低体温と冷え症(冬に危険な低体温症)

低体温と冷え症(冬に危険な低体温症)・あさイチ

スポンサーリンク

低体温と冷え症(冬に危険な低体温症)・あさイチ

低体温

NHKあさイチ2011年1月5日放送
「低体温と冷え症(冬に危険な低体温症)」

 

低体温とい言葉をよくきくようになりましたね。

 

特に女性に多いようですが、体温低めの人には気になるうわさがながれています。

 

たとえば、体温が一度さがると免疫力が30%下がる?

 

体温が35度台だと、ホルモンバランスが低下する?

 

低体温の人は太りやすい?

 

低体温の人はむくみや肌荒れがおこりやすい?

 

という話題を、見聞きされたことがあるかもしれません。

スポンサーリンク


 

低体温とは

 

今回の健康情報は、大阪国際大学の井上芳光教授のアドバイスでした。

 

井上芳光先生は30年にわたって、低体温の研究を続けてこられた第一人者です。

 

まず低体温と冷え性は違うものだということ。

 

低体温とは、深部体温(体の中心部の体温)が35度台の人とのことをさすのだそうです。

 

普通の人は深部体温が、36.5〜37.5度の間なのだそうです。

 

深部体温を測る方法はいくつかあるそうですが、番組では直腸の温度を測っていました。

 

深部体温はわきの下の体温とは違って、体の奥の体温になり、ここはわきの下の温度より1度以上高いのがあたりまえ。

 

低体温

人は体の外側にいくほど体温が低くなる。

 

室温が変化しても、深部体温は変化せず、人の体は深部体温を一定に保とうとする。

 

外気が冷たいと、深部体温を維持するために、毛細血管を収縮させて、熱の発散を防いでいる。

 

それが人体に備わった防御反応なのだそうです。

 

手足が冷たいと感じる女性はとても多いので、そういう人が冷え性といわれやすいですが、末端を冷たくするのは体の働きとしてあたりまえで、女性の場合は男性にくらべ、皮膚の下の冷たさを感じるセンサー「冷点」が多いのだそうです。

 

なのでどうしても冷たさを感じるのは女性が多いようです。

 

また普通に体温計で測って、35度台やもっと低い方もあるようですが、そういう方でも、深部体温を正確に測ると、36.5〜37.5度の間であることが多く、正常の体温といえるそうです。

 

いつも測る体温だけで、低体温だと決めることはできないそうです。

 

ここで体温計の測り方ですが、デジタル体温計を一般に使いますよね。

 

正しい体温計の測り方は、わきの下に腕と30度の角度に向けて密着させ、じっとして10分間計るのが正しいようです。
10分後にも、ピピっという音が鳴るようになっているそうです。

 

1〜2分の短時間でなったときは、まだ計測の途中で、その後も体温は上昇するそうです。説明書に、そう書いてあるそうですよ。

 

まだ体温計の説明書がある方はぜひ確認してみてください。

 

体温計も舌の下で測るのに適したものと、脇の下で測るのが適したものとあるそうですし、測り方の特色もあるようなので、ピピッと鳴った時点で判断するのは間違いとのことです。

 

寒さを感じるセンサーは胸のあたりにあるそうなので、寒いときは重ね着をするとかマフラーをすると、随分と暖かく感じられるようになるそうです。

 

低体温症とは

低体温

それから冬には「低体温症」という病気が起こりやすいようです。

 

重篤な場合は死にいたるそうです。

 

症状は特にないようで、本人ではまずわからないようで、ぼんやりしている感じやつじつまが合わないことを言うなどがあれば、周りが気づいてあげるしかないようです。

 

深部体温が下がっているので、体そのものが冷たくなっているので、触ってみるようにしてください、と。

 

低体温症は、糖尿病の人や脳梗塞が引き金になりやすいようで、年齢の高い人に多いそうです。

 

皮膚の下にある、あつい寒いを感じるセンサーの感度は、40代以降、鈍感になっていくようです。

 

これは加齢するにしたがって余計鈍感になっていくそうなので、外気の変化に反応しづらくなっていく、誰もがそうなっていくそうで、予防のしようがないみたいです。

 

(質問の中で、平熱が37.5度くらいあると、高すぎるのではないかというのがありました。先生のお答えは、本人がそれでなんともなければ、それでかまわない。そうです。)

 

首や胸周りをあたたかくして、軽い運動を心がけて血行をよくすることで、寒さから身を守る力も増していくようです。

 

これから寒さが厳しくなっていきますが、お体に注意しておすごしください。

 

どうもありがとうございました。

 

NHKあさイチ2011年1月5日放送
「低体温と冷え症(冬に危険な低体温症)」

 

 

NHKあさイチ2011年1月5日放送
「低体温と冷え症(冬に危険な低体温症)」

 


