美容情報あれこれ

秋バテとその解消法

スポンサーリンク

秋バテとその解消法

秋バテとその解消法

2013年の夏は暑い暑い夏でした。

 

それがようやく過ぎたかと思った9月下旬、いったん涼しくなったもののまた30°を超えるような気温が10月の上旬も連日続きます。

 

秋バテで受診する人も増えているそうです。

 

季節は秋になったものの、やる気が出てこないとか食欲がわかない、頭がのぼーっとする、たちくらみやめまいがする、朝すっきり起きられない、などの症状が秋バテです。

スポンサーリンク


 

秋バテは、夏バテに比べて気温の高低差が激しく自律神経がそれに追い付いていけるない、引き続き暑さが続くことによるストレス、冷たいものをとり続ける胃腸の不調などで引き起こされてきます。

 

本来秋の涼しいり季節になれば、食欲も増して気持ちよく仕事や、勉学に打ち込めるはずです。それなのに今年の秋は、ようやく秋が深まりそうな気配だしたかと思ったらまた真夏の30°超えるような気温を繰り返しました。

 

現在10月12日ですが、日本の各地でまだ30°を超える日が今日も続くと予想されています。ついついアイスや冷たいものを食べたくなってしまいますが、体調が良くない人は、秋バテしているかもしれません。

 

以下のような方法で、体調を戻してください。
秋バテ解消法です。

 

38〜40°のぬるめの湯船につかる。

 

ぬるめの湯にゆっくりつかると、気持ちよいと感じます。心身がリラックスして血流がアップ、自律神経の働きをアップさせるのに効果的な方法です。

 

朝食にあったかい食べ物を食べる。

 

温かい味噌汁や温かいスープ、野菜いためなど、とにかく出来立ての温かい食事を朝食にとるようにします。
温かい食事は消化器系を活発にして、活動のスイッチを入れます。自律神経が順調に働く手助けとなります。

 

かき氷やビール、アイスティーなど、冷たい飲み物を避けます。

 

日中暑いと冷たい食べ物がほしくなりますが、弱っている胃腸をさらに痛めつけることになるので、できる限り避けます。

 

秋バテには特効薬はないようです。日常生活のなかでできることを繰り返し心掛けていくことで解消されていきます。どうぞお大事にしてください。

 

 


スポンサーリンク






  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

●エステ顔負けの全身「美」痩せ術

  1. リンパを使ったダイエットを使うので、老廃物がしっかり流れる。
  2. 余分な水分・脂質・老廃物などが、排泄され易い体質になる。
  3. 代謝がアップ。
  4. 無理をしなくても身体がやせていく。
●大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」体験談

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 基礎化粧選び方 スキンケア基本 シミ・しわ・たるみ プラセンタ 脚を細くする方法 化粧品口コミ