スポンサーリンク

セルライトとは

セルライトとは、見た目がでこぼことした皮膚で、主におなかやお尻や太ももにできる、脂肪のかたまりです。
「Cellule(細胞)+ ite(鉱物)」の合成語としてフランスで生まれたと言われています。

 

医学用語ではなく、美容業界や健康食品業界で主に使われている言葉です。

 

日本ではテレビの健康番組などでよく使われるようになって、2000年以降頻繁にセルライトという言葉がきかれます。

 

皮下脂肪と同義語のようでもありますが、セルライトは一般的に「脂肪組織に老廃物や水分が溜まったもの」とされています。

 

あるいは「脂肪細胞同士が付着してできる脂肪の固まり」、「リンパ液の固まったもの」という説もあり、まだはっきりとしたことがわかっていないようです。

 

セルライトの状態も、ほとんどない状態から、でこぼこと表面が波うって見た目も醜いものまで、段階があり、エステサロンなどの美容界では、見ためで判断して、症状によっての処置が別途ほどこされるようです。

 

皮下脂肪は、皮膚の下にある皮下組織につく脂肪のことで、エネルギーを備蓄するためのものでもあり、外部からの衝撃を受け止める役目もあり、人体にとってなくてはならない存在です。

 

皮下脂肪は女性につきやすい性質のもので、男性にはつきにくいものです。

 

この皮下脂肪がつきすぎて、醜くなった状態がセルライトといわれますが、いったんついたデコボコのセルライトは、容易に取り除くことができません。

 

放置しても悪さはしませんし、病気とはいえませんが、脂肪をさらにためやすくなるという悪循環を招くとされています。

 

セルライトは皮下組織、肌の内部の変化で起こり、代謝の低下でおこることがわかっています。そのため代謝の悪い体=セルライトのできやすい体ということになります。

 

ですからエステサロンなどでは、痩せて綺麗なお尻や脚にするために、まずセルライトの有無を調べ、処置が施されます。

 

皮下脂肪は女性につきやすくセルライト化しやすい

デコボコのセルライトは、容易に取り除くことができません
代謝の悪い体=セルライトのできやすい体

 

 

スリムレッグラボの脚やせ法を体験した人の話はこちら

 

 

スリムレッグラボ

公式ページはこちら

スポンサーリンク




  はてなブックマークに登録する

●エステ顔負けの全身「美」痩せ術

  1. リンパを使ったダイエットを使うので、老廃物がしっかり流れる。
  2. 余分な水分・脂質・老廃物などが、排泄され易い体質になる。
  3. 代謝がアップ。
  4. 無理をしなくても身体がやせていく。
●大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」体験談