コラーゲンの効果/コラーゲンって何?特徴を知って利用するために

「コラーゲン」は美容に関係のある成分の中で知名度は定着してきていますね。

ローヤルゼリーもそうですが、ほとんど毎日聞くようになった成分です。

どうしてこんなにもてはやされているかというと、「コラーゲン」は人間の身体、特に女性の身体を美しくする上で、非常に大きな効果が期待できるからです。

ですから美容目的の商品だけではなく、健康食品など様々な食品にも含まれるようになりました。

とはいってもその特徴や働きを知っているかといわれたら、正確に答えられる人は少ないのではないでしょうか。

コラーゲンの正体はタンパク質

そこで「コラーゲン」は美容に良いらしいその理由を、もっと納得して体に取り入れていきたくなりましたので、調べていったんです。

そもそも「コラーゲン」は、摂り方だけでもいろんな方法があるのです。

食事に時間をさけないという人向けに、コスト面で抑えたいという人向けに「コラーゲンドリンク」が開発され、利用する人も増えています。

「コラーゲンドリンク」は「飲むヨーグルト」と同じ発想で、「コラーゲン」を摂取することのできるドリンクです。

飲むだけという手軽さが受けています。

こういった商品が開発されることでより「コラーゲン」を意識している人が、若い人達だけでなく中高年の人達の間にも流行っているようなのです。

なんかいいらしい「コラーゲン」、その正体は?というと。

「タンパク質の一種」です。

タンパク質なのですから、人間に限らずほとんどの動物の中に「コラーゲン」は存在しています。

そして、体内の様々な箇所に「コラーゲン」は存在しているのです。

人の体でいうと、表皮の下にある真皮が最もわかりやすく割合的にも多いです。

他にも、骨や軟骨、靭帯、腱といった、人の身体を形成する上で非常に重要な部分に「コラーゲン」は存在しています。

そして「コラーゲン」は、タンパク質の中でも主要なタンパク質で、実に体内の全タンパク質の3割が「コラーゲン」なのです。

人間の身体にとって、「コラーゲン」はなくてはならないものなのですね。

そのため「コラーゲン」を摂取するということは、同時に身体の主成分を補うという意味にもなるわけです。

コラーゲンには危険性がない

それまでは外から摂りいれたことのないタンパク質を、体の中に補えるようになった、これは画期的なことで、コラーゲンの重要性はあまりにも大きいのです。

「コラーゲン」そのものには、身体に悪い成分やリスクがあるわけではありません。

そのため摂取すること自体に何ら問題はなく、その働きを知らないままに摂取し続けても危険が伴うということはありません。

でも、「コラーゲン」にどんな働きが期待できるのかということを知っておけば、自分にとっての必要量、より効率の良い摂取の仕方などがわかってきます。

そうすればコスト面でも、体調管理の面でも、自分の求める方法でコントロールできるようになるはずです。

コラーゲンの種類と働き

尿トラブル改善

体に必要なタンパク質のひとつであるコラーゲンは、数種類のコラーゲンに分類されます。

種類がちがえば働きも違います。

通常摂取できるコラーゲン、医薬品や健康食品、化粧品等に含まれる「コラーゲン」は、次の1~4四種類の中のどれかに分類されます。

特徴をみてみると、

「1型コラーゲン」は、「線維性コラーゲン」の一種という分類です。

この「線維性コラーゲン」が人間の体内の「コラーゲン」の中でも最も多く存在しているので、コラーゲンといえばコラーゲン線維と同義語のように言われることもあります。

「1型コラーゲン」は、骨に対して弾力性を持たせ、皮膚を強くするなどの働きがあります。

「2型コラーゲン」も「線維性コラーゲン」の一種で、こちらは関節痛を和らげる働きがあります。

「3型コラーゲン」は細胞の足場となる「コラーゲン」で、「1型コラーゲン」と共存していることの多い「コラーゲン」です。

「4型コラーゲン」は四種類の中で唯一の非線維性「コラーゲン」で、上皮細胞の足場となる働きがあります。

人の身体の中のタンパク質中、実に30%を占める「コラーゲン」は、年齢とともに減少していくのがわかっていますので、それを補おうとして、医薬品等として利用されているわけです。

