スポンサーリンク

カカトの乾燥対策(角質を削る)

カカトの乾燥対策(角質を削る)

 

すでに、カカトの角質がかなりの厚みを持ち、より一層冬季にはひび割れる等重症とおもわれるようなかたは、少しばっかり角質を削った方が良いとおもわれます。

 

お風呂や足湯で角質をソフトにしてから軽石やカカト用のやすり(ヘラ)等を使用して削るわけですが、削るという言い方をいたしますとつい力を投入してしまうことでしょう

 

絶対に力を入れないでください

 

あくまだとしても、擦るという想像で同じ方向にいくどか動かします。

 

かなり固くなった角質であっても、すでにふやけてきていますのでそれで十分です

 

力を投入してゴシゴシやりたくなる心持ちは分かりますが、その時は痛みを感じなくても、後ほど痛みが出てきて、歩けないくらいになってしまうケースも少なくありません。

 

血が出ないからといって、削りすぎるのは絶対にやめましょう。

 

慎重に少しばっかりずつ行なわなくてはなりません。

 

いくら乾燥して厚く固くなっていたとしても、カカトいうのはあなたのボディーの一部であって、ほんらいは傷つき易い皮膚ですのですので

 

一定グレード、カカト用のやすりは、粗い面と細かい面とが裏表になっています。

 

ひどい角質の厚みのケースは、粗い面で数回削ってから細かい面でより一層数回の仕上げをします。

 

それほどひどくないケースでしたら細かい面だけで数回削ります。

 

初回は少しばっかり物足りないくらいで十分です。

 

後ほど痛みが出ると大変ですので、様子を見ながら行ないます。

 

削ったあというのは洗い流してタオルで優しく拭き、その後、乾燥を防ぐ為に顔と同じように化粧水をつけて、より一層保湿クリームを塗っておきましょう。

 

寝る時には靴下を履くとより良いですね。

 

カカトの乾燥対策(保湿をする)

カカトの乾燥対策(角質を削る)

 

乾燥して厚くなったカカトの角質を削った直後の保湿というのは別に、常々から保湿を心がけるのも大切なことです。

 

多くのかたは、乾燥がゆきすぎて白く粉を拭いたようなカカトになっても、お顔のお手入れみたいに、日に何度も保湿をしようとしませんよね。

 

やはり、常々は見えない部位ですので心置きなくいるのではないでしょうか

 

お風呂上りに1回保湿クリームを塗り込むくらいでは、すでに見苦しくなったカカトがツルツルスベスベに戻るのは不可能に近いです。

 

粉をふくくらい乾ききっていても、なお1日1回のお手入れで満足しているので、次第にひび割れてくるというかも知れないのです。

 

自分のカカトの有り様をよく確認し、せめて朝と晩の2回、出来ることなら昼にも1度増やして1日3回の保湿をしばらく続けてみてください。

 

お顔の皮膚と同じようにおもい、重大に扱ってください。

 

兎にも角にもカカトの見苦しさの原因は、乾燥と角質が厚くなることにあります。

 

乾燥だけだとしても改善することによって、ひび割れのような痛いおもいをもう二度とせずにすむのです。

 

保湿クリームだけでなく、化粧水もちゃんとつけてください

 

決して高級な化粧水を利用する必要はありません。

 

価値の安いもので十分ですので、たくさんカカトにつけてください

 

直ぐに角質に浸透してしまったら、またたくさん付けて、何度も繰りかえしてください。

 

十分に保湿したケース言うのはそういうことを言います。

 

十分に水分を吸い込んだなら、角質はだいぶソフトになりますので、そしたら保湿クリームも十分に塗り込みます。

 

こちらも高級品である必要はありませんので、量を惜しみなく使用してください。

 

時間に余裕があるときは、より一層その上からサランラップでくるみ、しばらくパックをしてください。

 

これを何日か続けますと、だいぶ乾燥が改善されてくるはずです。

スポンサーリンク




  はてなブックマークに登録する

●エステ顔負けの全身「美」痩せ術

  1. リンパを使ったダイエットを使うので、老廃物がしっかり流れる。
  2. 余分な水分・脂質・老廃物などが、排泄され易い体質になる。
  3. 代謝がアップ。
  4. 無理をしなくても身体がやせていく。
●大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」体験談


qĂq̋ɂ‚čl悤