではテレビの健康番組などでよく使わ...

≫続きを読む

 

セルライトを取り除いてスリムな脚に

セルライトは女性の体につきやすく、放置しておくと、知らず知らずのうちに、お尻や太ももなどにたまってしまうのです。セルライトをつぶして、リンパマッサージをすると、スリムな脚を維持できるとして施術する方法がありますが、これはたまったセルライトをほぐしたりつぶしたりして、流せる状態にして、時間をかけて老廃...

≫続きを読む

 

セルライトはなぜできる?

セルライトは女性にできやすく、それは女性特有のホルモンにより、皮下脂肪がつきやすいためです。皮下脂肪がついた部位に、栄養や酸素を運ぶ血液の循環が悪くなること、筋肉や運動量の不足などからくる、冷えやむくみ、女性ホルモンのバランスの乱れなどが、脂肪をさらに溜め込みやすくします。また加齢によって新陳代謝が...

≫続きを読む

 

脂肪細胞の仕組み

セルライトの元である脂肪細胞は、体内の脂肪の分解や合成を行う組織で、思春期を過ぎたら増えないといわれていたのですが、研究がすすみ、その後も肥大したり、数が増えたりすることがわかってきました。ですからダイエットをして体重が落ち、スリムな体型になったとしても、脂肪細胞は減ってはいないので、油断をするとま...

≫続きを読む

 

女性の体にセルライトができやすいわけは

女性の体は、妊娠出産に備えて、ホルモンのバランスが整えられています。そのため子宮を守る自然な働きを備えているので、おなか周りには脂肪がつきやすくなっていて、血液が子宮に集中することから、血液循環が悪くなりやすく、したがってそこにセルライトができやすくなっています。女性ホルモンの影響でいたしかたないの...

≫続きを読む

 

冷え性の女性はセルライト要注意

女性の多くは、体の冷えを実感しているといいます。体の一部、例えば手、足先、足全体、背中、おなかなどで、触るとひやっとする箇所があるようです。冷えというのは、血のめぐりの悪いところで、血が熱を運んでいかないため、冷たいという状態になっています。血液は体内で生まれた老廃物を回収する働きがありますが、血の...

≫続きを読む

 

こんなところにセルライトができやすい

セルライトができやすい場所とできにくい場所があります。セルライトは血のめぐりの悪い体のか所で、脂肪細胞がセルライト化しやすいところにできます。そのため脂肪細胞の多いところ、つまり、ふくらはぎ、太もも、お尻、二の腕にできやすいものです。冷えとも関係があり、これらは冷えを感じやすい場所です。体全体でみる...

≫続きを読む

 

下半身が太りやすく冷えやすいのは

下半身の太さに悩んでいる女性は案外多いようです。ダイエットをしても、脚はなかなか細くならにという悩みもあるようですし、いったん太くなった脚やお尻は、簡単なダイエットでは、すぐに細くなってくれないようです。えてして下半身の贅肉はつきやすく落ちにくいという、やっかいなものです。ではどうして下半身は太りや...

≫続きを読む

 

セルライトができやすい女性

若い女性には比較的セルライトのある人が少ないです。反対に年齢があがるにつれ、40代から50代になると、セルライトのある人の数は増加します。それは新陳代謝が若いころに比べて、悪くなってしまうからです。20代にくらべると、50代ともなると、新陳代謝は半分ほどになってしまいます。若いころのままの食べ方では...

≫続きを読む

 

「脂肪型セルライト」

セルライトにも種類があります。自分がどんなセルライトのタイプなのかがわかれば、対処法もよりわかりやすくなると思います。たとえば、「脂肪型セルライト」セルライトのタイプの中でも一番多いタイプで、年齢にかかわらず多くみられます。脂肪細胞が肥大化した状態で、一番初期の段階のセルライトです。運動不足で高カロ...

≫続きを読む

 

「むくみ型セルライト」

「むくみ型セルライト」は、むくみが原因でできるセルライトで、むくみやすい体質や冷え性の体質の女性にみられるタイプです。そのためむくみや冷えを解消すれば、セルライトを解消することができます。比較的セルライトを解消しやすいのですが、体質としてのむくみや冷えは、体質改善をはかる必要があり、じっくり取り組む...

≫続きを読む

 

「腺維型セルライト」

「腺維型セルライト」は、皮膚表面がデコボコした状態で、醜い状態になったセルライトです。オレンジの表面に似ていることから、「オレンジピールスキン」と美容界では呼ばれていて、セルライトとしては悪化している状態です。脂肪細胞が大きくなった上に、周囲にコラーゲンが繊維状に絡まっているセルライトをさしていて、...

