コラーゲンが体内で果たす役割/コラーゲンの原料・動物由来・海洋性由来の特徴/コラーゲンを食品で

コラーゲンという成分の名前は、テレビでもおなじみ、健康食品の中でも有名でしょう。

美容に関心のある女性なら、知らない人はいないほど関心をもたれているものです。

おさらいのようになりますが、コラーゲンとは何か、保水力と浸透力に優れた美容成分として、どう体に働いてくれるのか、そういった基本的なことをまとめました。

もう一度コラーゲン成分の基本に立ち返って記憶にとどめたい人に。

コラーゲンとは何なのでしょう

コラーゲンと聞くと、ゼリー状のプルっとした物質を想いうかべると思います。

お肌のためにいいんだと、コラーゲン鍋のことを思い出しているかもしれません。

本当のところコラーゲンっていったい何なのでしょう?

コラーゲンが体内で果たす役割

コラーゲンはタンパク質のひとつで、私たちの体の組織のあらゆるところに存在しています。

主に皮膚、関節、骨に存在しています。

タンパク質とはいっても、やや違った性質を持っていて、大きな働きは、身体の中の細胞を繋ぎ合わせる働きです。

そして老廃物を体外に排出させる働きもあると言われています。

皮膚で見ると、コラーゲンは表面の少し奥の真皮と呼ばれる部分に存在して、細胞同士を繋ぎ止めつつ、コラーゲンそのものの中に、水分を保持しています。

コラーゲンの保持する水分のおかげて、皮膚を外側から見たときに、弾力のあるハリのある肌になっています。

皮膚にとっては欠かせない存在ですが、20代後半になると、徐々に減少傾向となります。

ハリがなくなって、たるみやしわになる大きな原因が、コラーゲンが真皮からなくなっていくからなのです。

コラーゲンが不足すると肌のハリが無くなるだけではなく、身体全体のいろいろな臓器に影響が出てきます。

骨がもろくなったり、髪が薄くなったり、関節が痛んだりといった症状になって表れてきます。

シワやたるみだけにコラーゲンが関係しているわけではなかったのです。

健康維持のためにも、コラーゲン不足をおこさないようにしたい、大切な成分なのです。

アスタリフトのコラーゲンドリンクがオススメです!
女性なら誰でも「いつまでもキレイなままでいたい!」と思いますよね。 現在は、いつまでもキレイにいたい方の為にコラーゲンドリンクが発売されています。 そのコラーゲンドリンクの中でも私がオススメしたいのは何といってもアスタリフトのコラー...
フラバンジェノール配合「7日間集中ケアセット」の効果・口コミや評判
肌年齢にダメージを以上はもう受けたくない!という悩みに応えてくれる、「フラバンジェノール配合」のエイジングケアの基礎コスメティックです。 ぜひ試してみたいっておもって、買ってみました。 年齢を続けるごとに自信が持てる肌に、そういう願...
created by Rinker
DHC(ディー・エイチ・シー)
¥1,752 (2022/10/06 15:55:07時点 Amazon調べ-詳細)

