プリザーブドフラワーの作り方

プリザーブドフラワーの作り方

スポンサーリンク

プリザーブドフラワーの作り方

プリザーブドフラワー

宮下先生が教えるプリザーブドフラワー講座

 

プリザーブドフラワーは生花と全く同じよに見えるのですが、永く日持ちのする花として人気があります。いったいプリザーブドフラワーってどうやって作るんでしょう。

 

もちろん生花でない植物もプリザーブドフラワーとして用いられるので、バリエーションはとても広いものなんです。この花や植物が咲いている一番美しい時に摘み取ります。そして花が枯れない内に加工を施します。

 

加工の仕方は、特殊な溶液を使って花の水分や樹液を全て抜きます。そして枯れない様にする為と着色する為にブリザード液に浸していきます。この溶液は有機物と着色料が混ざっている溶液でもとのようにみずみずしくよみがえらせます。溶液は人体に害は有りませんので安心して使える物です。

 

しみこませていく着色料を選ぶこともできるので、黒とか青とか好きな色にもできるところが、生花とはまた違った楽しみがあるといえるでしょう。溶液に浸す時間は数時間から数日間と言われているので、手間といえばそういった時間がかかる点で、作り方に特色があります。

 

プリザーブドフラワーというものは、花や植物が生きたままの状態を保てるようにした、加工されたものなので、水にいける必要もなく後々の手間がかからないことで美しさも保てるところが人気のようです。

 

教室も増えてきているようですが、なかなか近くに専門家の教えてくれる教室がないという方には、通信の講座があるそうですから、のぞいてみられてはどうでしょう。先生は雑誌などでも掲載されたり、たくさんの教室と卒業生をお持ちの、宮下陽子先生です。

 

宮下先生が教えるプリザーブドフラワー講座

スポンサーリンク




プリザーブドフラワーの作り方関連エントリー

最高のプレゼントになるでしょう


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

●エステ顔負けの全身「美」痩せ術

  1. リンパを使ったダイエットを使うので、老廃物がしっかり流れる。
  2. 余分な水分・脂質・老廃物などが、排泄され易い体質になる。
  3. 代謝がアップ。
  4. 無理をしなくても身体がやせていく。
●大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」体験談

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 基礎化粧選び方 スキンケア基本 シミ・しわ・たるみ プラセンタ 脚を細くする方法 化粧品口コミ