スポンサーリンク




低体温と冷え症(冬に危険な低体温症)・あさイチ関連エントリー

シミシワ&血管!老けて改善術
脳科学でストップ!むだづかい&衝動買い
スゴ技Q みんな大好きバナナの極意の要点はこうです
冬の快眠術(寒さや乾燥に負けない)
スゴ技Q健康&美ボディースペシャル・大腰筋
こむら返り徹底研究・あの痛さにサヨウナラ!のまとめです
女性は要注意!夏の冷え症・あるウォーキングで改善できた
戸田恵子さんの素敵な素顔・あさイチ
大腰筋エクササイズの極意・あさイチ
実はあなたも!?骨粗そう症・あさイチ
麦茶で冷え改善・おいしい麦茶の作り方・あさイチ
脂肪を燃やしてくれる赤身肉・あさイチ
肩こり解消くびれ効果のストレッチは蹴伸び・あさイチ
シワ取りで目指せ!シワなし美人・あさイチ
足と顔のむくみ解消・あさイチ
アンチエイジングストレス(年齢にあらがう)のは悪いこと?・あさイチ
かかとの角質ケア・あさイチ
愛すべきたまねぎ血管若返り・あさイチ
40代から要注意!筋肉量減少でサルコぺニア肥満・あさイチ
お麩・くるま麩のパワーと簡単レシピ・あさイチ
これで快腸!決定版「腸メンテナンス」・あさイチ便秘解消
女の旬は50から、作家五木寛之さん・あさイチ
食欲を抑える秘技で体重減・あさイチ
閉経を語ろう(閉経の不安・体と心に何が)・あさイチ
脳卒中による麻痺が劇的に改善する川平法・あさイチ
リンパを○○するだけ 夏疲れ・コリ・むくみ解消・あさイチ
アトピー性皮膚炎に朗報!新事実簡単ケアで劇的改善・あさイチ
今ブーム!炭酸パワー 美肌便秘実力検証・あさイチ
女性に捧げる老けたくないSP・あさイチ
牛肉からセシウム 検査は万全か?・あさイチ
汗ばむ夏どうする?オンナの体臭・あさイチ
夏の食品保存 鮮度落ちない冷凍術・あさイチ
氷でのり切るスゴ技 透明&ふわふわ氷をカンタンに・あさイチ
イチからわかる内部被ばく・あさイチ
エアコン扇風機徹底活用で消費電力削減・あさイチ
本当は怖いカビ!?超簡単!風呂・台所・エアコン場所別退治法・あさイチ
昼寝術!わずか○分で体重減・寝つき改善・美肌も・あさイチ
スーパー主婦!捨て上手になる 紙・服あふれる家激変・あさイチ
ワキ汗に悩まない秘策・あさイチ
楽々カンタン!−15%の節電術・あさイチ
新クールスタイリング・あさイチ
紫外線対策のウソ・あさイチ
30代から要注意 老眼の真実!・あさイチ
股関節ケアでプロポーションアップ・あさイチ
女性の悩み たれ尻徹底対策!・あさイチ
「驚きの連続アロマの力」認知症が改善&予防!?究極の癒し和のアロマ・あさイチ
防げバスト崩壊 たれる縮む悩み解決 いとしのおっぱい・あさイチ
「プロ直伝の包丁術」完全保存版・あさイチ
「最新研究ほめたら体重減」人生を変える!ほめパワー・あさイチ
悩み解消写真うつりUP大作戦 驚き!小顔スリムに笑いジワも解消・あさイチ
クマ出没もしもの時!超防衛策・あさイチ
ママチャリ乗るだけ下半身太り解消・あさイチ
足のトラブル解消法第2弾(水虫・むくみ・冷え)・あさイチ
ココロもカラダもめざせ!呼吸美人!・あさイチ
老け顔の敵たるみを防ぐ・即効性体操・あさイチ
めざせ!美髪の達人・あさイチ
水辺の事故の防止術(おぼれたら・・)・あさイチ
美肌菌でうるおい肌!おすすめ洗顔法・あさイチ
がんばり主婦が”ママうつ”になる?予防法・あさイチ
魔法の粉重曹をお得に徹底活用・あさイチ
これでスッキリ!女性の尿トラブル・あさイチ


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

●エステ顔負けの全身「美」痩せ術

  1. リンパを使ったダイエットを使うので、老廃物がしっかり流れる。
  2. 余分な水分・脂質・老廃物などが、排泄され易い体質になる。
  3. 代謝がアップ。
  4. 無理をしなくても身体がやせていく。
●大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」体験談

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 基礎化粧選び方 スキンケア基本 シミ・しわ・たるみ プラセンタ 脚を細くする方法 化粧品口コミ