コラーゲンが体内に存在する理由

コラーゲンが体内で果たす役割

以上のように、コラーゲンは身体に必要不可欠な成分です。

お肌や髪への影響ばかりでなく、そもそもコラーゲンがどのように体の中で働いているか。

コラーゲンの本来の働きは、体内全体に存在して、各部位の臓器や骨などを結合させて、そのものを形成させていくという働きを持っています。

そして細胞同士を結合させる働きによって、様々な身体の機能を円滑に働かせるという重要な役割をになっています。

細胞同士は結合しあい、分裂したり増殖したり出来ていくのですから、コラーゲンのおかげで体は成り立っているといっても過言ではないでしょう。

こうした身体の働きに不可欠なコラーゲンは、美容の面から着目されがちなのですが、もっと深いところで私たちの体を動かす要素になっています。

コラーゲンは体内に十分な量あることによって、その役割を果たし健康な生活をもたらしてくれています。

見えないところでしっかり働いているコラーゲンを、今一度思い返してみて、人の体の仕組みの複雑さに思い至ります。

しかしながら、加齢によりその数が減少していくという事実もあります。

いつまでも自然に放置しておいては、減っていく一方なのです。

体の機能がゆっくりと低下していくので、新陳代謝の自然な衰えによりコラーゲンの生成量が少なくなっていきます。

新陳代謝の衰えを食い止めること、内側から補うことで、加齢による衰えを遅らせていけるというのが今の認識でしょう。

コラーゲンの保水力と浸透力

体の中で様々な働きをしてくれているコラーゲンですが、見た目の影響を考えるとやはり美肌への影響が一番関心のあるところです。

美肌の要素は、つや、はり、弾力といった要素が必要です。

そのうち、はりと弾力に大きな貢献をしているのが、コラーゲンです。

なにしろその保水力と浸透力は、素晴らしいものがあります。

新しいところでは、コラーゲンを低分子化したものが、化粧水に出ています。

コラーゲンを低分子化することによって、さらに大きな保水力を持てるようになりました。

肌の表面について水分を保てるように、膜を肌に張ることができるようになり、おかげで長時間肌の水分を保ってくれるのです。

水分を保てると、シワなどの隙間をうめるように覆えるようになるので、潤いのある肌へと導かれます。

さわるとモチモチ感も出て、弾力もでるようだといわれています。

低分子コラーゲンは非常に分子を小さくしているので、体内に吸収されやすい性質を持っています。 特に乾燥しがちな人は、表面からの吸収は大きいでしょう。

潤いの実感もわかりやすいはずです。

コラーゲンが体内で果たす役割

コラーゲンの持つ浸透力も素晴らしのです。

ただ浸透力の大きいものは、「マリンコラーゲン」という種類のコラーゲンです。

体内の必要な個所への成分浸透がよいコラーゲン、マリンコラーゲンを選ぶようにすると効果も出やすいというものです。

マリンコラーゲンというのは、海の生物から摂ったコラーゲンということです。

海洋性コラーゲンとも呼ばれています。

それに対して、豚や牛、鶏と言った動物から摂ったコラーゲンを「動物性コラーゲン」と呼んでいます。

マリンコラーゲンはそもそも動物性コラーゲンより分子が小さいので、体内への浸透力も優れているということです。

せっかく摂取しても、浸透し吸収しないことには意味がありません。

分子の小さいマリンコラーゲンの方が、肌への効果は出やすいとされています。

余裕があれば、使い比べてみて、その良さが実感できるといいですね。

コラーゲンが体内で果たす役割

コラーゲンはタンパク質のひとつで、身体の中の細胞を繋ぎ合わせる働きがあります。

骨や軟骨、皮膚に主に含まれていて、組織の成長や連結にかかわっています。

コラーゲンは、細胞同士を結合させる働きによって、様々な身体の機能を円滑に働かせるという重要な役割をになっています。

コラーゲンを低分子化することによって、保水力がさらにアップ、化粧品に生かされ肌のハリ艶の維持に貢献します。

海の生物から摂ったコラーゲンは、分子が小さいので体内への浸透力も優れており、広く利用されるようになっています。

コラーゲンとヒアルロン酸・ペプチド・ビタミンCとの深い関係

コラーゲンとヒアルロン酸・ペプチド・ビタミンCとの深い関係

コラーゲンはヒアルロン酸・ペプチド・ビタミンCとも、深いかかわりをもっています。

この中でもビタミンCのことはよくご存じの方もあるでしょう。

コラーゲンとともに美肌効果があるという点で、女性にとっては欠かせないものです。

お肌を健康で美しく保つために、ヒアルロン酸・ペプチド・ビタミンCとコラーゲンの関係を、もっとよくみてみますね。

コラーゲンとヒアルロン酸の関係

すでにヒアルロン酸の名前はご存じかもしれません。

化粧品やサプリメント等で近年、メディアでもよく登場しています。

このヒアルロン酸という成分は、表面の皮膚の下の真皮の中にあって、肌にとって大切な役割を持っている成分です。

そのことはコラーゲンと同じですね。

コラーゲンとヒアルロン酸・ペプチド・ビタミンCとの深い関係

ヒアルロン酸は保湿効果が高く、保水力のある成分で、これによってお肌に潤いとハリをもたらす効果が大きいのです。

そのヒアルロン酸ですが40歳を過ぎてくると、体内で生成する力が衰えて来るようになります。

そのため、今までのようなハリや潤いのあった肌が、衰えてくるようになります。

このシステムも、コラーゲンのシステムと一緒ですね。

ヒアルロン酸そのものは、とても保水力が優れている成分で、ヒアルロン酸1gに対して5~6リットルもの水分が保持出来るほどの、強力な保水力があるのです!

コラーゲンにも水分保持力が有りますが、ヒアルロン酸はコラーゲンに絡みつくように存在するので、どちらが不足しても、肌のハリ艶に影響してきます

ヒアルロン酸は、その他栄養素の数々を、血管中に入って血液を身体中に運ぶ役割も持っています。

豊富な栄養を肌の隅々に届ける血液には、ヒアルロン酸が欠かせないのです。

肌の中の成分としても、栄養を届ける役目としても、ヒアルロン酸は欠かせません。

そのため、サプリメントでもヒアルロン酸とコラーゲンを同時に配合しているものが発売されています。

両方を一緒に摂取する事で、体調をよくし肌のはりや艶の効果を期待することができます。

コラーゲンとのペプチド関係

コラーゲンとのペプチドにはいったいどんな関係があるのでしょう。

先ずペプチドについてです。

コラーゲンとヒアルロン酸・ペプチド・ビタミンCとの深い関係

この成分は、タンパク質が最終的にアミノ酸になる、その直前の変化物質のことをペプチドと呼んでいます。

ペプチドはアミノ酸が何個も繋がっている状態だそうです。

ペプチドになった状態は、体内に吸収されやすいという特徴を持っています。

コラーゲンを分類すると、

・牛や豚、鶏、魚から抽出されたゼラチン

・コラーゲンを構成しているアミノ酸比率を同じくした、アミノ酸混合物

・ゼラチンとペプシンと呼ばれる酵素を使って分解させたコラーゲンペプチド

・ゼラチンとコラゲナーゼと呼ばれる酵素を使って分解させたトリペプチドコラーゲン

に分類されるといわれています。

このうち、「コラーゲンペプチド」は、体内にある全ての粘膜を保護する働きや、新陳代謝を活発化させる働き、さらに骨を丈夫にする働き、骨を作る働き、血圧を正常にする働きがあります。

そのうえ、肌の潤いや弾力を活性化させる働きもあるということです。

コラーゲンが分解されてペプチドに変化することもそうですが、コラーゲンペプチドの形で体によい影響をもたらしていることは、コラーゲンの体内での利用法を深く理解することにつながります。

このような働きをさらに期待して、健康食品として利用されたり、化粧品にも利用されています。

コラーゲンペプチドはゼリー状の様にプルプルした弾力はなく、冷却してもゼリー状になならないため、スープやドリンクとして飲むタイプのもので出回っています。

コラーゲンとビタミンCの関係

コラーゲンとヒアルロン酸・ペプチド・ビタミンCとの深い関係

ビタミンCといえば、シミ予防や美肌成分として知られています。

コラーゲンとの関係でみると、コラーゲンを生成する働きがビタミンCにはあるんです。

コラーゲンをが体内で生成されるとき、その途中でビタミンCが必要になります

そのためビタミンCが不足していると、コラーゲンの生成が順調にされないということになります。

ビタミンCには肌のシミやシワやソバカス、弛み等の美容に関わる部分に効果が有ると言われていますから、ビタミンC不足はそれだけでお肌の老化現象に直結しているといえます。

