スポンサーリンク

カカトの乾燥対策(軽石等)

カカトの乾燥対策(軽石等)

 

カカトの角質がみるみる厚くなり、乾燥が進ん出来ますと、ひび割れを起こします。

 

経験したことのあるかたはその痛みをもう経験したくないとおもいますよね

 

固くなった皮膚がひび割れてくるのですので、その痛さは経験していなくとも想像は出来ますね。

 

当然血が出てくるほどのケースも少なくありません。

 

まして、全ウエイトがかかるカカトですので、歩く度に激痛を伴うケースもあります。

 

いかにすればカカトの厚い角質を捨て去り、ひび割れを起こすほどのひどい乾燥を免れることが出来るのでしょう。

 

まずは、日々の入浴を見直してください。

 

年中シャワーしかないかたは、バスタブに入るかたと比べると、カカトの角質が厚くて乾燥し易い傾向にあります。

 

と申しますのは、バスタブに浸かっていることによって、角質がふやけてソフトになり、そのソフトになったカカトをバスタブから出てこすり洗いすることによって、古い角質が垢となって剥がれてくれるからです

 

剥がれた量が、新たに増加してくる細胞と比べると沢山ケースには、厚みはみるみる薄くなってゆきますが、剥がれる量が少なく、新たに創られる角質のほうが沢山ケースには、みるみる厚みがましてしまいます。

 

これによって、バスタブに浸かる時間を少しばっかり長めにするか、それでのぼせてしまうようならば、足湯みたいに足だけお湯に浸けてふやかすのだとしてもかまいません。

 

兎にも角にもカカトの角質をふやかして、擦りおとしてゆきましょう。

 

昔からあります「軽石」だとしても良いですし、近頃は金属で出来ているカカト用のやすり(ヘラ)等もありますね。

 

お肌が弱いかたは、あかすりタオル等だとしても良いでしょう。

 

道具を使用して、少しばっかりずつ角質を薄くしてゆきましょう。

 

一度に薄くしようとして、ごしごしこすり通り越すのは絶対にいけません。

 

厚くなっていても、そこはあなたの重大な皮膚なのだということを忘れずに、少しばっかりずつやってゆきましょう。

 

カカトの乾燥対策(足湯)

カカトの乾燥対策(軽石等)

 

なにかしら自分なりの理由があって、どうしてもシャワーだけで入浴を済ませたいというかた、そしてちゃんとバスタブで入浴しても、眠ることに入るまでの間に、足がすっかり冷えてしまうというかたは足だけだとしてもお湯に浸ける習慣をつけると良いですよ

 

足が冷えているというこというのは、血行がよくないということですので、足の部位に十分な栄養がまわってこないということになります

 

そういたしますと、新しい細胞が創られがたくなりますから新陳代謝も鈍り、角質だけがみるみる厚くなってしまいます。

 

角質は、削っても削っても、創られる要素が揃っていれば、また直ぐにみるみる創られて厚くなってゆきますから根本的なところを改善するこというのはたいへん大切です

 

乾燥していますからといって、保湿クリームを塗ればそれで良いかというとまったくそうではないです。

 

保湿クリームだけ毎日塗り続けても、塗った直後だけはよくても、また直ぐに乾燥が出発、見苦しいカカトになってしまうのは、これによってです。

 

根本的な部位を改善しつつ、外装的な対応策も施さなくては一時的な改善にすぎませんから、はっきりいうものですと何のゆえんもありません。

 

ゆったりと時間を費やした入浴や足湯によって、まずは足先やカカトまでの血行をよくしてあげてください。

 

当然、乾燥している角質をふやかすためだとしてもありますが、一度にいっぱいの角質を擦ったり削ったりしてはいけませんから、一定グレードは血行をよくするためと考え、軽く削るのは週に1~2回くらいだとしても十分です。

 

日々の足湯によってだんだん血行がよくなってきますと、カカト部位の皮膚にも栄養がゆきわたりますから、新陳代謝によって新しい細胞が創られると同じ時に、古い細胞は剥がれてゆきます

 

したケース、厚みを増した角質も、必死に削ったり擦ったりしなくても徐々に薄くなってゆきます。

 

日々の習慣として、願わくは足湯を行ってください

スポンサーリンク




  はてなブックマークに登録する

●エステ顔負けの全身「美」痩せ術

  1. リンパを使ったダイエットを使うので、老廃物がしっかり流れる。
  2. 余分な水分・脂質・老廃物などが、排泄され易い体質になる。
  3. 代謝がアップ。
  4. 無理をしなくても身体がやせていく。
●大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」体験談


2018NhZNV܂̖ppbN