閉経を語ろう(閉経の不安・体と心に何が)

閉経を語ろう(閉経の不安・体と心に何が)・あさイチ

スポンサーリンク

閉経を語ろう(閉経の不安・体と心に何が)・あさイチ

閉経の不安

NHKあさイチ2011年9月26日放送されました
「閉経を語ろう(閉経の不安・体と心に何が)」

 

初潮や生理については、学校で教えてもらえるのですが、閉経については、教えてもらう機会というのはありません。

 

やがて閉経するだろうと意識しだす年代になると、何かとわからないことが多く、不安ですよね。

 

たとえば女で無くなってしまうんじゃないかとか、夫婦関係が途絶えるんじゃないかとか。

スポンサーリンク


 

閉経年齢は50.54歳

 

「閉経」というのは、40歳以上で、1年以上生理がないこと。と定義されています。

 

日本の平均の、閉経年齢は50.54歳。

 

その数年前ぐらいから、生理の間隔に、ばらつきが出るようになったり、、体調が不調になったりして、だいたい50歳前後で生理が無くなっていくそうです。

 

とつぜんばったりと生理が来なくなって、閉経するということもあるようですが、数は少ないそうで、多くの人は、徐々に間隔長くなったりして、閉経に至るそうです。

 

(月経が乱れるのは、卵巣が老化るからだそうです)

 

 

閉経で何が変わるか

閉経の不安

 

閉経すると何が起こるかというと、まずは女性ホルモンが減少します。

 

子宮は約三分の一に縮んでしまいます。

 

女性ホルモンが減少することによって、体にもまざまな影響が現れます。

 

たとえば太りやすくなったり、性交痛が出るようになったりするそうです。

 

閉経から5年間が、一番太りやすいと、お医者さんが断定していましたので気をつけたいですね。

 

(女性ホルモンは脂肪を燃焼させる働きもあるのだそうですが、これがなくなるからです)

 

また性交痛が起こるのも、粘膜を潤す働きのある女性ホルモンが減ることによって、膣が乾きやすくなるためだそうです。

 

大抵は「潤滑ゼリー」を利用すると解決できるそうですが、ひどい場合は病院での治療方法もあります。

 

ひどい性交痛には、「膣座薬」や「ホルモン補充療法(HRT)」がとられるそうです。

 

ホルモン補充利用法は、飲み薬でなく、最近では貼るとか塗るというタイプのものが増えてきて、体への負担がほとんどないお薬が主流になっているそうです。

 

貼るだけで、ホルモンの補充ができるってすごいですね!

 

性交痛については、神奈川県の野末悦子先生が解説されていました。

 

 

閉経後はセカンドステージ

 

女性の平均寿命を考えると、閉経後まだ30年から40年の人生があります。

 

閉経後の人生を「セカンドステージ」ととらえて、前向きに明るく過ごしていけるよう、おおらかに考えればいいのだと、アドバイスの先生がたはおっしゃっていました。

 

また、「無事に閉経を迎えておめでとう!」といった気持ちで、自分へプレゼントするのもいいのではないかとゲストの方もおっしゃっていました。

 

これから閉経を迎える女性にとっては、体調の変化もあり不安のようですが先輩がたが、電話相談を受けてくださるところもあったりするので、利用して少しでも早めに不安を取り除くようにできるといいですね。

 

また閉経した方たちは、やたらに明るく元気になっている方や、これで気にせず夫婦生活ができるとおっしゃっている方もありますので、気持ちがさっぱりするという面もあると思います。

 

女性なら必ずだれもが、50歳前後で閉経を迎えます。

 

それを当たり前のこととして受け入れて、「女性が終わる」というイメージではなく、新しい人生のステージが始まるという意識が持てるようになるといいと思います。

 

それについて参考になる本が紹介されていました。

 

平安寿子著「あなたがパラダイス」です。

 

これを読むと閉経で女が終わるというイメージが、払しょくできるそうです。

 

閉経については、ご主人や周りの男性にも、体調の変化などが起こることを理解していただけると、さらにいいですね。

 

それには女性からも、うまく伝えるという努力が必要だと思いますが。

 

閉経については、更年期障害と同時に語られてきたような気がします。

 

生理が終わっても、女性であることに変わりはありません。

 

男性諸氏のいわゆる「熟女」としてのイメージもアンケートにはあったりしたので、閉経しているしていない、ということそのものはあまり、関係ないんじゃないかなと思いました。

 

今日は短い時間(8時55分まで)しかとれなかったようなので、、視聴者のアンケートや質問にさく時間がなく、残念でした。

 

有意義でためになるお話し、どうもありがとうございました。

 

 

潤滑ゼリーって数百円〜2000円くらいの価格帯のようです。

 

NHKあさイチ2011年9月26日放送されました
「閉経を語ろう(閉経の不安・体と心に何が)」

 

