脚のたるみリセット術

脚のたるみリセット術

スポンサーリンク

脚のたるみリセット術

脚のたるみリセット術

6月12日の3時間目の授業の保健体育。
年齢とともにどんどんたるんでしまう、体のあちこち。それをなんとかならないものか、解決方法を教えていただきました。

 

竹井 仁 先生、首都大学東京健康福祉学部准教授による解説でした。

 

全身にたるみが出始めるのは、脚の歪みが原因であるそうです。腹直筋に力をいれて歩くことでたるみが減っていくそうです。まずは腹直筋を鍛える必要があるそうですね。

スポンサーリンク


 

たるんでいる人の歩き方には特徴があって、普通に歩いたときと、モデル歩きしたときの姿勢や歩き方の違いを、みてみました。
普通に歩くすがたはなんとなくだらっと力が抜けている感じでしたが、モデル歩きしたときは、腕が大きくふれて背筋がピシッと上に向かうように伸びていました。

 

一番の違いは手のふりにあるようで、歩くたびに後方にふれた腕が体から数十センチ離れていました。腕が体から離れるためには、上腕三頭筋が使われていなくてはならないそうです。

 

上腕三頭筋は、上腕(ひじと肩をつなぐ腕の後ろ側)にある筋肉で、ここが使われることでうしろに腕が大きくふれるころになり、正しい姿勢で歩くときには、使われる筋肉だそうです。

 

脚のたるみをリセットするには、肛門に力をいれて、恥骨をぐっとあげ、腹筋に力をいれる。そして大またで歩くようにするといいそうです。

 

竹井 仁 先生のおっしゃる「肛門に力をいれて、恥骨をぐっとあげ、腹筋に力をいれ、大またで歩く」これをやってみるとわかると思いますが、自然に胸もはってお腹がひきしまったよい姿勢になります。顔も正面をみれるようになっていましたから、普段何も意識しなくて歩いているのとは、全く意識がかわってきます。

 

最初はこのよい歩き方は、とてもぎこちない感じがしますが、肛門に力をいれ恥骨を上向きにすることで、お尻自体が小さく引き締まってくるようです。だらっとした体がピシッとしてきます。特にお腹にも力をいれるので、なんだか下半身が安定してくるようです。

 

あなたも一度お試しください。歩くといういつもの動作が、全くちがったものになってくるはずです。そしていつもこの良い歩き方ができるようになれば、脚のたるみもなくなってきそうです。それくらい正しい歩き方というのは、脚にも効いているという実感が持てました。

 

歩くという動作に意識を向けることで、たるみが予防できるんですから、年齢があがってもスタイルのいい人は、きっとこのよい歩き方と身につけているのでしょうね。普通のだらっとした人と、たれないステキな人との間の違いは、実はささいなことなのかもしれないと思ってしまいました。

 

世界一受けたい授業6月12日の3時間目の保健体育、竹井 仁 先生

 

 

 

 

 


スポンサーリンク






  Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

●エステ顔負けの全身「美」痩せ術

  1. リンパを使ったダイエットを使うので、老廃物がしっかり流れる。
  2. 余分な水分・脂質・老廃物などが、排泄され易い体質になる。
  3. 代謝がアップ。
  4. 無理をしなくても身体がやせていく。
●大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」体験談

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 基礎化粧選び方 スキンケア基本 シミ・しわ・たるみ プラセンタ 脚を細くする方法 化粧品口コミ