美の秘密!本音トーク

美の秘密!本音トーク

きれいの魔法2010年10月26日放送 「美の秘密!本音トーク」

今回は30代40代の女性四人が、ヘア&メイクアップアーティストの山本浩未さんへの質問を中心に、いかに輝いていきるかをテーマに話し合いがされていました。

ヘア&メイクアップアーティストの山本浩未さんといえば、ナチュラルなメイクと明るくチャーミングな人柄が魅力の方です。

今まさに元気いっぱいに輝いている女性ですね。

自分さがしのこと、結婚のこと、いつまでも若くいる秘訣、仕事のやりがいなど、山本さんへの質問があいついでいました。

その質問にてきぱきと明快に答えていらっしゃる山本さん。

すっきり、はっきりした生き様みたいなものを感じさせる方です。

その山本さんも、20代は大いに迷いがあって、いろんな資格や習い事に挑戦して、自分のスタイルみたいなものを探していたそうです。 そして自分のやるべき分野がわかってからは30代はまるで「ブルドーザーのように働いていた」そうです。

そして40代になったら気が楽になったそうですよ。

では詳しいお話へ・・・

質問:いつまでも若々しくする秘訣は?

山本さんの答え:姿勢がたいせつ。なのでいつも姿見で全身をうつして、特に背中を映してみている。

質問:スキンケアはどのようにしていますか?

山本さんの答え:こつこつと毎日きまったスキンケアを続けることですね。

30代は肌断食というのをやっていました。夜だけはスキンケアをやめて、おふろから出たら何もしない。それで随分乾燥肌が改善した。

40代になってからは、代謝がさがるので、ピーリングをしたり泡洗顔をしている。

質問:チャーミングである秘訣は?

山本あさんの答え:妄想すること。30代の後半くらいから宝塚のファンで、宝塚を楽しむようになったら、気が軽く明るくなった。韓国ドラマも好き。友達とDVDを休みの日に楽しんでいる。少女漫画が子供のころから大好き。

妄想しながら楽しんでいる。

質問:忙しいときにどうしているか。

山本さんの答え:自分の手帳に宝塚のスケジュール表を入れて、用はなくても見ている、スケジュールと合いそうなら見にいこうと考えたり。

宝塚を見るようになったら肌の調子がいい。内側から美容液がでてくるみたい。

自分らしさについての話題。

質問:やりがいのある仕事を見つけたい(主婦36歳)

山本さんの答え:やりたいことを模索して何にでも挑戦していた。興味のあるものは手当たり次第に。

でもなかなかうまくいかず会社もやめ、彼も遠くに行ってしまった。

メイクを喜んでくれる人がいて、じゃあフリーではじめようと。

あこがれの藤原みちこさん(ヘアメイクアップアーティスト)のようになりたかった。そこでマネもして、自分のスタイルをさがしはじめた。

私には木綿の白のボタンダウンが合うことがわかった。

自分に来る仕事は、どんなことを求めてくるのかを考え、自分の仕事を確立してきた。

質問:結婚するか独身でいくか(会社員39歳)

山本さんの答え:結婚ができるんだったらした方がいい。

本気の婚活じゃないといけない。半端な気持ちはダメ。

王子様がやってきてくれるなんて、ないですよ。

質問:いまの結婚観は?

山本さんの答え:人生のパートナーみたいな人がいたら結婚してもいい。これからもまだどうなるかわからない。

質問:歳をとると勇気がなくなるのですが。

山本さんの答え:自分の強みがあると強くなれる。それにはどうしたら強みを持てるか。それは単純作業をしてみてください。ずっと歩くとかずっと料理するとか。そうすると頭が空っぽになって、何かが見つかるから。

仕事にやりがいが感じられないときは・・・

質問:今の仕事にやりがいが感じられない(41歳既婚)

山本さんの答え:30代はマイナスして、40代になったらプラスをしていく。最初はいろいろなものを捨てていき、自分の強みになるところに、自分の本質や持ち味をみつけていくといい。

思いや悩みを書き出して、メモをとっておくといい。

すると後になって、自分の心の動きがわかる。

質問:ストレス解消法は?

山本さんの答え:歩くことが一番すっきりする。朝6じごろから2時間くらい歌をうたいながら歩く。無心になって歩くといい。

体力作りは仕事のひとつとおもってやるといい。

一問一答の形で要点をかいつまんで書きましたが、山本浩未さんはどんな質問にも、持ち前の明るさと力強さでてきぱきと応えておいででした。

山本浩未を見るかぎり、前向き、パワフル、行動、という強い印象をうけました。

1964年生まれといううわさなので、年齢は46歳でしょうか。

40代の中ころよりずっとお若く見受けられますが、とにかく行動力のある方のようです。

30代にがむしゃらに働いて自分のお仕事を確立されていったわけですから、行動力さえあれば、すぐに好きな仕事に成功するというわけではないのですが、山本浩未さんを見ていると、そんな苦労や努力をあまり感じないのが不思議です。

今も少女のような雰囲気と夢みるような瞳、その中にかくされたパワーを、感じることができました。

最後の一言も、とても印象深いです。

「きれいに終りはありません。10代は10代の、20代は20代の、40代は40代の、70代は70代の、80代は80代の、どの年代にもキレイが存在します。ぜひ自分なりのキレイを育ててください」とのことでした。

キレイは意識して育てることができる、それも誰にでもいつからでもできる、という力強いメッセージでした。

40代になると代謝や体力がこれまでよりずっと落ちるのは、自然の摂理でしかたのないこと。

そのままほおっておいては、落ちぶれていくのはあたりまえ。じゃあ体力を維持していくには自分なら何をやるか、そういった体のメンテナンスもしてこそ、40代以降の女性といえるのでしょうね。

体力がつくときっと、気力もついてきて、元気になったり前向きに考えることができるようになるみたいです。

山本さんの場合は、とにかく歩く、無心になって歩くのがあっているそうです。

2時間の歩き、ってかなり長いと思いますが、気持ちがすっきりしてストレス解消になるし、体力もついて、足腰が丈夫になるわけですから、体力作りは非常に大きな力があるのですね。

キレイでいたい気持ちを捨てずに、あきらめずに、これからもいたいなと思いました。

どうもありがとうございました。

きれいの魔法2010年10月26日放送 「美の秘密!本音トーク」

山本浩未さんのご著書はたくさんあります。

created by Rinker
¥1,790 (2022/10/07 04:07:19時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました