アンチエイジングSP(老化の原因物質がわかった!)

アンチエイジングSP(老化の原因物質がわかった!)

スポンサーリンク

アンチエイジングSP(老化の原因物質がわかった!)

アンチエイジングSP(老化の原因物質がわかった!)

NHKためしてガッテン2011年5月18日放送
「アンチエイジングSP(老化の原因物質がわかった!)」

 

全身の老化にかかわる原因物質が、このたびわかりました。

 

ということは、老化をふせぐ方法もわかる、ということでしょうか。

 

肌の老化も、骨の老化も、目の老化も、犯人は同じだったのです。

 

犯人は「AGE」とよばれるもので、「終末糖化産物」という名称とのこと。

スポンサーリンク


 

老化すると、肌のコラーゲンも、骨も茶色くなって、柔軟性がなくなり、もろくなっていきます。

 

誰もが老化するのは避けられないとしても、老化している程度は人それぞれのようです。

 

番組では自分の体が、何歳上なのか下なのかがわかる、

 

AGEリーダーという器械で、瞬時にAGE年齢を測定できる器械で測っていました。

 

それによると、瀬川さんプラス7歳、タカさんプラス18歳、山瀬さんプラス25歳、

 

あまり老化が進んでいる?ようで、みなさんびっくりです。

 

でも改善の方法が後で、ありましたよ。

 

ちなみに小野アナはマイナス16歳です!!

 

さて、老化つまりAGEを生み出すには、ある法則があります。

 

それは<(たんぱく質+糖)×時間=AGE>です。

 

体のたんぱく質と、時間は変えようがないので、ここでは糖が問題になります。

 

血液中の糖が多くなると、血管の外に糖がはみ出て戻らなくなる現象がおき、これが糖化がおこるといい、糖化が戻りにくいところに、AGEが増えていきます。

 

糖化が戻りにくいところは、コラーゲンがあるところで、

 

糖化が戻りにくいところは、骨、内臓、血管、肌だそうで、

 

肌(皮膚)はその70%がコラーゲンだということです。

 

一番肌が老化しやすい場所のようです。

 

コラーゲンは細胞と細胞の間をつなぐ接着剤のような役目で、

 

全身の細胞の土台となります。

 

コラーゲンが糖化していくことが、老化といえるわけです。

 

では、もう老化してしまったところは、もどらないのか?

 

という不安がおこりますが、改善の余地はあるみたいです。
すくわれますね。

 

 

ここで、東北大学大学院教授の宮田敏男先生の登場です。

 

血糖値が高いと、糖化が進んでいると判断でき、

 

動脈硬化や、白内障、認知症、骨折のリスクが非常に高まってきます。

 

血糖値は食生活やストレス、運動などによって変化があり、

 

食後の高血糖でも、糖化は進むことがあるといいます。

 

「糖化をおくらせるには、たんぱく質の代謝の早い組織では、

 

生活習慣を変えることで糖化が改善する」と先生はおっしゃいます。

 

そこで、その改善の方法です。

 

これが今日のポイントです。

 

糖尿病の人の食事の実験で、薬よりも改善効果があったものです。

 

それは、先に野菜をたべてから、ご飯をあとで食べるようにするというものです。

 

食べる順序を変えるだけです。

 

野菜が先に腸に到達することで、糖が腸にでにくくなる。

 

またご飯を先に食べると一気に血糖値があがりやすい。

 

野菜を先にたべるようにすることで、血糖値が下がり、

 

自然と野菜をとるようになり、ご飯も控えめになるのでダイエット効果があるわけです。

 

食事で実験というか治療を受けていた患者さんたちは、

 

多くが6ヶ月の期間で体重を何キロか落としていました。

 

野菜を先に食べることで、糖化が防げる、つまり老化が防げ、ダイエットにもつながるというわけです。

 

知識としっておくといいですよ、と司会の立川志の輔さんはおっしゃっていましたが、

 

糖化が抑制できるということは、老化が抑制できるという意味で、これは絶対に覚えておきたいし、できれば食事の際、実行できればそれにこしたことはないです。

 

今自分が小野アナさんのように、実年齢よりAGE年齢が若いなら、このままの生活習慣でいいわけですが、ストレスの多い生活や、早くお腹をふくらませようという食べ方をしているなら、ぜひとも見直したほうがいいはずです。

 

自分は毎日、どんな食事のとりかたをしているかを振り返るのに、いい機会です。

 

この内容は簡単、野菜を先に食べ、ご飯はあとにする。

 

このことを食事のときに思い出して、食生活を改善していくようにしたいと思いました。

 

野菜から!

 

宮田敏男先生たちは、AGEを抑制するような薬を、今開発中なのだそうです。

 

できあがったら、それこそ引っ張りだこか、秘密にされるかのどっちかかもしれません。
でも、期待したいですね。

 

今、血糖値がたかい方は、薬とともに、食事は野菜から、と覚えておかれるといいですね。

 

どうもありがとうございました。

 

NHKためしてガッテン2011年5月18日放送
「アンチエイジングSP(老化の原因物質がわかった!)」

 

 

 

 

 

NHKためしてガッテン2011年5月18日放送
「アンチエイジングSP(老化の原因物質がわかった!)」

 

 

 

 


スポンサーリンク






  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

●エステ顔負けの全身「美」痩せ術

  1. リンパを使ったダイエットを使うので、老廃物がしっかり流れる。
  2. 余分な水分・脂質・老廃物などが、排泄され易い体質になる。
  3. 代謝がアップ。
  4. 無理をしなくても身体がやせていく。
●大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」体験談

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 基礎化粧選び方 スキンケア基本 シミ・しわ・たるみ プラセンタ 脚を細くする方法 化粧品口コミ