その中でもドリンクという形状であれば、一番摂取しやすいというわけで、若々しさを維持したい人に人気の商品になっています。

コラーゲンの特徴を知る

体内のタンパク質の3割がコラーゲン。

摂りいれている四種類のコラーゲンは、主に骨や関節、皮膚を強くする働きがある。

体内への危険性がないので、食品や化粧品などに多く利用されている。

老化で減少するコラーゲンを補うので、健康と美容によいと人気の高い成分。

アスタリフトのコラーゲンドリンクがオススメです!
女性なら誰でも「いつまでもキレイなままでいたい!」と思いますよね。 現在は、いつまでもキレイにいたい方の為にコラーゲンドリンクが発売されています。 そのコラーゲンドリンクの中でも私がオススメしたいのは何といってもアスタリフトのコラー...
フラバンジェノール配合「7日間集中ケアセット」の効果・口コミや評判
肌年齢にダメージを以上はもう受けたくない!という悩みに応えてくれる、「フラバンジェノール配合」のエイジングケアの基礎コスメティックです。 ぜひ試してみたいっておもって、買ってみました。 年齢を続けるごとに自信が持てる肌に、そういう願...
created by Rinker
DHC(ディー・エイチ・シー)
¥1,752 (2022/10/06 15:55:07時点 Amazon調べ-詳細)

コラーゲン副作用なしだけど注意点はあります

サプリメントや美容成分で、摂りすぎが体に悪影響があるなど話題になった成分がありましたから、コラーゲンはどうかしら?と気になる方もあるかもしれません。

特に美容にいい、老化が防止できるとなると、できるだけたくさん摂取しておこうと考えるかもしれません。

美容にいいはずのものが、逆に働くことになっては大変です。

まして健康被害などになっては元も子もありませんので、心配は残りますね。

コラーゲンの一日の摂取量は

そこで結論的には、常識的な範囲なら「コラーゲン」を摂り過ぎることで問題が生じることはありません。

あまりにも大量に摂取しすぎると腎臓に負荷がかかってしまいます。

こうしたことはあらゆる成分、あらゆる食品に関していえることであって、「コラーゲン」特有の副作用ではありません。

適量を上回る量を摂ったからといって、その分だけ肌がツルツルになって美容効果が上がるというものではありません

ですから、老化を早く防ぎたいからといって多量に飲んでも、あまり意味はありませんから、経済的にも無駄になるでしょう。

摂取量はあくまで適量がよいのです。

「コラーゲン」の摂取量として適切な量は、一日に5グラム程度です。

元々体内にある成分のコラーゲンは、1日あたり2グラム程損失するといわれており、5グラム摂取すれば補充は十分できることになります。

これから摂取しようという方は、「コラーゲン」の含有量をチェックし、一日に摂れる量を確認しておくと良いですね。

何を期待してコラーゲンを摂るか

コラーゲンの注意点

「コラーゲンの働きを全部体に効かせたい」と欲張って考えているのは私だけでしょうか。

動脈硬化予防や歯周病予防、美肌効果などがあると聞くと、どれも効果的に働いてほしいと考えてしまうのです。

でもコラーゲンだけでは、その働きができないのです、残念ながら。

そこでコラーゲンが有効に働いてくれるために、合わせて摂らなくてはならない成分が出てきます。

例えば、健康面を重視するなら、ビタミンCと一緒に摂取するのが得策です。

なぜなら「コラーゲン」はタンパク質なので、タンパク質を体内で吸収しやすくするためには、ビタミンCを一緒に摂取するのが一番よいといわれているのです。

ビタミンCには、「コラーゲン」の吸収を助けるだけでなく、体の調整作用をするのに欠かせないビタミンです。

抗酸化力のある、シミを作りにくくする成分でもあるビタミンCは、案外摂取しにくいといわれているので、効率的にとるためにも一緒に配合されているものがよいでしょう。

美容面を優先してコラーゲンを摂ろうとするなら、コエンザイムQ10と同時に摂取するのがおすすめです。

なぜなら、「コラーゲン」は、コエンザイムQ10があってはじめて効果的になる成分だからです。

コエンザイムQ10は細胞にエネルギーを与える補助成分なので、「コラーゲン」を細胞に届けるために必要になるものだからです。

いくらコラーゲンが優れた成分だからといって、単独で体内で働くことはできないというわけです。

一日の摂取量が5グラムくらいが適量とされるコラーゲンですが、健康食品やコラーゲンドリンクなどの中には、含有量のかなり多いものもあります。

摂り過ぎに害はないとはいえ、体内に不要物等になって残ることはありません。

不必要な分は、対外へ排出されるようになっているので、その点はあまり神経質にならなくてもよい成分です。

コラーゲンの一日の必要量は5グラムで十分な量、それを目安に。

美容面か健康面かのどちらを重視するか、利用目的をしぼることで他の含有成分を見極める必要がある。

過剰摂取しても特に問題はない。

コラーゲン不足は肌老化だけでなく骨や血管にも悪影響

コラーゲン不足は肌老化だけでなく骨や血管にも悪影響

コラーゲンは、体の隅々に存在して、身体の機能を活かす働きをしています。

しかしながら年齢が上がると、誰でもコラーゲンの生産力は減ってしまいます。

体の各部で働いているコラーゲンが減っていくと、どんな影響を受けるのかをみていきます。

コラーゲン製品が求められる理由もきっとわかってくでしょう。

コラーゲン不足が見た目の老化を招く

「アンチエイジグ」の美肌のためには何がいいかといえば、たいてい「コラーゲン」と答えがかえってくるでしょう。

それだけコラーゲンの話題は、あちこちでされています。

お肌によいと評判のコラーゲンですが、どのようにお肌に影響するのでしょう。

まずコラーゲンは、皮膚や関節に主に存在しています。

そして体のあらゆるところにあって、細胞と細胞を繋ぎ合わせる働きをしています。

例えば肌には、水分とそれ以外の組織がありますが、水分を取り除いた約7割がコラーゲンとも言われるのです。

それほどに重要な部分をしめていて、身体に無くてはならないものなのです。

肌のハリは、細胞同士をつなぎ合わせるコラーゲンが支えている、コラーゲンによってハリのある肌が保てるといって過言ではありません。

またコラーゲンには水分保持力があるので、コラーゲン内に蓄えた水分で、いっそう肌に弾力を持たせているのです。

そんな肌にとって大切なコラーゲンですが、若いころは新陳代謝によって新しいコラーゲンが順調に作り出されているのですが、年齢を重ねると徐々に新陳代謝が悪くなります。

ゆっくりとコラーゲンの生成力も悪くなり、コラーゲンの量が減ると肌全体の細胞の支えが衰え、ゆるんだハリのない皮膚へと変化していきます。

コラーゲンの量が減ると、総量としての水分保持量も減り、弾力のなさそうな肌へと変化してしまうのです。

外見として、老けた印象の顔になってくるのは、そうしたコラーゲンの減少が大きくかかわって今っす。

こうした老化現象を食い止めるために、コラーゲンを摂取してくのがアンチエイジング対策になるわけです。

骨折や循環器の病気にも招くコラーゲンの不足

肌以外の場所でも、コラーゲンは大きな働きをしています。

コラーゲンは内臓等の臓器も作っている成分です。

そのため不足すると、内臓の機能の低下をもたらします。

コラーゲン不足は肌老化だけでなく骨や血管にも悪影響

また毛の細胞にもコラーゲンは必要不可欠で、不足すると髪の毛が細くなってしまったり、パサパサに乾燥ぎみの髪になってしまいます。

その他、骨の形成にもコラーゲンは関与しています。

足りなくなると骨粗しょう症になりやすく、軟骨の部分のコラーゲンが不足すると、骨や膝が変形してしまったりするなど、変形とともに傷み、骨折といった症状をもたらします。

その上コラーゲンは、血管にとっても重要な成分です。

血管はご存じのとおり、体の隅々に酸素や栄養を運んだり、不要な物を体外に排出してくれたりする大切なものですが、この血管そのものを丈夫ににしているのもコラーゲンです。

