スポンサーリンク

交通事故の後遺症でまるでおばあちゃんになったのに同窓会で嫉妬されるほどキレイに若返った今年60歳の魔女

交通事故の後遺症でまるでおばあちゃんになったのに同窓会で嫉妬されるほどキレイに若返った今年60歳の魔女

魔女たちの22時 
交通事故の後遺症でまるでおばあちゃんになったのに同窓会で嫉妬されるほどキレイに若返った今年60歳の魔女

 

6月15日放送の魔女さん。中学時代にはマドンナとして男子から絶大な人気のあった魔女さんですが、3人の子育てと育児で、昔のかわいさを失いかけていたので同窓会には出なかったそうです。

 

その後に交通事故で腕が上がらなくなってしまうという出来事が。

 

腕が上がらないと起き上がることさえままならず、着替えもひとりではできない状態になってしまったそうです。

スポンサーリンク


 

そして家事もまともにできない毎日で、人生が狂いそうになった経験をされています。

 

それが「ピラティス」という運動に出会うことで人生が好転していったのだそうです。

 

ピラティスは体の奥にある筋肉を鍛える運動で、寝転んだままでもできる動作がたくさんあります。

 

興味があったので一冊本を買ってやってみたことがありますが、続きませんでした。

 

でもなんだか奥の方の筋肉にきいている感じはつかめました。

 

体の奥の方の筋肉はインナーマッスルと呼ばれています。

 

ここを鍛えると、しなやかなボディラインになって、姿勢がよくなるそうです。

 

そして姿勢がよくなることで、内臓の機能が高まって、体の内側から若返る!ことになるそうです。

 

 

ピラティスは激しい運動とは違って、奥のほうの筋肉を意識して呼吸をととので、いわばゆるい動作でできるんですよ。

 

寝た状態、すわった状態での動作でもインナーマッスルが鍛えられるわけですから、とにかくやれば効果がだれにでもでるようですが、魔女のような麻痺してしまった体にも効果を発揮するんですね。

 

魔女さんの腕が半年過ぎたころから上がるよになって、その後も続けていったそうです。

 

もともとはかわいらしかった魔女さんですが、その後普通のおばさんになりかけ、さらに腕が動けなくなってしまったというのに、だれが見てもとても今年60歳になるオバサンには見えません。

 

脚も体も顔もみんな、引き締まってキレイでした。

 

ピラティスの効果は全身に及ぶんですね。もともとピラティスは第一次大戦で負傷した兵士の方へのリハビリで培われたものだそうです。最近普及活動なんかもされているとききます。

 

男性はたくましい体に、女性は美しい体になるそうですから、またもう一度挑戦しなくてはと思い返しました。

 

「交通事故の後遺症でまるでおばあちゃんになったのに
同窓会で嫉妬されるほどキレイに若返った今年60歳の魔女」
(石川由美子さん 59歳)

 

ピラティスはヨガにも通じるところがありますがこんな可愛いマットがあるとやる気アップしそうです。

 

 


スポンサーリンク




  はてなブックマークに登録する

●エステ顔負けの全身「美」痩せ術

  1. リンパを使ったダイエットを使うので、老廃物がしっかり流れる。
  2. 余分な水分・脂質・老廃物などが、排泄され易い体質になる。
  3. 代謝がアップ。
  4. 無理をしなくても身体がやせていく。
●大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」体験談