メーク上達驚きのプロ技/メークは環境を変えると上手になる/きれいの魔法

メーク上達驚きのプロ技

きれいの魔法2011年4月28日に放送されました。 「メーク上達驚きのプロ技」

教えていただくのはヘア&メークアップアーティストの山本浩未さんです。

「メークは環境を変えると上手になる」、とおっしゃいます。

「メークをすることで、人も自分もだますことができます」とも。

メークすることで、自分の今の意識を変えることができるので、沈んだ気持ちを明るくしたり、気分を変えたりできます。

メーク上達驚きのプロ技

メーク環境を、改善することで、今までよりもずっとメークが、うまくできるようになるはずです。

洗面所や化粧台の前にこだわらず、できるだけ明るい環境で行うことが大切とのこと。

メークに最適な環境は、顔に影ができないような場所。

正面から自然の光が当たるところが、最も適しています。

自然光だと自然なメイクに仕上がり

自然光だと自然なメイクに仕上がります。

洗面台などで、人口の光のところは、みえ方が違ってきますから、注意してください。

顔の見にくい場所は手鏡を利用して、二つの鏡で見るようにします。

メーク道具の整理

次にメーク道具の整理をします。

分け方は毎日使うものと、時々使うもの、あまり使わないものの、3種類に分類します。

そして毎日使うものを、手に1番近い場所におきます。

毎日使うものを実際に分けてみると、意外に少ないこと分かりました。

自分でもやってみたのですが、10センチ四方ほどの小さな箱に、収まってしまいました。

ここで山本浩未さんの、スキンケア用の道具をまとめたバッグを披露してくださいました。

毎日のフルメークができるように、道具をポーチにひとまとめにしていて、ボディケアやスキンケアが、どこでもできるように、それらをバッグにひとまとめにしていました。

このように自分の必要なものをまとめておくと、家の中でいい場所を探してメークができます。

メークの旅人

これを山本浩未さんは、「メークの旅人」と言っているそうです。

さすがだなぁと思いました。

さて、自分でメークするときの、プロの技の伝授です。

眉を書くとき・・・

安定させるために、肘を机の上に置いたり、小指を頬に当てるとよい。

チークブラシ・・・

大きいブラシで一気に塗るときれいに仕上がる。

たっぷりつけてティッシュで余分をとってから、頬が1番高くなったところにつける。

マスカラ・・・・

一方の手で、瞼を上に上げてぬる。

したのまつ毛に塗るときも同じように、瞼をさげてからぬると、目元からしっかり塗れる。

リップ・・・

リップライナーは30代からは使ってほしい。

小指を支点にして、山谷と口角を。

口角は「イー」と発音して書くとよい。

今回このメーク指導を受けたのは、浪川さん38歳です。

指導は聞くだけで、自分でメークをしていました。

指導を受けた後は「仕事をしたくなるような感じがする」と話してみえました。

いつものメークの仕方をちょっと変えるだけで、元気になれます。

いつもの道具なのに使い方を変えるだけで、効果ががアップしました。

スポンジはいつも清潔に保つように。

そのために毎日違う場所を使い、4日で交換します。

今回のプロの技の伝授は、まずは自然光のある環境に変えること。

そしていつもの道具で使い方をちょっと変える。

たったそれだけで、いつもの自分より素敵な顔になれる。

素敵は元気だったり明るくなったり、さわやかな顔だったりします。

いつもなんとなくしていたメークが、ちょっとのプロ技で、新しい自分を作っていくこと分かりました。

メークで自分をだますという、最初の話がありましたが、メークは自分の気持ちを引き立てるのに、とっても役に立つものだなと感じました。

メーク上達驚きのプロ技まとめ

最後に山本浩未さんからのメッセージ

「思い込みは損しちゃうときもある。 きれいの総点検をやってみましょう」

環境と道具大切ですね。 どうもありがとうございました。

きれいの魔法2011年4月28日に放送されました。 「メーク上達驚きのプロ技」

created by Rinker
¥1,790 (2022/10/07 04:08:56時点 Amazon調べ-詳細)

タイトルとURLをコピーしました