スポンサーリンク

美肌・痩せに効果のあるお水を沢山飲む工夫

お水を沢山のんで、老廃物を体の外に出しやすくするのは、綺麗な肌や痩せに効果があるとはいっても、意識してお水を手元に置かないと、なかなか飲む機会をもてないかもしれません。

 

ではどうしたら、お水を飲む機会を増やせるかですが、会社や外で、友人とお茶しなければならにとき以外は、ペットボトルにお水をいれて持ち歩くと、効率よくお水を摂取できるようになります。

 

家にいることが多い人は、決まったコップに、いつも飲む分量を決めておいて、「このコップで○回以上飲む」と決めておいて、習慣づけるようにするとよいと思います。

 

ただ飲んだ量をわかりやすくするためには、あらかじめ一日の必要量をペットボトルに入れておいて、それを飲みきるようにするのがいいでしょう。

 

お水って意識して飲んだことがない、という人は、最初はかなり抵抗感があるのではないかと思います。

 

寒い季節ですと、トイレに行く回数も増えてしまうし、暑い季節ならいいのですが、寒い季節ですと冷たいお水を飲むと、体を冷やしてしまうことになりそうで、少々面倒になります。

 

ですからお水はできる限り体温に近い温度のものが、よいといわれています。

 

飲む習慣ができるまではちょっと辛いかもしれませんが、水分が多く体をめぐることで、便秘の解消に役立ちますし、肌のはりも徐々によくなってくるはずです。

 

私は水をたくさん飲むようになって、顔色がよくなってきたと家族にいわれています。

 

私は、コップで飲み干すのが辛かったので、500mlのペットボトルに水をいれて3本用意して、それを1日で飲み干すようにしました。

 

トイレにいったらすぐ飲むようにすると、忘れないと思います。

 

徐々に飲む水の量を増やしていき、目標の量をのめるようになるといいですね。

 

お風呂に入ると体の水分が出ていきますから、お風呂の前後には、必ず水を飲むようにするといいです。

 

たいていのダイエットの本に、おふろの前と後の水分摂取がすすめられています。

 

できれば浄水した水、活水器を通した水、ミネラルウォーターなど、体に良いといわれる水がやはりよいでしょう。

 

冷たい水は、口でふくんで舌をころがすようにすると、温度があがり、ゆっくり飲むようにすると胃腸への負担を減らせます。

 

ペットボトルを利用するなど飲む量を決めて飲む

忘れずにのむために回数や場面を決める
お水を飲むことで肌のつやも増す

 

 

スリムレッグラボの脚やせ法を体験した人の話はこちら

 

 

スリムレッグラボ

公式ページはこちら

スポンサーリンク




  はてなブックマークに登録する

●エステ顔負けの全身「美」痩せ術

  1. リンパを使ったダイエットを使うので、老廃物がしっかり流れる。
  2. 余分な水分・脂質・老廃物などが、排泄され易い体質になる。
  3. 代謝がアップ。
  4. 無理をしなくても身体がやせていく。
●大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」体験談