カサカサプルプルに素肌力劇的アップ秘技」シミ消し洗顔赤ちゃん肌

カサカサプルプルに素肌力劇的アップ秘技」シミ消し洗顔赤ちゃん肌

スポンサーリンク

カサカサプルプルに素肌力劇的アップ秘技」シミ消し洗顔赤ちゃん肌

カサカサプルプルに素肌力劇的アップ秘技」シミ消し洗顔赤ちゃん肌

NHKためしてガッテン2010年11月3日放送
「カサカサプルプルに素肌力劇的アップ秘技」シミ消し洗顔赤ちゃん肌

 

秋になると肌がカサカサしていると感じる女性は、とても多いそうです。

 

秋冬は確かに、肌がカサカサしますが、、カサカサになる理由は季節だけによるものではないようです。

 

肌のカサカサは、こじわ、くすみ、シミ、吹き出物などの原因になります。

 

1番大切なのは肌を乾燥させないことのようですが、女性の場合日頃のお手入れによって、肌を乾燥させてしまっている事が非常に多いそうです。

スポンサーリンク


 

今回の放送では女性の8割にみられる肌の水分不足について、何が原因なのか解消するにはどうしたらいいのかを、検証してくださいます。

 

アドバイスしてくださるのは北里大学医学部の田中早苗先生です。

 

化粧品やサプリメントなど、、毎月5万円ほどをかけてお肌の手入れをしている、クサカベさんという方のお手入れ方法を見て、田中早苗先生が感じられたことは、化粧水のつけすぎ、洗顔するときの擦りすぎ、お風呂での蒸しタオルの使用など、お手入としては過剰な方法を指摘されていました。

 

田中先生がお勧めするお手入の方法は、水分をつけすぎず化粧水の後には乳液をつける、こすらないようにする、というのがポイントのようです。

 

肌の代謝には、ターンオーバーと呼ばれる2週間から4週間の周期があります。

 

正常な細胞は核があるのですが、皮膚の表面に来るときにセラミドなどのアミノ酸を出すそうです。

 

それは細胞と細胞のすき間を埋めるような形で放出されるのできめの細かい保湿力のある肌になるそうです。

 

その正常な細胞の生まれ変わりの循環が壊れると、細胞の間にすき間ができ水分が蒸発したり細胞が増産されて、角質が厚くなっていきます。

 

そうなると肌の大敵である、シミやしわ、ゴワゴワした肌が、出来上がっていくそうです。

 

こうした悪循環を引き起こさないためには、表皮に対する細胞が、死んで核がなくなる必要があるのです。

 

そこで、田中先生がおっしゃるには、お手入れのしすぎで、、正常な細胞のターンオーバーがされない、女性の場合には、お手入れのしかたを簡潔にするだけで、、悪循環から抜け出すことができるそうです。

 

その方法は、1日2回保湿クリームを塗るのが良いそうです。

 

「洗顔の後保湿クリームをぬるだけで、朝までつるつるの肌でいられる」とゲストの八代亜紀さんがおっしゃっていました。

 

八代さんは3ヶ月ぐらい前からそのお手入れをされているそうです。

 

八代亜紀さんの白くて透き通る肌は、テレビでみてもとてもきれいです。

 

これを3周間行なうだけで、肌の状態は劇的に改善されるのが、クサカベさんが実行されて、肌の検査を受けて実感されていました。

 

そこで、洗顔方法ですが、、最も良い洗顔方法は「泡洗顔」です。

 

たっぷりとフワフワの泡を立てて顔に優しく手のひらで抑えるようにつけるとよいそうです。

 

肌には触れずに、なでるだけで洗顔の効果が十分ありました。

 

お化粧もきれいさっぱり落ちていました。

 

泡洗顔をすると、汚れが落ちるだけでなくシミも3ヶ月ほどで消えていく、という驚きの効果があるといいます。

 

シミがきになる方は試してみたくなりますね。

 

最近泡がたっぷり立つ石鹸がもてはやされていますが、こんなにも肌をきれいにする効果があったわけですね。

 

今回の放送内容をまとめてみると、お肌を手入れする時は、、こすらないこと、1日2回の保湿をすること、時には手入れを休むこと。

 

たったこれだけの方法をするだけなのですが、カサカサだった荒れた肌もつるつるで、しっとりとした肌になれるわけです。

 

今までいろんな美容法が出回っていますが、なんだか最低限のことだけですます方が、お肌にとっては最もよいということのようです。

 

なんだか拍子抜けしてしまいました。

 

お肌にとって良いことが、今まで、わかってるようで明らかにされなかったような気もします。

 

たっぷりの乳液も栄養たっぷりの美容液も、それぞれに効果があるとされますが、ことカサカサの肌の人にとっては、、あまり効果的ではなかったようです。

 

肌の状態を改善させるためには、10月または11月の時期に肌が乾燥する直前に、上記のような簡潔なお手入れによって、乾燥肌を改善することができます。

 

お肌を優しく扱って刺激を与えないようにすることは、皮膚の下の毛細血管を壊すことがなくなるので、ぜひ覚えておきたいと思いました。
を肌はあくまでそっと優しく、洗顔の後は保湿クリームを優しくぬる。

 

お肌が乾燥しやすい人にとって、今回のお話はとても参考になると思います。

 

季節の変わり目だからといって、美容液やパックやサプリメントなどに頼りすぎないようにしてください。

 

今回も有益なお話をどうもありがとうございました。

 

NHKためしてガッテン2010年11月3日放送
「カサカサプルプルに素肌力劇的アップ秘技」シミ消し洗顔赤ちゃん肌

 

石鹸は泡立ちのよいものであればお好きなものでいいみたいです

 

石鹸ネットを使えば泡立ちは簡単

 

NHKためしてガッテン2010年11月3日放送
「カサカサプルプルに素肌力劇的アップ秘技」シミ消し洗顔赤ちゃん肌


スポンサーリンク






  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

●エステ顔負けの全身「美」痩せ術

  1. リンパを使ったダイエットを使うので、老廃物がしっかり流れる。
  2. 余分な水分・脂質・老廃物などが、排泄され易い体質になる。
  3. 代謝がアップ。
  4. 無理をしなくても身体がやせていく。
●大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」体験談

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 基礎化粧選び方 スキンケア基本 シミ・しわ・たるみ プラセンタ 脚を細くする方法 化粧品口コミ