スポンサーリンク

島で一番のおデブちゃんだったのに 家の近所でとれる奇妙な形のアレに助けられマイナス34キロのダイエットに成功した魔女

島で一番のおデブちゃんだったのに 家の近所でとれる奇妙な形のアレに助けられマイナス34キロのダイエットに成功した魔女

魔女たちの22時2010年8月17日放送
「島で一番のおデブちゃんだったのに 家の近所でとれる奇妙な形のアレに助けられマイナス34キロのダイエットに成功した魔女」

 

高3なのに、身長158㎝、体重85キロにまで太ってしまった魔女は、フライドチキンが大好きだった。

 

3つ下の弟も150㎝で72キロになってしまい、「おデブラザーズ」と呼ばれていたそうです。

 

せっかく漁師のお父さんの新鮮な魚がたくさん食べられるという環境にありながら!と思ってしまいますが、魔女の住んでいた島には、ファーストフード店が全くないのだそう。

 

それでそのこってり美味しい味にはまってしまい、毎日10本もフライドチキンを食べていたそうです。

スポンサーリンク


 

やはり油こってりのファーストフードは、だれもが認める美味しさと同時に、カロリーが高い!これはやっぱり太る原因なんですね。

 

ファーストフードなかでもフライドポテトやチキンは気をつけましょう。

 

魔女は美容に関心が薄かったそうですが、弟さんが先に目覚めました。

 

初恋の人の好みが、「ジャニーズ系で細い人」と知り、ダイエットを決意。弟さんが学校までの8キロを毎日ジョギングして、半年で18キロの減量に成功しました。

 

カッコよくなった弟さんは、「オレ姉ちゃんと歩きたくない」と仲のよい弟に言われ、魔女はショックを受け、いよいよ、やせることを決意。

 

ここで魔女のとった行動は、炭水化物を減らし、こんにゃくなどでカロリーオフ、とウォーキングを続けました。でも、おなかが減って減ってしかたない。

 

それを見てお父さんが、すすめたお魚が、魔女のダイエットを成功に導きました。

 

お父さん、やさしかったですよね。

 

子供たちに毎日フライドチキンを10本づつも買ってくるなんて。

 

子供の喜ぶ顔を見たかったのでしょうね。

 

長崎に船で寄ってかってきたそうです。

 

長崎県の五島列島のある島のことで、美容院も1件しかないところなので、のんびりとした町なのでしょうね。

 

美味しいものは美味しいので、一時期ファーストフードに手がのびるのも仕方ないと思います。

 

そのさかな、夏が旬で脂がこってりして、魚なのに濃厚な味がします。奇妙な形をしていることもあってか、たいていは切り身にして売られています。

 

魔女はその魚をあまりの空腹で普段は魚に手をださなかったのに、食べてみてあまりに美味しいのに気づき、その魚は食べるようにしたそうです。

 

これでこってり味が食べたくてしかたなかった味覚もおなかも、満足したようです。

 

食事制限とウォーキング、そしてその魔法の魚・・・・・・「タチウオ」による栄養補給で、魔女は見事きれいにダイエットに成功しました。

 

約1年がんばったそうです。

 

タチウオは中性脂肪を下げるDHAが多いこと、ビタミンD、Eも多量に含まれていることで、健康的にやせることができたようです。

 

1年で34キロダイエット、今は51キロになった魔女は、彼氏ができました。

 

今では島一番の美人です。おめでとうございます!

 

お父さんの思いやりってステキでした。そしてやはりきれいにやせるには、好きなものも取り入れていかないと続かないようです。

 

もちろん栄養も偏らないようにしないといけませんね。

 

魔女たちの22時2010年8月17日放送
「島で一番のおデブちゃんだったのに 家の近所でとれる奇妙な形のアレに助けられマイナス34キロのダイエットに成功した魔女」(川渕彩香さん 21歳)

 

タチウオ(太刀魚)は日本刀のような銀色に光る魚です。
身離れがいいので食べやすいです。塩焼きが手軽でカロリー控えめに。

 

 

魔女たちの22時2010年8月17日放送
「島で一番のおデブちゃんだったのに 家の近所でとれる奇妙な形のアレに助けられマイナス34キロのダイエットに成功した魔女」(川渕彩香さん 21歳)

 

 

 


スポンサーリンク




  はてなブックマークに登録する

●エステ顔負けの全身「美」痩せ術

  1. リンパを使ったダイエットを使うので、老廃物がしっかり流れる。
  2. 余分な水分・脂質・老廃物などが、排泄され易い体質になる。
  3. 代謝がアップ。
  4. 無理をしなくても身体がやせていく。
●大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」体験談