≫続きを読む

 

「筋肉質型セルライト」

「筋肉質型セルライト」は、学生時代に長いあいだスポーツやトレーニングを行ってきた筋肉質の人や、競技生活を永く続けてきた人が、運動をやめることで筋力が低下して、筋肉の上を覆うように脂肪がつきはじめることでできるセルライトです。女性には少ないタイプで、「筋肉質型セルライト」は非常に固く落としにくいといわ...

≫続きを読む

 

リンパについて

リンパマッサージという言葉は、最近よく耳にするようになりました。リンパマッサージとは、リンパ液の流れを促すマッサージで、手のひらや指などを用いて行うのですが、これを行うことで、痩身効果があるようです。リンパ液=リンパは透明な液体で、体中にはりめぐらされているリンパ管の中を通っています。リンパ管には、...

≫続きを読む

 

リンパ節のある場所

リンパ節は、リンパ液が通過する場所で、リンパ管が何本も合流するところにあります。場所によってリンパ節は沢山あつまっていて、例えば耳下腺リンパ節、頸部リンパ節、鎖骨リンパ節、腋窩(えきか)リンパ節、腹部リンパ節、鼠径(そけい)リンパ節、膝窩(しっか)リンパ節、といったところです。リンパ節では、病原体を...

≫続きを読む

 

リンパの流れがわかるとマッサージもいい感じに

脚のマッサージをする意味は、リンパ液の流れをよくして、脚のむくみを取り除き、脂肪を寄せ付けないようにするためですが、ここでそのリンパ液のことを少し考えていきますね。老廃物を流すリンパについてわかっていると、よりマッサージしやすくなると思います。自分の身体の中をより深く知ることで、どうしたら脚やせがで...

≫続きを読む

 

毛細リンパ管

リンパ管というのは、リンパ液の流れる管です。リンパ管も血管と同じように、全身に張り巡らされている管で、先端部分は毛細リンパ管と呼ばれ、毛細血管と入り組むように細く細かくからみあっているように見えます。毛細リンパ管は、毛細血管から染み出したり、組織の間を満たしている液体を、薄い壁から取り込むことができ...

≫続きを読む

 

セルライトを予防する生活習慣

体が冷えていたり、血行が悪くなってくることが主な原因で、セルライトができやすくなるので、予防するためには、体をこまめに動かす習慣をつけるとよいです。また体を冷やさない食べ物をとるよう、食習慣も見直しするといいものです。セルライトは脂肪の多い場所にできるので、太らないような対策も必要です。太らないよう...

≫続きを読む

 

セルライトを予防する食生活

セルライトをつくらないようにするには、脂肪をためこまないようにしなくてはなりません。そのためには、食事には気をつけたいものです。摂取カロリーが多すぎるとよくないだろうという察しはつきますよね。例えば高カロリーな食べ物、揚げ物や天ぷら、脂肪分の多い肉、ケーキなどの甘いお菓子などは、すぐに思いつきます。...

≫続きを読む

 

理想の美脚を手にいれるために最初にすること

理想の美脚を手にいれるのに、まず最初にやるとよい効果抜群の方法です。それは・・・・・・「脚が細くなっったらぜひ着てみたい!と思っている服を、思い切って購入すること」です。そしてそれを、いつも目につくところに飾っておきます。そんなことで、効果があるのかしら?と思われるでしょうが、これが案外効果的です。...

≫続きを読む

 

あなたの理想の脚のサイズは

あなたは自分の理想の脚サイズをご存知ですか?測っていても細くならないから、やめてしまいましたか?細くなりたいのはやまやまですが、さて何センチ細くなって、どんな形の脚にしたいのでしょうか。ここではまず、あなたの理想の脚サイズを、紹介します。参考にしてください。以下の計算式によって、簡単に計算できます。...

≫続きを読む

 

脚やせをして理想の脚になるのにどれくらいかかる?

脚を細くするには、1週間やったから5センチ細くなった、というような極端に早い効果はあらわれにくいものです。ダイエットの宣伝文句などでは、7日で3キロやせるとか、1ヶ月で5キロやせるというような速効でやせるうたい文句が多いですが、本当に結果がだせているひと、あるんでしょうか。すごく体重の重い人では、そ...

≫続きを読む

 

体内をめぐる水の役割

人間の体の約60%は水分であるといわれています。随分多いですね。人は体内で水分を絶えず循環して排出するので、その分をいつも補っていく必要があります。体内をどのようにめぐっていくかですが、まず口から入った水は食道と胃を通って、まず腸で吸収されます。そして血液に混ざって各身体部位の毛細血管を通り、脳や手...

≫続きを読む

 

お水が美脚と美肌に効くらしい

お水を沢山飲むといいらしいというのは、美容に関心のある方なら聞いたことがあると思います。雑誌やテレビで見かける女優さんやモデルさんたちは、毎日食事以外に、お水を2リットルを目安に飲んでいるという話を、聞いたことがあると思います。美意識の高い女優やモデルさんたちの間では、もはや常識中の常識かもしれませ...

≫続きを読む

 

美肌・痩せに効果のあるお水を沢山飲む工夫

お水を沢山のんで、老廃物を体の外に出しやすくするのは、綺麗な肌や痩せに効果があるとはいっても、意識してお水を手元に置かないと、なかなか飲む機会をもてないかもしれません。ではどうしたら、お水を飲む機会を増やせるかですが、会社や外で、友人とお茶しなければならにとき以外は、ペットボトルにお水をいれて持ち歩...

≫続きを読む

 

飲まなきゃという負担を感じずにお水を飲むには

美肌や痩せに効果的ということで、いざ「水分をとる」「水を飲む」といっても、今までそういった習慣がないのに、1.6〜2リットルもの水を飲むのは難しいです。コーヒーやお茶を普段飲んでいて、お水を飲まない人にとって、意外に水をがぶがぶ飲むのは、苦痛に思えるかもしれません。一度に沢山のむと、胃液が薄まって消...

≫続きを読む

 

半身浴はこうして脚やせ効果をねらう

脚やせをするには、脚をいつも温かい状態に保っておくことが、非常に大切です。温かい脚こそが、血の流れや代謝などをぐんとアップさせることができるからです。そのため毎日はいるお風呂を有効に活用しましょう。お風呂は全身を温めるだけでなく、脚を集中的に温めるのに最適です。お風呂の温め効果を有効にするためにも、...

≫続きを読む

 

半身浴が楽々になる腰の安定法

半身浴のお湯の温度は、38〜40度くらいの、ぬるめのお湯にします。お湯の量は、座った状態でおへそより数センチ上をめどにします。肩が寒いと感じるときは、浴用タオルを、肩にかけておきましょう。家族との兼ね合いで、お湯の量の調整が難しいときは、浴室用または浴槽用の椅子を、浴槽の中にいれて、そこに腰掛けます...

≫続きを読む

 

半身浴の間にバストアップ

半身浴を行うと、体全体が温まってきて、体が随分気持ちよくなってきます。疲れもよく取れたような感じがしてきますし、リラックスできるのは何よりいいです。それにぐっすり眠れるような気がします。できれば毎日のように、半身浴ができればいいのですが、20分以上もぼおっとしているのは、さすがにつらいですね。そこで...

≫続きを読む

 

半身浴しながらデコルテ美人に

半身浴をしている時間、上半身があいていますよね。そこでこんなマッサージをしながら、デコルテ美人にも。<首やデコルテのマッサージ>ボディオイルを手にとって行います。まず、指をそろえて手のひら全体を使うようにして、あごの下、耳の下、首の後ろを上から下へなでおろします。力を入れすぎず、すーっと指をすべらす...

≫続きを読む

 

半身浴しながらウエストシェイプアップ

半身浴をしながらできること、いろいろありますよ。ついでにウエストをシェイプアップをしましょう。<ウエストの余分な脂肪をとる>上半身を左右にゆっくりとひねります。真後ろを向くようなつもりで、下半身は動かさずに、何度かこのひねりを繰り返します。こうすると脇腹の余分な脂肪を落とす効果があります。<脚やせマ...

≫続きを読む

 

半身浴の時間は全身のケアタイム

半身浴をしている20〜30分の時間を、有効活用して、全身のケアタイムにもできます。美容効果のあるマッサージなどで、こういったものがおススメです。■頭皮のマッサージ・・・これかなり気持ちイイ!■眼球の体操・・・眼精疲労の激しい人に■首のストレッチ・・・凝り性の人に■手のケア・・・忘れがちですよね■目の...

≫続きを読む

 

細くしたいなら脚のサイズは毎日測らないで

瘠せて欲しい!と思うと、つい毎日でも脚のサイズを測ってしまいますよね。ひどいときは、体操やマッサージをするたびに、日に3度も測ってしまったということもあるかもしれません。そういうときってその都度一喜一憂してしまいますが、この気持ち複雑ですよね。たった1日ではさして変化がないとわかっていても、測ってし...

≫続きを読む

 

脚の脂肪を落とすには「もみほぐし」がいい

たっぷりと脂肪がついた脚をほっそりに導くのに、かかせないことがあります。それは、がっしりかたくなっている筋肉のような脂肪がついている場合に、まず最初に施した方がいいこと、それが「もみほぐし」です。脂肪を燃焼しやすくするために、まずはそのもみほぐしからです。もみほぐし方は、両手をつかって雑巾をしぼるよ...

≫続きを読む

 

デブのもとむくみを寄せ付けない体にするには

むくみを寄せ付けない体にするには、いったいどうしたらいいか・・・・・。それは、溜まった老廃物を出して体をきれいにするといいのです。溜まった老廃物を出して体をきれいにするには、お水を摂取するのがよいといわれています。これは有名な女優さんやモデルさんたちが行っている美容法ですから、お聞きになったこともあ...

≫続きを読む

 

決め手はマッサージをするタイミング

体があたたかい状態でマッサージを行うのは、エステの基本です。お風呂にはいったあととか、ストレッチ体操をした後、また何らかの運動をした後など、できれば毎日定期的に、マッサージを行うのが理想的です。脚のマッサージを行ってむくみをとっておくと、脚がすっきりしますし、脚が軽く感じられるはずです。マッサージを...

≫続きを読む

 

むくみをとる脚やせ方法はこうします

自分で家庭でできる脚やせ方法ですが、エステで行われている方法と、原理は同じです。やせやすくするために、とっても大事なのが、体があたたかい状態であることです。体がほぐれて、あたたかいと、新陳代謝がよくなり、血行もよくなります。エステサロンでも、何らかの方法で体を温めてから、マッサージを始めているはずで...

≫続きを読む

 

ふくらはぎの働きを強化させれば細くなる

老廃物を流すことで、脚やせの効果があがりますが、それにはリンパ液のスムーズな流れを、つくってやる必要があります。このリンパ液、そのままほおっておくだけでは、スムーズに流れてはくれないのです。リンパ液は、ふくらはぎの筋肉が十分に収縮することで、上方に向かって、流れていきます。ですから、ふくらはぎを鍛え...

≫続きを読む

 

たたみ一畳の筋トレでリンパの流れを

マッサージだけでなく筋トレもプラスすることで脚やせ効果はぐんと高まります。下半身の筋肉を増強させると、血行がよくなりますし、リンパの流れもよくなります。ウォーキングやジョギングは、手軽に始めやすいですし、健康維持にももってこいです。ほかにも下半身の筋肉を強化する体操はいろいろとあります。家でできる、...

≫続きを読む

 

腰・脚の付け根ストレッチで下半身の血行促進

血行促進のためにストレッチを行うのは、脚やせをすすめるのに効果が大きいです。下半身の血行を促進するのに効果的なのは、運動のほかにストレッチ、軽い運動に加えて下半身のストレッチを、お風呂上りなどに行ってみてください。■腰と脚の付け根のストレッチ■例えば、脚の付け根を柔軟にするのに、床の上に脚を組まずに...

≫続きを読む

 

サポーター・バンテージで脚の引き締め

脚のむくみをとったり、引き締めるグッズはいろいろとあります。ここでは脚の引き締め効果を倍増させグッズ、サポーター、バンテージを紹介します。ものによって違いはありますが、脚に巻きつけて、10〜30分程度そのままにしておき、脚を引き締めるのに使います。寒い時期などは、巻いたまま寝てもいいものもあるようで...

≫続きを読む

 

安価な「さらし」で脚を引き締める

サポーターやバンテージのかわりに、さらし(晒)を使って脚の引き締めをすることもできます。サポーターやバンテージのように巻いていきます。■さらしの使用法■まずさらしを長さを半分に切ってから、半分に折り、もう半分に折ってから、端をまつって使っています。この方法で、長さ約4.5m、幅約8.5cmになります...

≫続きを読む

 

お風呂で時計なしで時間を計る方法です

1分という時間を、時計なしで計ったこと、ありますか?これがけっこう難しいんですよね。ですから時計のないところで、5分とか10分という時間を計るのは、かなり難しいですよね。半身浴で20分〜30分湯船につかるのがいいとこのサイトでいっていますが、お風呂にはいっているときなど、時計のないお宅ならどうしたら...

≫続きを読む

 

脚をいたわりケアするうちに細く軽くなっていきます

脚についた脂肪は、一度ついてしまうと、そう簡単には無くなってくれません。でも脚をいたわりケアしていくにつれて、むくみや疲労が徐々にとれていきますから、脚はどんどん軽くなる感じがします。どんなことでも、一人で努力するには、相当な忍耐力が必要になってくるかと思いますが、ちょっと細くなってきたとか、脚が動...

≫続きを読む

 

理想の脚をゲットしましょう!

脚を細くするには、とにかく継続していくことが重要なので、途中であきらめないようにしたいものです。いまついている脚の脂肪だって、長年の間についたわけですから、そんなにすぐには取れないかもしれません。早く細くなって欲しいという気持ちがはやりますが、しっかりと確実に細くしていきましょう。ここでご紹介してい...

≫続きを読む

 
スポンサーリンク






  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

●エステ顔負けの全身「美」痩せ術

  1. リンパを使ったダイエットを使うので、老廃物がしっかり流れる。
  2. 余分な水分・脂質・老廃物などが、排泄され易い体質になる。
  3. 代謝がアップ。
  4. 無理をしなくても身体がやせていく。
●大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」体験談

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 基礎化粧選び方 スキンケア基本 シミ・しわ・たるみ プラセンタ 脚を細くする方法 化粧品口コミ