スポンサーリンク

シミ対策にいいビタミンCの効果的な摂取方法とは!?

シミ対策にいいビタミンCの効果的な摂取方法とは!?

 

シミに悩んでいる方に必見!シミ対応策に効力的だとされているビタミンCですが、効力的な摂取方式があります。

 

ただただ、ひたすら摂取することによっていいと言うわけではないんですね。

 

ビタミンCは逐一取り投入することがたいせつなんです。

 

美白のオーソドックス原材料といえばビタミンCですが、ビタミンCは水溶性ですので摂取しても体外に排出されやすく、体のなかに留めておくことが難しい原材料です。

 

なんと、ビタミンCは2~3時間で排泄されてしまうのです。

 

ですので、1度に摂取するのでなく3食に分散して摂りましょう。

 

体の中からシミ対応策を!と考えるのであるのなら、朝昼晩と逐一取り投入することを心がけましょう。

 

ビタミンCはL-システインといっしょに取り投入することによって相乗効力を獲得することが出来るといわれています、。

 

L-システインを潤沢に含む、豆乳と言うのはちみつにビタミンCを潤沢に含む檸檬(れもん)を入れた特製ドリンク等を作ってみては如何でしょうか?シミ対応策と言うこと言うのは、実はビタミンCはエイジングケア効力(抗酸化作用)も望めるのです。

 

お肌や体がサビるのを防いでくれるので、プロセシング食品等にも、食品が腐るのを防ぐ酸化防止剤として利用されていたりするんですね。

 

より一層、コラーゲンの生成力UP!とくにコラーゲンを含むものと併せてビタミンCも摂取した場合より一層生成力を高めてくれます。

 

びっくりすることに心理的負荷耐性を向上させる作用があるのです、。

 

抗心理的負荷ホルモンといわれる副腎皮質ホルモンの合成に関わります

 

高心理的負荷下ではビタミンCの消費が増るので、心理的負荷が沢山方は意識して摂りましょう

 

それ以外免疫力UP、貧血予防、骨の強化にも役立つのです。
シミ対策にいいビタミンCの効果的な摂取方法とは!?、美容と健康のおもしろ情報をテレビや雑誌、街中から集めてきます。コスメスキンケアから美容健康のピピッとびっくりCOM

シミができやすくなる食べ物って!?

シミ対策にいいビタミンCの効果的な摂取方法とは!?

 

シミやニキビや美肌美白等にイイとされている「ビタミンC」お肌を綺麗にしたいと言う女の人の方は積極的に摂取したいものですがが、ビタミンCは、1日に2000mgまではすさまじく大丈夫、と言われています。

 

しかしながら、少しばかり注意点があるんです。

 

それは、ビタミンCを摂取するケース、そのフードに含まれる物質のなかに、体内に入ったあと紫外線を浴びると、 シミができやすくなる、と言う物質があるのです。

 

「 ソラレン」と言う光毒性を持つ物質です

 

光毒性と言うのは、紫外線に過剰反応をおこし、かゆみを起こしたり、赤み、シミ等を作ってしまうことです。

 

アロマテラピーの時に利用する、精油(エッセンシャルオイル)のなかにも、この物質が含有されていることがあります。

 

ただし、 夕方から夜にかけては食べたり、つけたりしても問題ありません。

 

ソラレンは、摂取したり、肌に付着させてから2時間後に、その作用がピークになり、その後徐々に減退していくからです。

 

そこで、ソラレンを多く含む食品をご紹介します。

 

注意して摂取してみましょう。

 

檸檬(れもん)やオレンジなどの柑橘類、キウイ、イチジクセロリ、春菊、みつ葉、パセリ、きゅうり、しそ、クロレラ、アセロラ等です。

 

どれも栄養価が高いので、積極的に摂りたい食品ですが注意が必要ですね

 

よく、果物は朝食すといい、と言う説はこういった理由だったのでしょうか。

 

夕飯の後にデザートとして果物を食べたくなりがちですが、ソラレンが多く含有されている果物は夕飯時ではなく朝食や昼食に食べたいものですね
シミができやすくなる食べ物って!?、美容と健康のおもしろ情報をテレビや雑誌、街中から集めてきます。コスメスキンケアから美容健康のピピッとびっくりCOM

夏のシミを防ぐ食べ物とは!?

シミ対策にいいビタミンCの効果的な摂取方法とは!?

 

冬季になれば紫外線なんて怖くないと思っている方もいらっしゃるかも知れませんが、夏ほどではないですが、紫外線は年中あるってことごぞんじですか!?夏場と比べると、紫外線対応策をしなくても大丈夫ですが、冬季の寒い時期もきっちりと日焼け止めをしたいものです。

 

さて、寒い冬季が終了したケースでは春がきて、また紫外線が怖い夏がやってきますが、実は今から食しておきたい、夏のシミを防ぐフードがあるのです

 

フードのなかに含まれる原材料で、シミを予防するシステムがあるものがあります。

 

その原材料と言うのは、ビタミンCです。

 

とてつもなく代表的ですね。

 

グレープ果物・オレンジ・ライム等の柑橘類に多く含まれ、ほかにはアセロラ・トマト・パセリ・ブロッコリー・檸檬(れもん)・ピーマン・柿・イチゴ等が挙げられます。

 

ビタミンCと良質のたんぱく質の両方がバランスよく摂取出来る食品は卵、ささみ、牛乳、レバー等が挙げられます。

 

あと言うのは、ビタミンEですね。

 

代表的な食材としては、アーモンドがあります。

 

こちらはおやつにもおつまみにもなりますし、手がるに摂取出来るスタイルですね。

 

ただ、少しばっかり価値が高いのがデメリットです。

 

他には、カボチャ、アボカド、キウイ、たらこ、アジ、アーモンド、ピーナッツ植物油、ゴマ等、。

 

うまくお調理をしてビタミンEを潤沢に摂取していけるようにアレンジをしましょう。

 

そして、βカロチンもポピュラーですね。

 

βカロチンはニンジンや、ほうれん草、パプリカ等の緑黄色野菜に多く含有されています。

スポンサーリンク




  はてなブックマークに登録する

●エステ顔負けの全身「美」痩せ術

  1. リンパを使ったダイエットを使うので、老廃物がしっかり流れる。
  2. 余分な水分・脂質・老廃物などが、排泄され易い体質になる。
  3. 代謝がアップ。
  4. 無理をしなくても身体がやせていく。
●大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」体験談


ĵꂩɂ‚ĐFXȃgsbNI