昼寝術!わずか○分で体重減・寝つき改善・美肌も・あさイチ

お昼寝で美肌・能力アップ

NHKあさイチで放送された「昼寝術!わずか○分で体重減・寝つき改善・美肌も」

今日はお昼寝がいかに優れているかを教えてたきました。

なんと毎日、15分のお昼寝でいいそうなんです。

教えてくださったのは、国立精神神経医療研究センターの白川修一郎先生です。

お昼寝博士、この道20年の詳しい先生です。

お昼寝すれば夜も熟睡

番組では天防さんという主婦の方が、お昼寝を一時間してしまい、その後も1時間ぐらい頭がぼーっとしてしまう、でも夜もなかなか寝付けないという方の睡眠改善について取り上げていました。

白川修一郎先生でものご指導でお昼寝を15分入れることで、数日で全く正常の睡眠を取り戻すことができました。

白川修一郎先生によると、 「15分以上寝てしまうと睡眠が深くなってしまいおきられなくなってしまうので15分としてください。

「寝る前にコーヒーか濃い目のお茶を飲むと20~30分後にカフェインの効果が出てくるのでおすすめです。」

「ねる部屋は暗くし、60度以上上半身を傾けないように。足はのばすように。」

ひざを曲げていると覚醒刺激が脳に行ってしまうそうです。

「眠くないときはムリして寝なくていい。」

「目をつぶっているだけでも脳は休むことがでます。」

「日中の覚醒度を高くしておくと(体を動かすということです)夜の睡眠もよくとれるようになります。」

お昼寝のポイント

お昼寝で美肌・能力アップ

お昼寝するにはこのポイントをはずさないようにしてください。

・15分程度にすること。

・状態を傾けすぎず、足を伸ばすこと。

・午後1時から3時の間にとること。

15分の睡眠をとった後は体も頭もはっきりした状態で、より元気が出てくるようになります。

後の眠気を避けるためのものともおっしゃっていました。

午後に会議がある場合などは、、15分睡眠をとると活発に議論が進むようです。

日本ではお昼寝をするということに罪悪感がある人も多いので、なかなか広がらないようですが、ヨーロッパや、台湾などの紹介もありましたが、短時間のお昼寝はむしろ当たり前だそうです。

15分昼寝でやせ体質・美肌効果

さて、15分のお昼寝は、やせ体質になり美肌になれ、さらに若さを保てるといういいことづくめのお話がありました。

友野なおさん、2004年にミス日本に輝かれたキレイな方。

この方、白川修一郎先生が会長をしている、「日本睡眠改善協議会」のインストラクターをされています。

友野なおさんによると、睡眠不足だと食欲を増進させるホルモンがアップし、太りやすい体質になってしまいます

お昼寝で美肌・能力アップ

また成長ホルモンはりは美肌を保つのに必要なホルモンですが、眠り初めの3時間に集中して出るそうで、良質な夜の睡眠が大切になってくるとのこと。

そのために毎日のお昼寝がいいのだそうです。

友野なおさんは、15分のお昼寝をするようになって、7キロ増えた体重が戻り、肌荒れもなくなったそうです。

頭を固定するために壁にもたれるとかネックホルダーをすると、いいそうです。

椅子に座ったままでも大丈夫なので、部屋を暗くして、音も遮断するといいようです。

睡眠不足では、太りやすく、または睡眠が9~10時間と長すぎても、太りやすくなるというお話がありました。

そこで理想の睡眠時間ですが、7時間半ぐらいがよいそうです。

白川修一郎先生は、主婦の人は、寝不足の人が多いそうなので、昼寝の15分をすすめてみえました。

お昼寝実行の高校で成績アップ

次に、お昼寝を実行している、福岡県久留米市の高校の実践例がありました。

6年間実施されていますが、午後の授業に皆集中できるようになったそうです。

入試センターの成績は、昼寝導入後ずいぶんとアップし、難関大学の入学者も増えました。

生徒会長の人は、家に帰ってからも、自主学習がスムーズにできるようになったと話していました。

部活動のケガも減少し、イライラする生徒たちも減ったということで、、お昼の効果は実証されています。

午後の授業はとても眠いもですから、もっと多くの学校に取り入れられていくのといいのにと感じました。

主婦も実証計算力アップ

お昼寝で美肌・能力アップ

さてこの後、主婦の4人の方がお15分の昼寝をしたかしないかで、集中力がどれだけアップするかという実験をしていました。

15分のお昼寝をした二人は、計算量がぐんとアップしていました!

これは、お昼寝の後に、もともとあった能力に戻ったためだそうです。

お昼寝をするとその後、行動量も運動量もアップすることが分かっているそうです。

お昼寝後の効果は3~4時間続くそうで、1日に複数回とってもいいそうです

ただし就寝前の5時間ぐらいは避けるようにということです。

短い仮眠で能力がアップし、アウトプット能力をあげる効果があるとおっしゃっていました。

ですから会社で利益を上げるためには、、短い仮眠がいいと認識してほしいとのことでした。

日本でお昼寝(仮眠)を取り入れている学校や会社はごくまれです。

お話を聞いてるといいことづくめではないでしょうか。

充実した夜の睡眠をとって美肌ややせ体質になり、集中力やアウトプット力もアップするというのですから。

会社で実際に仮眠を導入している小さな会社の話を以前他の番組でみましたが、会社の利益が3割もアップしているという嬉しい話を、社長さんがしてみえたのが印象的でした。

日本でも、この認識が広がって、お昼寝があたりまえになってほしいと思いました。

ついうとうとしてしまう人を見かけても、その後能率がアップするんだと思えば、やさしく見守れますね。

でも、15分くらいにして、長くならないようにだけ、気をつけてあげましょう。

有益なお話をどうもありがとうございました。

お昼寝はすばらしい!お昼寝はいいもの!ですね。

NHKあさイチ2011年6月15日放送されました。 「昼寝術!わずか○分で体重減・寝つき改善・美肌も」

こういう枕で、友野なおさんはお昼寝されてました。

軽くて小さな安眠マスクが使いやすいです。

created by Rinker
中山式
¥1,161 (2022/10/07 06:30:33時点 Amazon調べ-詳細)

NHKあさイチ2011年6月15日放送されました。 「昼寝術!わずか○分で体重減・寝つき改善・美肌も」

タイトルとURLをコピーしました