またビタミンC不足によて、コラーゲンの量が足りなくなってくると、歯の調子が悪くなる、関節に違和感がでる、病気に対する免疫機能が衰えたりするなど、体全体の機能の低下につながります。

ビタミンCは不足しがちな栄養素ですから、サプリメントでとるのもよい方法です。

調べたところ、ガムを噛むとビタミンCの吸収量が増えるともいわれているので、そんなところも意識するといいかもしれません。

健康と美容にコラーゲンをとりたいというなら、コラーゲンの生成を助けるビタミンCも必ず摂取した方が良いということです。

コラーゲンを摂取する際に加えられている成分は、しっかりチェックするようにしたいものです。

コラーゲンとヒアルロン酸・ペプチド・ビタミンC

ヒアルロン酸は保水力が優れている、ヒアルロン酸1gに対して5~6リットルもの水分が保持出来るほど。

ヒアルロン酸は、栄養素を血管中に入って血液を身体中に運ぶ役割も持っています。

コラーゲンがプチドになった状態は、体内に吸収されやすいという特徴を持っています。

「コラーゲンペプチド」は、粘膜を保護する働き、新陳代謝を活発化させる働き、骨を丈夫にする働き、血圧を正常にする働きがあるとされています。

コラーゲンの体内生成の際には、ビタミンCが必要になります。

コラーゲンを摂取して、健康や美肌をと願うなら、ヒアルロン酸やビタミンCなどの成分もあわせてとると効果アップです。

コラーゲンの原料・動物由来・海洋性由来の特徴

コラーゲンの原料

一言でコラーゲンといっても、原料になるものには多種類のものがあります。

どれも同じ性能や効能が人に働くわけではないことと、中にはリスクを生じる可能性のあるものもあります。

コラーゲンについてわかってきたことを、まとめてみました。

牛由来の「コラーゲン」について

動物性「コラーゲン」の中のひとつ、牛由来の「コラーゲン」は、狂牛病の可能性があるということが以前から指摘されています。

牛由来の「コラーゲン」で、実際に狂牛病に感染したというケースは、日本の国内では報告されていませんが、危険をはらむので規制がされているようです。

現在では牛由来の製品はほとんどない、全くないかもしれません。

それ以外の動物性「コラーゲン」や、海洋性、植物性といった「コラーゲン」は安全性を保障されています

ですから現在市販されている「コラーゲンドリンク」等を飲む場合には、リスクはまずないと考えて差し支えないでしょう。

しかし、名のしれた製品でなく、ブランドがわからない健康食品等を摂取するなら、「コラーゲン」の成分に目を通しておいた方が良いのではと思います。

同じような容器にはいって「コラーゲンドリンク」等は売られていますから、パット見た目では有名ブランド品と変わらないようなものもありますから、念のため牛由来ではないのを確かめたいものです。