内部を流れる物質によって、血管壁が傷つけられても、コラーゲンがその傷を治しているのです。

血管の修復は絶えず行われていて、コラーゲンが不足すると、その修復作業ができず、もろく弱い血管になってしまいます。

そうなると傷ついた血管はさらに傷つきやすくなり、体への悪影響も出てくるようになってしまいます。

このように、コラーゲンが不足すると、見た目の衰えだけでなく、骨折や循環器の病気にも発展しかねません。

美容のためにコラーゲンをというだけでなく、体の健康維持のためにも、必要不可欠な存在だといえます。

加齢によるコラーゲン生成力の衰え

コラーゲン不足は肌老化だけでなく骨や血管にも悪影響

コラーゲンは、身体の中でも皮膚の中により多く含まれています。

コラーゲンの量の変化は、紫外線や環境によっても変化しているといいますが、一番大きな変化を見せるのは、加齢による変化です。

年齢を重ねると、コラーゲン自体の生成力が衰えてきてきます。

そしてある時点からは、コラーゲンの生成よりコラーゲンを分解していく量の方が多くなってきてしまうことで、コラーゲンが足りなくなり、肌の老化現象が引き起こされてくるのです。

老化現象の主なものは、シミ、シワ、たるみといた現象です。

40代の半ばともなると、いずれかの悩みを持つ女性が増えてきます。

コラーゲンの生成力は20代の半ばから衰えてくるようです。

不規則な生活を続けると、コラーゲン再生力はいっそう衰えを加速するようです。

不足してくるコラーゲンを、なんとか補いたいという願いが女性の中にはあります。

コラーゲンが体の中に十分不足なく存在することで、健康な体の維持に貢献しているので、一般人だけでなく、モデルやスポーツ選手にも人気があります。

コラーゲンは飲むだけでなく、直接肌に塗り込む事で、皮膚の水分保持力を保ったり、外部からの肌刺激を緩和させたりすることもできます。

コラーゲンを利用していると、活力がみなぎってきた、目覚めが良くなった、便秘解消になったという体調の変化を感じることもあるようです。

また冷え症が治った、生理不順が緩和された、あるいは二日酔いが無くなったといった声もでています。

もちろん髪の毛や肌にツヤと張りが出てきたといった美容面の効果もあるといわれています。

いろんな効果が期待できるのがコラーゲンです。

年齢が上がって、肌の衰え、髪の衰え、体調不良などの改善に、また健康増進を目的として、これからも大いに利用が進んでいくと思います。

コラーゲン不足は肌老化だけでなく骨や血管にも悪影響・まとめ

コラーゲンの生成力が悪くなると、コラーゲンの量が減り肌全体の細胞の支えが衰えます。

そのためゆるんだハリのない皮膚へと変化していきます。

骨の形成、血管の形成にもコラーゲンは関与しています。

コラーゲンの不足は、骨折や循環器の病気を招くことにもなります。

加齢によってコラーゲンの量は誰もが減少します。

外部から内部から補うことで、髪・肌・便秘解消、体力増進などにいい影響があるとされています。

コラーゲンが美容と健康のここに効く

コラーゲンの美容健康効果

1990年代以降、様々な美容関連商品が出てきましたが、その中でも「コラーゲン」に関係のあるものはかなり商品の種類が増えています。

飲み物としてよく利用されている「コラーゲン」ですが、数えきれないほどの種類の「コラーゲンドリンク」が開発、販売されています。

店頭にいくつも並んでいるのを目にしますね。

「コラーゲンドリンク」を飲む効果は、美容にも健康にもその良さを発揮しますが、効果は複数期待できるのです。

美容面での「コラーゲン」効果

「コラーゲン」をとる理由の最大の理由は、たぶんキレイになれるというものでしょう。

美容効果を発揮する場所は、肌や皮膚、女性に人気が高いのはそのためです。

人の肌と呼ばれている部分は、見た目でわかるいわゆる「表皮」の部分です。

ただ、皮膚というのは、表皮だけで構成されているわけではありません。

その下にある「真皮」という組織があって、表皮を支えているからこそ、皮膚としてあり続けられるのです。

そして、この真皮の主成分のひとつが「コラーゲン」というわけです。

「コラーゲン」は弾力やハリの元になるので、これが少ないと真皮はしぼんでしまい、シワやたるみといった症状が出てくるのです。

すると見た目年齢は、上がってしまいます。

そのため、肌のツヤやハリをキープするためには、真皮を若いころと同じ状態に保てるというのが理想で、それに近づくのが、「コラーゲン」に期待する効果です。

真皮を肌の衰えさせずにキープする効果があるというので、「コラーゲン」摂取を積極的ぬするようになっているわけです。