(美容健康シリーズの抜粋では、これは!と思える「見た目のキレイと内面からの元気」をテーマに、さらっと読めば要点がつかめるようにまとめています。)

 


スポンサーリンク




閉経を語ろう(閉経の不安・体と心に何が)・あさイチ関連エントリー

シミシワ&血管!老けて改善術
脳科学でストップ!むだづかい&衝動買い
スゴ技Q みんな大好きバナナの極意の要点はこうです
冬の快眠術(寒さや乾燥に負けない)
スゴ技Q健康&美ボディースペシャル・大腰筋
こむら返り徹底研究・あの痛さにサヨウナラ!のまとめです
女性は要注意!夏の冷え症・あるウォーキングで改善できた
戸田恵子さんの素敵な素顔・あさイチ
大腰筋エクササイズの極意・あさイチ
実はあなたも!?骨粗そう症・あさイチ
麦茶で冷え改善・おいしい麦茶の作り方・あさイチ
脂肪を燃やしてくれる赤身肉・あさイチ
肩こり解消くびれ効果のストレッチは蹴伸び・あさイチ
シワ取りで目指せ!シワなし美人・あさイチ
足と顔のむくみ解消・あさイチ
アンチエイジングストレス(年齢にあらがう)のは悪いこと?・あさイチ
かかとの角質ケア・あさイチ
愛すべきたまねぎ血管若返り・あさイチ
40代から要注意!筋肉量減少でサルコぺニア肥満・あさイチ
お麩・くるま麩のパワーと簡単レシピ・あさイチ
これで快腸!決定版「腸メンテナンス」・あさイチ便秘解消
女の旬は50から、作家五木寛之さん・あさイチ
食欲を抑える秘技で体重減・あさイチ
脳卒中による麻痺が劇的に改善する川平法・あさイチ
リンパを○○するだけ 夏疲れ・コリ・むくみ解消・あさイチ
アトピー性皮膚炎に朗報!新事実簡単ケアで劇的改善・あさイチ
今ブーム!炭酸パワー 美肌便秘実力検証・あさイチ
女性に捧げる老けたくないSP・あさイチ
牛肉からセシウム 検査は万全か?・あさイチ
汗ばむ夏どうする?オンナの体臭・あさイチ
夏の食品保存 鮮度落ちない冷凍術・あさイチ
氷でのり切るスゴ技 透明&ふわふわ氷をカンタンに・あさイチ
イチからわかる内部被ばく・あさイチ
エアコン扇風機徹底活用で消費電力削減・あさイチ
本当は怖いカビ!?超簡単!風呂・台所・エアコン場所別退治法・あさイチ
昼寝術!わずか○分で体重減・寝つき改善・美肌も・あさイチ
スーパー主婦!捨て上手になる 紙・服あふれる家激変・あさイチ
ワキ汗に悩まない秘策・あさイチ
楽々カンタン!−15%の節電術・あさイチ
新クールスタイリング・あさイチ
紫外線対策のウソ・あさイチ
30代から要注意 老眼の真実!・あさイチ
股関節ケアでプロポーションアップ・あさイチ
女性の悩み たれ尻徹底対策!・あさイチ
低体温と冷え症(冬に危険な低体温症)・あさイチ
「驚きの連続アロマの力」認知症が改善&予防!?究極の癒し和のアロマ・あさイチ
防げバスト崩壊 たれる縮む悩み解決 いとしのおっぱい・あさイチ
「プロ直伝の包丁術」完全保存版・あさイチ
「最新研究ほめたら体重減」人生を変える!ほめパワー・あさイチ
悩み解消写真うつりUP大作戦 驚き!小顔スリムに笑いジワも解消・あさイチ
クマ出没もしもの時!超防衛策・あさイチ
ママチャリ乗るだけ下半身太り解消・あさイチ
足のトラブル解消法第2弾(水虫・むくみ・冷え)・あさイチ
ココロもカラダもめざせ!呼吸美人!・あさイチ
老け顔の敵たるみを防ぐ・即効性体操・あさイチ
めざせ!美髪の達人・あさイチ
水辺の事故の防止術(おぼれたら・・)・あさイチ
美肌菌でうるおい肌!おすすめ洗顔法・あさイチ
がんばり主婦が”ママうつ”になる?予防法・あさイチ
魔法の粉重曹をお得に徹底活用・あさイチ
これでスッキリ!女性の尿トラブル・あさイチ


  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

●エステ顔負けの全身「美」痩せ術

  1. リンパを使ったダイエットを使うので、老廃物がしっかり流れる。
  2. 余分な水分・脂質・老廃物などが、排泄され易い体質になる。
  3. 代謝がアップ。
  4. 無理をしなくても身体がやせていく。
●大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」体験談

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 基礎化粧選び方 スキンケア基本 シミ・しわ・たるみ プラセンタ 脚を細くする方法 化粧品口コミ