美容に関心のある方なら、あらかじめ配合成分をしっかりとチェックする習慣をつけているとは思いますが、それがリスクをさける手段になります。

動物性「コラーゲン」の特質

もともと人が「コラーゲン」を外部から吸収、摂取することをはじめたきっかけが、動物性「コラーゲン」です。

タンパク質であるコラーゲンは、牛、豚、鶏などから、多量に取り出すことができるため、長く利用してきましたが、利用は徐々に減っています。

コラーゲンの原料

どうして減ってきたかという理由にもかかわりますので、動物性「コラーゲン」の特質をみてみます。

豚足などにゼラチンがたくさん含まれていますが、このゼラチンと「コラーゲン」は密接なかかわりがあります。

ゼラチンは「コラーゲン」のかたまりみたいなものなので、動物のゼラチンを摂取するということは、動物性「コラーゲン」を摂取するということになります。

作り手側には、熱に強いので加工しやすいというメリットがあり、利用しやすいものです。

ですが、消費者の観点からすると、熱に強いので、体内で吸収されにくいといのが難点で、即効性がないのです。

他の「海洋性コラーゲン」と比べると、様々な面で劣るのは否めません。

アニマル「コラーゲン」とも呼ばれる動物性「コラーゲン」は、現在においてはメリットがさほどない「コラーゲン」と認識されています。

こうした理由で、動物性「コラーゲン」は現在、健康食品や「コラーゲン」摂取商品の含有コラーゲンとしては、ほとんど使われなくなっています。

動物性「コラーゲン」は、コラーゲンの摂取の面からいうと、できれば避けた方がよい成分です。

海洋性のコラーゲン

コラーゲンの原料

狂牛病問題などが話題になって以降、それに代わる新たな「コラーゲン」が注目を集めるようになってきました。

その中で、特に研究が進み普及したのは、「海洋性コラーゲン」です。

「マリンコラーゲン」とも呼ばれる「海洋性コラーゲン」は、魚に含まれている水溶性の「コラーゲン」で、骨、皮、ウロコなどから抽出されます

魚も動物の仲間ではありますが、動物性「コラーゲン」の牛や豚、鶏などと比較した場合、魚の「コラーゲン」は性質が大きく異なります。

そのため、「海洋性コラーゲン」として分けられるようになりました。

「海洋性コラーゲン」の最も大きなメリットは、吸収率の高さにあります。

人間の体内に摂取した場合、すぐに身体が吸収するため即効性が期待できるのです。

この吸収率の良さは、魚の体温が低いことで説明がつきます。

牛や豚などは、人間より若干体温が高いくらいですが、魚は体温10度以下といわれており、熱ですぐに溶けるという性質があるのです。

人の体の中に入れば、すぐに溶けてしまうのが魚のコラーゲンなのです。

さらに「海洋性コラーゲン」は水溶性なので水に溶けやすく、より体内で吸収しやすい性質であるといえます。

特筆すべきなのは「海洋性コラーゲン」には、「ハイドロプロリン」というアミノ酸が含まれていて、これが体内における「コラーゲン」の形成を助けてくれるので、摂取するメリットが大きいのです。

匂いも少なく、安全性も高い「海洋性コラーゲン」は、多量に販売されている「コラーゲンドリンク」をはじめとする「コラーゲン」関連の商品等には、ほぼこの「海洋性コラーゲン」が含まれるようになりました。

コラーゲン成分としては海洋性に決まり!といいたいのですが、注意すべきは、摂取した魚が養殖ものの場合、抗生物質等の薬が含まれている可能性があるという点でしょう。

これもあまり問題にするほどのことではないかもしれませんが、健康意識の高い人にとって選択肢の基準にもなるので、成分確認をするといいと思います。

牛由来のコラーゲンは避けた方がよい。

豚、鶏由来のコラーゲンは、吸収されにくい。

魚のコラーゲンは吸収率が高く、即効性が期待できる。

またコラーゲン形成を助けてくれるので、海洋性コラーゲンを利用する製品が増えている。

コラーゲンを食品でとって健康美肌に

コラーゲンを食品でとって健康美肌に

美容に関心のある女性なら、コラーゲンの入った食べ物をできるだけいただくようにしたいと考えているはずです。

寒い季節には鍋物でと、話題になっていましたね。

普段の食事からも、コラーゲンを積極的に食べるようにすれば、体調もよくなりお肌もイキイキしてくるのではないでしょうか。

手軽にできる食べ方を工夫して、食卓に。

食材からコラーゲンをとって効果を実感

コラーゲンを毎日の食事からとりたいと思いますが、では実際何を食べたら良いのでしょう?

コラーゲンが含まれている食材を具体的にあげていきますね。

豚足

鶏肉

牛筋

フカヒレ

アンコウ

カレイ

なまこ

そのほかいろんな食材にコラーゲンは含まれています。

コラーゲンは、いつも食べるお肉より、骨や軟骨、皮や内臓と言った所に多く含まれています。

意識して料理に加えていくといいですね。

コラーゲンの多い食材を使って、毎日楽しむのはいいのですが、コラーゲンは一度にたくさん食べても体にため込んでおくことはできません。

できるだけ継続して、食べていくと、効果が得られやすいといいます。

コラーゲンは美肌のみでなく、関節の働きをよくしてくれます。

かに、えびの殻、鶏肉の皮や軟骨、うなぎやレバーに含まれるコラーゲンは、関節痛を軽減させる効果がある食材と言われています。

体調不良の改善や、目覚めがよくなる、冷えの緩和などにもなるようなので、病気とまでは言えないけど気になる症状がある人は、コラーゲンの効果的な面に、もっと期待してもいいのではないでしょうか。

コラーゲン鍋

コラーゲンを食品でとって健康美肌に

美容に関心が高い女性の間で大人気なのが、「コラーゲン鍋」です。

ただコラーゲンを多く含み食材を使うというだけでなく、その食材をじっくりと煮込むのがコラーゲン鍋です。

じっくり煮込めばコラーゲンが外に溶けだしてきます。

そのコラーゲンが溶けだしたスープを使って、他の食材を入れて鍋にします。

鶏肉を利用するのが手軽ですが、ちょっと贅沢な鍋を食べたいと思えば、なんといってもフカヒレ鍋でしょう。

他にもフグを使ったり、すっぽんを使ったり、牛スジを使ったりと、贅沢な食材を使ってコラーゲン鍋が作られています。

女性のグループで一緒にいただくのに最適です。

野菜やお魚、おそばなども、好きな材料をたっぷり入れて煮込むと、味はぐんとおいしくなります。

コラーゲンもたっぷり摂取出来ちゃうので、次の日のお肌の状態が楽しみになりますね。

鍋=冬ではありますが、最近は、冬でなくても一年中コラーゲン鍋が食べられるところもありますね。

たくさんの食材を同時に食べる事が出来る、みんなとワイワイいいながら食べられる、そんなところが鍋のいいところです。

鍋料理の味も、工夫がされるようになりましたから、飽きることなくいただくことができるでしょう。

コラーゲン鍋は女性のものというイメージがありますが、コラーゲンの減少は男性も同じです。

アンチエイジングというだけでなく、健康維持・増進にもなるコラーゲン摂取は、男性にも高齢のかたにもどんどん食べていただきたい料理です。

コラーゲンを食品でいただく・まとめ

コラーゲンは、いつも食べるお肉より、骨や軟骨、皮や内臓と言った所に多く含まれています。

高級食材のフカヒレ、すっぽん、ふぐの鍋は絶品、肌の調子があがりそうです。

コラーゲンをため込むことはできないので、豚足、手羽先などを活用して、毎日続ける工夫をしていきたいもの。

野菜たっぷりの食材豊かな鍋料理は、栄養満点、美肌効果も出やすいかもしれません。

アスタリフトのコラーゲンドリンクがオススメです!
女性なら誰でも「いつまでもキレイなままでいたい!」と思いますよね。 現在は、いつまでもキレイにいたい方の為にコラーゲンドリンクが発売されています。 そのコラーゲンドリンクの中でも私がオススメしたいのは何といってもアスタリフトのコラー...
フラバンジェノール配合「7日間集中ケアセット」の効果・口コミや評判
肌年齢にダメージを以上はもう受けたくない!という悩みに応えてくれる、「フラバンジェノール配合」のエイジングケアの基礎コスメティックです。 ぜひ試してみたいっておもって、買ってみました。 年齢を続けるごとに自信が持てる肌に、そういう願...
created by Rinker
DHC(ディー・エイチ・シー)
¥1,752 (2022/10/06 15:55:07時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました