乾燥肌にはなぜ「かゆみ」がおこるのか

乾燥肌にはなぜ「かゆみ」がおこるのか

スポンサーリンク

乾燥肌にはなぜ「かゆみ」がおこるのか

乾燥肌になぜ痒みがおこるか

乾燥した季節、特に冬になると肌の乾燥を感じることが多くなります。

 

乾燥した肌は、アトピー性皮膚炎のように、カサカサがひどくなるとかゆくなってしまうこともあります。

 

肌のカサツキは冬だけとは限りません。

 

今まで乾燥肌とは無縁だった人が、カサつく肌になっていくこともあります。

 

原因は年齢があがる、ストレスが増える、食事内容が変わった、睡眠不足などいろいろあります。

 

乾燥した肌と痒みについて調べてきました。

スポンサーリンク


 

乾燥肌の状態はどんな状態?

 

健康な肌のときには痒みなど感じませんが、カサつく肌になると時に痒みを伴うことがあります。

 

どうしてかゆくなってしまうのでしょう。

 

それは乾燥した肌は、肌の表面の角質層の細胞に隙間ができてしまうからです

 

角質層は何層にもレンガが積み重なっているように細胞が重なっていますが、隙間ができると角質層の下にあった痒みを感じる神経が、その隙間に入り込んできます

 

痒みや痛みを感じる神経は、角質層の下の真皮にはありますが、一番表面の角質層にはありません。

乾燥肌になぜ痒みがおこるか

 

それが、角質層に隙間ができることで、神経がその隙間に入り込んでくるんです。

 

そうなると、風が吹いたり、髪がふれたりしたくらいでも、刺激を感じ、かゆみの神経が動き出してしまいます。

 

すごく簡略化したイラストですが(さらにヘタですが)、こんな風に神経が角質層に入り込んでしまうんですね。

 

 

かゆみを起こさないためには

 

乾燥した肌は、かゆみだけでなく、皮膚の細胞の入れ替わりも遅れます。

 

また外からのあらゆる刺激に対して、敏感になってしまいます。

 

そのため肌の乾燥が続くと、よけいにターンオーバーを遅らせ、弱い肌が続くことになります。

 

弱い肌は、紫外線を吸収しやすくなってシミの原因を作りやすくもします。

 

そのため肌の乾燥は、放置しておくと肌を早く老化させることになってしまいます。

 

 

カサカサとした肌の場合は、肌の乾燥を防いで、肌の表面の細胞を健康な状態に戻してあげなければなりません。

 

肌の細胞を健康にするには、まずは皮膚に必要な水分と油分を補うことです。

 

スキンケア化粧品でいうと、保湿成分がはいったものです。

 

しっとりと潤って、キメの細かい肌であるほど表皮が健康ですから、乾燥しなくなるまで保湿を毎日しっかりするのが大切です。

 

保湿によって肌が保護されると、刺激を受けにくくなり、肌細胞の隙間がなくなってくれば、かゆみを感じる神経も真皮の方へおいやられます。

 

 

乾燥肌にはなぜ「かゆみ」がおこるのか・まとめ

 

ほんのわずかの肌の乾燥でも、かゆみを感じることがありますので、まずはカサつく肌を健康な肌にもどすようにしてください。

 

健康な肌に戻すためには、まずは肌に適度な水分と油分の補給を。

 

そして継続して補給し続けることで、健康なターンオーバー(表皮細胞の健康な生まれ変わり)につながります。

 


スポンサーリンク






  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

●エステ顔負けの全身「美」痩せ術

  1. リンパを使ったダイエットを使うので、老廃物がしっかり流れる。
  2. 余分な水分・脂質・老廃物などが、排泄され易い体質になる。
  3. 代謝がアップ。
  4. 無理をしなくても身体がやせていく。
●大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」体験談

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 基礎化粧選び方 スキンケア基本 シミ・しわ・たるみ プラセンタ 脚を細くする方法 化粧品口コミ