美容面での「コラーゲン」の働きは、目に見えない部分で肌を支える真皮の状態を良好にし、肌にハリを持たせるから、このことをまず覚えておきましょう。

「コラーゲン」が健康に良いというわけ

コラーゲンが美容によいという話題は、雑誌やテレビの広告でもよくやっていますね。

一度で効果がでるようなものでもないので、継続して「コラーゲンドリンク」を飲んでいる人が多いと思います。

具体的にどんな風に健康に作用するかというと、ひとつは、アトピー性皮膚炎の軽減に効果が期待できるという一面があります。

アトピー性皮膚炎は、子供や思春期になりやすく、原因が複雑なので根本的な治療が難しいといわれています。

治療の難しさの中でも、特に免疫力の低下が関与している点です。

免疫力とは血液中の白血球が、体内に入った毒物や古い細胞等を消化する能力のことで、この力が衰えてしまうと皮下組織に毒物等の不要物が溜まって、各部位に炎症を起こすことになります。

そして、免疫力の衰えの原因が「コラーゲン」不足であるということが証明されているのです。

そのため「コラーゲン」の摂取は、アトピー性皮膚炎を防ぐことになり、注目度がたかいのです。

コラーゲンの美容健康効果

さらに「コラーゲン」の役割のひとつとして「関節痛の軽減」があげられます。

関節痛もやっかいな病気で、治療が長引き根治しにくいといわれています。

関節痛の原因のひとつに、コラーゲン不足があります。

「コラーゲン」は、軟骨における主成分のひとつで、不足してしまうと軟骨が磨り減りやすくなってしまいます。

骨と骨のクッションの役目の軟骨が減って、傷みを引き起こしてしまうのです。

まさに軟骨の主成分の不足を補う目的で、活用されいるのです。

そして「コラーゲン」は動脈硬化の予防も期待されています。

「コラーゲン」は血管を構成する物質のひとつでもあり、摂取することにって血管が強化されるとされます。

傷ついたり弱くなった血管を増強することができるため、動脈硬化を防ぐことにつながるのです。

コラーゲン不足で起こるその他の症状

コラーゲンの美容健康効果

「コラーゲン」は人の体内に、非常にたくさんの部位に存在しており、なくてはならない成分です。

年齢とともに減少し、弱くなっていく体内のコラーゲン、高齢になって不足が進むと、体に支障がでてきます。

美容面では、シワやたるみとして表れますが、年齢があがると関節の動きが悪くなり、腕や足が動かしにくくなったり痛みがでたり、ひどくなると歩行さえできなくなります

また歯周病の原因にもなっています。

これらは「コラーゲン」の不足によって引き起こされるもので、歯茎の中の組織のひとつ、関節の中の組織のひとつとして、働かなくなったことによるわけです。

歩くこと、食べることは、生きる上で最も根幹にかかわることですから、「コラーゲン」の不足は大問題といっていいでしょう。

40代ともなると減少傾向が大きくなるといわれているので、体の内側から補充できれば、老化として扱われていた病気にも、ならずに済むかもしれません。

もちろん歩行困難や歯周病には、「コラーゲン」以外の要素も関わっているので、これだけ摂取していれば安心というものではありません。

しかしながら、健康面での貢献度が高いために、利用してみたいと思う人は増えています。

色々な製品・商品が出てくる中、高品質なものを求めて、さらに開発がすすんでいます。

まとめてみると

「コラーゲン」はシミしわ予防に効果的。

アトピー性皮膚炎の軽減、関節痛の軽減に効果的。

歩行を支え、歯周病予防に効果的。

年齢とともに不足してくる必須の成分を、外から補充するためによりよい「コラーゲン」商品が求められ利用されています。

アスタリフトのコラーゲンドリンクがオススメです!
女性なら誰でも「いつまでもキレイなままでいたい!」と思いますよね。 現在は、いつまでもキレイにいたい方の為にコラーゲンドリンクが発売されています。 そのコラーゲンドリンクの中でも私がオススメしたいのは何といってもアスタリフトのコラー...
フラバンジェノール配合「7日間集中ケアセット」の効果・口コミや評判
肌年齢にダメージを以上はもう受けたくない!という悩みに応えてくれる、「フラバンジェノール配合」のエイジングケアの基礎コスメティックです。 ぜひ試してみたいっておもって、買ってみました。 年齢を続けるごとに自信が持てる肌に、そういう願...
created by Rinker
DHC(ディー・エイチ・シー)
¥1,752 (2022/10/06 15:55:07時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました