スポンサーリンク

脂肪細胞の仕組み

セルライトの元である脂肪細胞は、体内の脂肪の分解や合成を行う組織で、思春期を過ぎたら増えないといわれていたのですが、研究がすすみ、その後も肥大したり、数が増えたりすることがわかってきました。

 

ですからダイエットをして体重が落ち、スリムな体型になったとしても、脂肪細胞は減ってはいないので、油断をするとまた元の体型に戻る可能性は充分ありますし、セルライトができる危険性は、いつもあるわけです。

 

皮下にある脂肪組織が、代謝の悪いからだの状態によって、老廃物を脂肪細胞にかかえこんで大きく変化してしまうのが、セルライトとされているので、セルライトそのものを小さく、普通の脂肪細胞に戻してやることができれば、見た目そのものが変化していきます。

 

まずはセルライトができてしまった脂肪細胞を正常に戻すこと、その上で、脚を細くするための方法を、加えていくのがいいと思われます。

 

脂肪細胞は、知らない間に増えていく細胞です。

 

特に動きのにぶい場所で、増殖しやすく、肥大化しやすいということですから、気をつけたいものです。

 

ダイエット後の油断でセルライトができることも

セルライトは動きのにぶい場所で増殖し肥大化
セルライトができてしまった脂肪細胞を正常に戻すことが先決

 

 

 

スリムレッグラボの脚やせ法を体験した人の話はこちら

 

 

スリムレッグラボ

公式ページはこちら

スポンサーリンク




  はてなブックマークに登録する

●エステ顔負けの全身「美」痩せ術

  1. リンパを使ったダイエットを使うので、老廃物がしっかり流れる。
  2. 余分な水分・脂質・老廃物などが、排泄され易い体質になる。
  3. 代謝がアップ。
  4. 無理をしなくても身体がやせていく。
●大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」体験談