スポンサーリンク

セルライトを予防する食生活

セルライトをつくらないようにするには、脂肪をためこまないようにしなくてはなりません。

 

そのためには、食事には気をつけたいものです。

 

摂取カロリーが多すぎるとよくないだろうという察しはつきますよね。

 

例えば高カロリーな食べ物、揚げ物や天ぷら、脂肪分の多い肉、ケーキなどの甘いお菓子などは、すぐに思いつきます。

 

ただ高カロリーな食べ物をとらないようにすることがいいのではなく、こまめに体を動かす習慣をつけるのも、消費カロリーを多くでき、手軽にできる健康対策です。

 

夏にとれる食材は体を冷やす食べ物が多いので、それを冬によく食べると体を冷やし血行を悪くする原因になりますので、冬は冬にとれる食材を食べ、体を温める習慣にするとよいです。

 

一年を通していえるのは、塩分の取りすぎに注意することです。

 

ポテトチップなどのスナック菓子、ハムなどの肉の加工品、レトルト食品、ファーストフードなどには、濃い味付けのものなどで塩分が多く含まれています。

 

塩分が多いと、のどの渇きをおぼえ水分を摂取したくなります。

 

余分な水分をとると排出されず細胞にたまって、むくみの原因になってきます。

 

むくみは体の代謝で排出された老廃物を運べない状態といってもよく、脂肪を引き寄せるきっかけになります。

 

ですから、季節にあった食材を使い、濃い味付けを避けるようにした食習慣にするのが望ましいです。

 

摂取カロリーに気をつけよう

塩分の取りすぎを招く食べ物を避けるように
季節にあった食材で薄味を

 

 

スリムレッグラボの脚やせ法を体験した人の話はこちら

 

 

スリムレッグラボ

公式ページはこちら

スポンサーリンク




  はてなブックマークに登録する

●エステ顔負けの全身「美」痩せ術

  1. リンパを使ったダイエットを使うので、老廃物がしっかり流れる。
  2. 余分な水分・脂質・老廃物などが、排泄され易い体質になる。
  3. 代謝がアップ。
  4. 無理をしなくても身体がやせていく。
●大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」体験談